【 データだけ取り出し。データ復旧が必要な場合もあり。 】

フォームからうまく送信できない方
お問い合わせはこちら
無料見積り

お直し隊TOP ≫ 修理料金 ≫ データ復旧

データ復旧できる対応機器一覧

 

 

HDDのデータ復旧

データにアクセスできない復元作業を行っております。「格安」で「低価格」でのデータ復旧が可能です。

容量が大きいことで費用が段階的に上がっていくことはありません。
他社でデータ復旧不可。もしくは金額が高額で不信感を持たれた場合にはセカンドオピニオンとしてご相談ください。


●「Operation system not found」などのエラー表示

→ 復旧できる可能性は高いです

起動に必要なシステムデータが不良セクターによって読めない状態です。
修復画面から変化しない。ファイルの破損などのエラーメッセージも同様。
データはそのまま残っていることが多いです。


●フォーマットした。

→ 復旧できる可能性は高いです

パーティション情報が無くなっているだけでデータは残っていることが多いです。


●電源を入れてもHDDが動かない。水没した。画面が何も付かない。

→ 復旧できる可能性は高いです

パソコンが故障して電源が入っていなければ本体を直せば元の環境となります。
電源が入るのにHDDから何も音がしない。BIOSやディスク管理から認識できない場合は物理障害のこともあります。


●落下させてしまいHDDから異音がする

→ 復旧できる可能性は50%です。

カチカチ、カチャカチャなどの異音がする場合は、データを読み書きするヘッドの損傷。
モーターの異常。記憶面の傷などが考えられます。
同じ異音が繰り返されるのは何度もヘッドが読み取りをリトライしている音です。


●HDDに傷があり他社でデータ復旧不可の診断

→ 復旧できる可能性は10~30%です。

ご近所の家電店や小規模修理業者の診断であれば復旧できることは高いです。
専門業者に3社以上、復旧不可となっている場合は、損傷度合いが大きく構造上 復旧できない状態となっていると思われます。


●初期化してしまった。暗号化されている

→ 復旧できません。

誤って初期化(リカバリ。再インストール)して、最後まで完了した場合はデータは上書きされてしまっています。技術的な問題ではなく、HDDの構造上、データの復旧はできません。暗号化されているHDDも不可能です。


 

HDDデータ復旧の費用の相場

「10万円以上の見積り」の場合はご注意ください。

普通のノート、デスクトップパソコンに内蔵のHDDやUSBの外付けHDDのデータ復旧で10~30万円という金額の見積がされることがあります。
RAIDが組まれているHDDや暗号化されたHDD。損傷が大きいなど、複雑な作業が必要なケースもありますがRAID構成でもない、普通のパソコン故障でデータが取れないケースで20万円以上となるのは、当社の実感では100件に数件程度です。

重度の故障の場合は、データ復旧の費用の工数として適正なこともありますが、普通の壊れ方であれば相場としては高めの金額設定です。

OSが故障しているだけで、HDD自体は故障していないことは多いです。弊社ではパソコンが起動しないでデータ復旧が必要なケースは50%程度です。

HDDをUSB接続してみればデータは残っているにも関わらずデータは破損していると診断して「データ復旧の作業が必要です。」ということは、一切やっておりません。
この場合の金額は12,000円~14,000円(元のHDD規格によって費用が変わります)

*キズが入るスクラッチの診断でデータの復旧NGの結果となっても、諦めきれず複数の会社を渡り歩く方がいらっしゃいます。1~2社が対応不可であれば、弊社でも対応できる可能性はありますが3社以上、スクラッチ等の傷の破損によりデータ復旧は不可能との回答となっている場合は、弊社に限らず、ほとんどの会社で対応できないことが多いです。

 

HDDの容量によって費用は高くなりません

他社のように容量によって料金は変動しません。費用は、故障の難易度によって決定します。


■HDDサイズやデータ容量によって料金が高くなる理由

手動で1つ1つデータを復活させたり、1バイト単位でデータを修復するようなケース(必要性)は法人で使用されているサーバ機、ストレージ機のHDDなどがほとんどです。
このようなケースではデータの容量によって料金が高くなる傾向にあります。

弊社で依頼されるのは普通のパソコンとして使用されていたもので、音楽、エクセル、写真画像などのファイル救出を目的とされる方がほとんどです。

このようなケースの場合、感覚値ですが復旧作業の90%以上はデータが取れる状態までHDDの状態を回復させた後は専用ソフトにて自動でデータを取り出します。

一般的なデータ復旧の作業では、データの容量によって増えるのは全体の「作業時間」(専用ソフトでデータを救出する時間)となります。

取り出すデータの容量によって全体の「作業工数」(実際に人の手で作業する時間)が増えるケースは少ないです。

故障の状態によってはデータ容量が大きいほど「作業時間」が増えるため料金が高くなるケースは存在しますが、他社でそのような説明をされた場合は、どの程度の破損なのかは確認してください。

弊社では容量によって料金が定めておりません。故障の難易度(軽度から重度。2万円~10万円)となります。

 

メーカー修理との違い

メーカーでは本体の修理はできても
データを復旧する作業は行ってもらえません。

また、元のHDDは返却されないことがほとんどです。


弊社ではデータだけの復旧。もしくは、データの復旧&パソコンの修理を同時にご依頼いただくことも可能です。

●データ復旧のパターン


1. メーカーに依頼する前にデータ復旧だけを弊社に依頼。
 その後、メーカーにパソコンを修理依頼する。

2. 修理はしないで、データだけを復旧

3. パソコンの修理と同時にデータ復旧

 

データ復旧の依頼先選択のポイント

●営業電話が過剰
作業の開始を急かす。急がないとデータが消える。という会社は避けましょう。作業のためにHDDへ多くアクセスすることでデータの読み取りは悪くなることがありますが、何の作業もしていないのに「時間経過」でデータが取れなくなったり、消えることはありません。

●検討していたら見積もりが安くなった
連絡のたびに値段が安くなっていくようなケースが存在するようです。

●法人と個人用の問い合わせ窓口が別々になっている。
データ復旧させるスピードや対象機器によって金額は変動することはあります。同じ故障でも法人用で申し込んだほうが金額が高い見積になることが多いです。

●ネット広告が多い
「データ復旧」「データ復元」などのキーワードは1クリック500円~1,000円です。
余分な広告費がかかっています。

 

データだけを取り出したい

OS(Windows)が起動しなくても、HDDが壊れていなければUSB接続することでデータを読み出すことが可能です。
*物理的、論理的な故障がなく、HDDが正常な場合に限ります。

USBの外付け2.5インチケース。もしくはUSBメモリに収納してご返却いたします。

SSDや1.8インチのなどの特殊なデータ記憶形式のHDDにも対応しています。データを通常のHDD、USBメモリにコピーしてご返却。元のパソコンはお引き取り。もしくは買取・処分のどちらかを選択ください。

10/8/7/Vista/XP/2000/98、Mac OSなど、OSの種類やノート、デスクトップ、一体型問わず対応可能です。マックのデータをWindowsで読み出すことも可能です。

 

2.5HDDケースでのご返却時

取り出したHDDは専用のケースに入れてお送りします。

HDDケース1

接続する為のUSBケーブルも付属しておりますが、通常のUSBケーブルではなく片方が二股に分かれているY字USBケーブルになります。

HDDケース2

通常は二股に分かれているうちの一本を接続して頂ければ問題ありません。メインで接続するUSBコネクタは通信とHDDケースへ給電する電源の役割を果たしています。

まれに電力が不足し認識されなかったり動作が不安定になってしまう事がありますが、その際にはもう一本の電源専用の補助USBコネクタを接続する事で、上記のような症状を改善する事が出来ます。

認識しない、動作が不安定といった場合には補助電源を接続してお試し下さい。

*ご返却後は速やかに別のパソコンにデータを保存してください。USB外付けHDDとして使い続けるのはおすすめしません。

HDDケース3

お問い合わせ時に「HDDの取り出しのみ希望」とご入力ください。

壊れたパソコンも修理。ご返却。買取・処分のいずれかを選択ください。

 

HDDデータ復旧の費用

データが読み取れる場合は、2.5HDD(ノート)は12,000円
3.5HDD(デスクトップ。その他特殊HDD)は14,000円です。

日数は1日~2日と、短期間でのご返却が可能です。

*元のHDDが劣化している場合は、破損しまうこともあるため、別のHDDにコピーしてから返却致します。
そのため修理期間(コピーの時間)は容量と劣化の状況によって変動します。

ご注意

データ復旧が必要なケースでは損傷の内容によって料金は変動します。

費用の範囲は2万円(軽度の論理故障)~10万円程度(物理故障)です。

詳細のお見積もりをさせて頂く場合、初期調査として5,000円です。

修理期間は1~4週間程度です。

*データ復旧は必ず救出をお約束できるものではありません。
*復旧可能。不可能にかかわらず、ご連絡をさせて頂きます。料金にご了承をいただければ、作業の継続。中止される場合は、調査費用5,000円となります。(別途送料)
*復旧できた場合でもデータ単位となりますのでソフトウェア等の起動はできません。

 

データ復旧にかかる期間

実際に作業を実施してみないと修理の期間は判定ができません。
HDD内部からの異音が小さいから、故障が小さく、音が大きいから損傷も大きく時間が掛かるとは限りません。

不良セクタが多い場合は、データが読み取る範囲を調整してコピー処理いたします。

状態がよくない場合は、正常動作しているWindwosのファイルコピー速度と比較すると 100~100000倍以上の時間が掛かります。

読み取りができるようになっても、読み取りできるセクタ範囲の変更やヘッド速度の変更など手作業で調整しながらデータの復元コピー処理を繰り返す必要があるためお時間が掛かることがあります。最大で3ヶ月程度かかった事例もあります。あらかじめご理解下さい。

 

現在のHDDデータ復旧の状況

現在、対応中データ復旧一覧



最近、完了したデータ復旧案件一覧


 

対応HDDメーカー、インターフェース

■HDD

Seagate HGST(HITACHI) SAMSUNG  TOSHIBA FUJITSU WesternDigital  MAXTOR IBM

■対応インターフェース一覧

■対応メーカー一覧

ACER、ASUS、HP、Lenovo、東芝、HP、PANASONIC、APPLE、NEC、ONKYO、SONY、富士通、DELL、ヤマダ電機


 

HDDメーカーごとのHDD構造・ヘッド交換でのデータ復旧の特徴

HDDの構造の違によりメーカーごとに復旧できる確率は異なります。統廃合があり2015年にはSeagate、Western Digital、TOSHIBAの3社となっています。Windows7以降に発売されたモデルではHGSTやSAMSUNGのHDDが使われていることがあります。

●東芝
比較的単純な構造です。HDDとしてはスタンダードなタイプです。HDD復旧時のヘッド交換の難易度は比較的簡単です。

●Seagate
HDD復旧時の使用される部品は同一の型番で生産地でないと使用ができません。また、ヘッド交換の難易度は高いです。

●Western Digital
Seagateと同様に部品交換時、ヘッド基盤のIDが一致しないと使用出来きません。ヘッド交換の難易度は高いです。

●HGST(HITACHI)
特徴としてはHDD内部にゴムストッパーが2つあります。ヘッド交換の手順としては、ゴムを1つつけたまま、磁石を上下の2つまるごとヘッドごと外します。HDDの外装のネジまで取り付けないとヘッドが破損してしまうリスクがあります。手順が複雑となりますがHDD復旧時のヘッド交換の難易度は普通です。

●SAMSUNG
一部、SeaGateのヘッドが使用出来るモデルも存在します。ヘッド交換の難易度は高いです。

*参考記事:どこのHDDメーカー製が一番壊れにくいのか
 http://gigazine.net/news/20140122-hdd-survival-rate/(外部リンク)
 信頼性が高い順は、1位日立(HGST)。2位Western Digital。3位Seagateという結果です。
 東芝、SAMSUNGは比較対象から外れています。2014年の記事となります。

ヘッド交換の手順等のお問い合わせには対応しておりません。ご自身で同じ型番のHDDを用意してヘッド交換されてもデータが復旧できることはほとんどありません。ヘッド交換されても専用ツールが必要です。開封だけなら故障することはありませんがヘッド交換に失敗して傷を付けてしまうと、どんな会社でも復旧が不可能となる可能性があるためご注意ください。

■ツール一覧
  ・フォーマット等、論理的な故障に対応
    Ontrack EasyRecovery 11
    壊れたHDDをフリーソフトで復活!
  ・不良セクタの修復に対応
    HDDの不良セクタや異音・故障を完全無料で解消できるフリーのツール
  ・ヘッド交換時の治具
    HDD復旧ツール【HddSurgery】

■内蔵されているHDDメーカーの調べ方
  ・FAQページより
    内蔵されているHDDメーカーの調べ方は?

 

SSDのデータ復旧について

SSDはHDDに比べて復旧が難しいです。

左側の正方形のチップがコントローラーチップ。横に4個並んでいるのがメモリーチップとなります。

基盤やコントローラーが壊れた場合は復旧できる可能性は高いです。メモリーチップが物理的に壊れている場合は復旧できません。

HDDとは構造が異なり、基盤チップだけの構造のため衝撃によるデータ障害は少ないとはいえ、様々なトラブルでデータが消失してしまうことがあります。コントローラーの故障などであれば復旧できる可能性が高いです。


●「Operation system not found」などのエラー表示

→ 復旧できる可能性は高いです

起動に必要なシステムデータが不良セクターによって読めない可能性が高いです。
修復画面から変化しない。ファイルの破損などのエラーメッセージも同様です。
データは残っていることが多いです。


●フォーマットした。

→ 復旧できる可能性は高いです

パーティション情報が無くなっているだけでデータは残っていることが多いです。


●初期化してしまった。暗号化されている

→ 復旧できません。

誤って初期化してしまい、最後まで完了して初期セットアップ画面となっている場合はデータは上書きされているため技術的な問題ではなく構造上、復旧はできません。
暗号化されているHDDも不可能です。

 


 

最近のHDDデータ復旧の修理ブログ


トップへ戻る

 

外付けHDDのデータ復旧

落下による衝撃やコネクタ部やケースの基盤故障でアクセスできないことが多いです。


●フォーマットした。接続すると「フォーマットしますか?」表示

→ 復旧できる可能性は高いです

パーティション情報が無くなっているだけでデータは残っていることが多いです。


●エラーランプ点灯

→ 復旧できる可能性は高いです

エラーの内容によりますがRAID構造でなければ復旧できることが多いです。


●接続しても外付けHDDの電源が入らない

→ 復旧できる可能性は高いです

内蔵されているHDDの故障ではなく、電源ユニット、ケーブル、ケース内の基盤が故障していることもあります。
HDDから何も音がしない。ディスク管理から認識できている場合などはHDDの物理障害も考えられます。


●USBデバイスが認識されません表示

→ 復旧できる可能性は50%です。

物理故障、論理故障、どちらのケースも考えられます。


●落下させてしまいHDDから異音がする

→ 復旧できる可能性は50%です。

カチカチ、カチャカチャなどの異音がする場合は、データを読み書きするヘッドの損傷。
モーターの異常。記憶面の傷などが考えられます。
同じ異音が繰り返されるのは何度もヘッドが読み取りをリトライしている音です。


●データはあるのに容量がゼロの表示

→ 復旧できる可能性は50%です。

ファイルが破損している場合は、復旧は難しいです。


●HDDに傷があり他社でデータ復旧不可の診断

→ 復旧できる可能性は10~30%です。

地元の家電店や小規模修理業者の判断であれば復旧できる可能性は高いです。
専門業者に3社以上、復旧不可となっている場合は、損傷度合いが大きく構造上、復旧できない状態となっていると思われます。


●付属のソフトで暗号化されている

→ 復旧できません。

暗号化されているHDDは構造上、復旧はできません。


 

最近の外付けHDDデータ復旧の修理ブログ


トップへ戻る

 

iPhone、Androidスマホのデータ故障の症状

iPhoneが不慮の故障や水没、電源が入らなくなってしまった場合、症状ごとにデータ復元の確率は異なります。

故障原因の調査費用は、かかりませんのでご安心ください。復旧不可時は、着払い返却。もしくは引き取り処分から選択ください。


●落として画面が割れて何も見えない

→ 復旧できる可能性は高いです

本体部に問題が無ければ、画面を修理すれば元に戻ります。
衝撃の状態によっては本体部も故障していることもあります。


●突然、電源が入らなくなった。

→ 復旧できる可能性は高いです

落下や水没などもなく、特別な操作もしていなくても電源は入るが、画面は何も付かない。
表示された状態から画面が動かないといった症状です。


●水没させてしまった

→ 復旧できる可能性は50%です。

内部の洗浄で復旧できることも多いです。ただし分解や乾燥などの処置をしている。
1週間以上、経過しているような場合や、水以外のコーヒーや海水などが影響の場合 腐食が進んでいることがあるため復旧できないこともあります。
*水没してしまったら、電源を切ってください。水分を拭き取る以外、ドライヤーでの乾燥や分解は行わないでください。


●初期化してしまった

→ 復旧できません。

誤って初期化してしまい、最後まで完了して初期セットアップ画面となっている場合はデータは上書きされているため技術的な問題ではなく構造上、復旧はできません。

 

水没したiPhoneのデータ復旧を行う際の特徴及び注意事項

水没している場合、iPhone本体の修理はできないことが多いです。
分解、基盤の洗浄を行いますので、作業後、本体起動後の状態が変化することがあります。元の状態に戻せません。

 

iPhone以外のスマホデータ故障の症状

不慮の水没、水濡れで、電源が入らなくなってしまったスマートフォンの復旧をします。

全てのデータ復旧を基本としていますが、状態によっては、電話帳データ、メールデータ、写真データなど取り出し可能なデータを取り出します。スマホ・タブレットでもOSがAndroid、Windowsのものであればデータが復旧可能です。

こんな症状がでたらご相談ください。
・破損(落下しタッチパネル割れによる操作不能・タッチパネルが反応しない場合等)
・水没、水濡れ、自然故障などで電源が入らない。

 

復旧できるスマホ(アンドロイド)のデータ

・eメール
・画像、写真
・動画
・音楽データ
・音声メモ
・電話帳、アドレス帳
・Webアクセス履歴
・Word、Excelなど


復旧できるiPhoneのデータ

・写真
・動画
・連絡先
・音楽
・メモ
・メッセージ(メールではありません)

※ご依頼時にAppleIDやパスワードをお知らせ頂く必要があります。
 ・パスコード
 ・AppleID
 ・AppleIDのパスワード

■通常の作業で復旧できるiPhoneのデータ
・写真
・動画
※復旧には本体のパスコードが必要となります。連絡先、メール、音楽、アプリは復旧対象外になります。

※iPhone4S・iPad2以降の端末は、ハードウエアのセキュリティによりご自身で削除または初期化してしまった写真・動画のデータ復旧は出来ません。

 

復旧したデータをiphoneに戻す方法


●iTunesを使用する方法

1.iPhoneに転送したい画像をフォルダにまとめる

2.エクスプローラーの左上の「写真を追加」というボタンをクリック

3.画像選択画面になるので、iPhoneに転送したい写真をクリック→開くボタンをクリック


●iCloudのフォトストリームを使用する方法

1.iCloudフォトを開く(お気に入り又はコンピューターから)

2.まとめたフォルダをPCのピクチャに入れる

3.iTunesを起動する

4.PCにiphoneを接続する

5.設定欄の写真をクリック

6.写真を同期にチェックを入れる

7.全てのフォルダー・選択したフォルダーを選び同期ボタンを押す


iTunesの写真を開いた時「iCloudフォトがオンです」と表示が出た場合は、
iphoneの「設定」を開き以下の操作をして下さい。

1.設定を開き「写真とカメラ」をタップ

2.「iCloudフォトライブラリ」をオフにする。

3.一度ケーブルを抜いたら、もう一度差し込んでから再度手順を実行。


※同期前に同期した後の容量が表示されますので、容量オーバーにご注意ください。


 

最近のiPhoneデータ復旧の修理ブログ


トップへ戻る

 

USBメモリデータ復旧


●チップの先が折れてしまった。曲がっている

→ 復旧できる可能性は高いです

以前から認識がよくなかったが、接触によって使えていたが、完全に認識されなくなった。というご依頼が多いです。配線のし直しや、基盤の修理で修理が可能です。
回路基板上のパターン損傷、内部素子の破損およびリードエラーが原因の場合は、ドナー用として同じモデルのUSBから、元のUSBメモリの記憶チップを取り付けることができます。


●特定のファイルだけを削除してしまった。フォーマットした

→ 復旧できる可能性は高いです

誤ってフォーマットをしてしまった場合であればデータは残っていることがほとんです。
データが消えたのではなく見えなくなっているだけでデータは残っていることが多いです。


●一部のデータが消えた。何もしていないのにデータが完全に消えた

→ 復旧できる可能性は50%です。

正常に認識されているが、データが何も見えないケースです。フォーマットなどは行っていなくても構造情報ファイルの破損、上書きにより発生します。ファイル構造情報の修復や、修復処置にて復旧は可能です。


●「フォーマットしますか?」「USBデバイスが認識されません」表示

→ 復旧できる可能性は50%です。

USBメモリを挿すと「メディアを認識できません」
アクセスランプがついたままの状態でアクセスできない。
「フォーマットしますか?」「ディスクを挿入してください。」などの表示の場合はメモリーチップ自体の損傷、情報のデータ領域の損傷が考えられます。
論理障害・物理障害の区別が難しい症状です。
ファイル構造情報の破損、内部素子の破損およびリードエラーが原因の場合、構造情報の再構築、修復処置などにより復旧可能です。


●水没

→ 復旧できる可能性は50%です。

洗濯機やトイレに落として読めない場合は、基盤が錆びた原因がほとんです。
基盤の修理。もしくは記憶チップを取り出して、読み取りできるように復旧します。


●完全破損

→ 復旧できる可能性は10~50%です。

地元の家電店や小規模修理業者の判断であれば復旧できる可能性は高いです。
車で轢かれた。粉々になっている。などの状態でも記憶チップが破損していなければ復旧可能です。


●記憶チップが割れている。暗号化されている

→ 復旧できません。

構造上、復旧はできません。
暗号化されているメモリも不可能です。

 

データ復旧にかかる期間

実際に実施してみないと期間の判定できません。
修理期間は2日~1週間程度です。

ご注意

■データ復旧は必ず救出をお約束できるものではありません。
■チップ単体での復旧ができない場合は、ドナー用として同じモデルのUSBを購入するケースがあります。
部品代金は、破損したUSBのモデル・容量によって変動します。

他社でデータ復旧不可。もしくは高額な見積で途方に暮れた方など、弊社では対応できる可能性があります。一度、ご相談下さい。

記憶チップが残っていれば弊社で対応可能なことがあります。

 

対応USBメーカー、インターフェース

■対応メーカーUSB一覧

BUFFARO BUFFALO
RUF、RUF2、RUF3シリーズなど、全モデル対応


I-O DATA I-O DATA
TB-OCシリーズ、TB-3Xシリーズ、ED-SV3 シリーズなど、全モデル対応


ELECOM エレコム
MF-CSU3シリーズ、MF-LSU3シリーズ、MF-MSU3シリーズなど、全モデル対応


SONY SONY
POCKET BIT“ポケットビット”シリーズなど、全モデル対応


GREEN HOUSE グリーンハウス
GH-UFD3-・Tシリーズ、GH-UFD・Nシリーズ、GH-UFD・SNシリーズなど、全モデル対応


A-DATA ADATA
USB3.0シリーズ、USB2.0シリーズなど、全モデル対応


USBメモリー データ復元・修復ソフト一覧

・DiskDigger
http://freesoft-100.com/review/diskdigger.html

・SoftPerfect File Recovery
http://freesoft-100.com/review/softperfectfilerecovery.html

・Recover Files Portable
http://freesoft-100.com/review/recover-files-portable.php

■USBメモリー データ復元・修復ソフト配布サイト一覧

・Recuva - Portable
http://freesoft-100.com/review/recuva-portable.php

・Undelete 360 Portable
http://freesoft-100.com/review/undelete-360-portable.html

・Kickass Undelete
http://freesoft-100.com/review/kickassundelete.html


 

最近のUSBメモリデータ復旧の修理ブログ


トップへ戻る

 

SDカード・メモリスティック・CD・DVD・その他メディア

SDカード・メモリスティック・CD・DVD・その他メディアが アクセスできない。認識しない、
異音、エラーメッセージが表示される。
などのデータ修理・修復を行っています。

あらゆるトラブルに対し「早い復旧」「低価格」で復旧サービスを提供しています。

SDカードが物理的に破損したり、大量のデータを上書きしなければほとんどのケースで復元する事ができます。

CD、DVDからデータが読めない原因
1.CD、DVD自体の損傷
2.CD、DVD書き込み後の最終処理の問題
3.CD、DVDドライブの相性問題
4.CD、DVDの書き込み相性の問題
などがあります。

データ復旧のフリーソフトなどで、ご自身での復旧も可能です。
どうしても普及が出来ない場合、ご相談ください。

こんな症状がでたらご相談ください。
・データを削除してしまった。
・データがいきなり消えた。
・PC接続時、誤ってフォーマットしてしまった。
・ウィルスの感染でデータが全部なくなった。
・安全に取り外しを実行してないため、データが消えた。

他社でデータ復旧不可。もしくは高額な見積で途方に暮れた方など、弊社では対応できるケースがあります。一度、ご相談下さい。


 

最近のSDカード・メモリスティック・CD・DVD・その他メディアの修理ブログ


トップへ戻る

 

外付けHDD・NASのデータ復旧・LinkStation・TeraStation

ネットワークに接続して使えるHDD(ハードディスク)
『外付けHDD・NAS』や外付けUSBタイプのHDDが アクセスできない。認識しない、
NAS機器から異音、エラーメッセージが表示される。
などのデータ修理・修復を行っています。

あらゆるトラブルに対し「早い復旧」「低価格」で復旧サービスを提供しています。

外付けHDD・NAS


●外付けHDD・NASの電源が入らない

ハードディスクではなく、電源ユニット、ケーブルの故障の可能性も考えられます。
リードエラーの物理障害及び構造情報の損傷による論理障害が発生している可能性も考えられますが修復処置にて復旧対応が可能です。


●外付けHDD・NASから異音がする

ハードディスクのヘッド故障など、物理障害が発生していると考えられます。


●アクセスできない・認識しない

NAS本体の不良、ハードディスク自体の故障が考えられます。
ヘッド障害、リードエラー、システム障害、構造情報の破損による障害などか考えられます。


●エラーランプ点灯・エラーメッセージ表示

すぐに電源を落とし、お問合せ下さい。 エラーの内容により復旧作業が可能です。
ドライブ故障(ヘッド障害)、リードエラー、構造情報が破損などの可能性が考えられます。
知識がないままの復旧作業は状態を悪化させ、復旧が不可能な状態になるのでお控え下さい。


他社でデータ復旧不可。もしくは高額な見積で途方に暮れた方など、弊社では対応できる可能性があります。一度、ご相談下さい。

HDD内の傷(スクラッチ)がなければ弊社で対応可能なことがあります。

 

■対応メーカーNAS一覧

BUFFALO BUFFALO
TeraStation
TeraStation PROシリーズ、TeraStation TSシリーズ、
TeraStation WSSシリーズ、TeraStation WSシリーズ、
その他TeraStationシリーズなど、全モデル対応


I-O DATA I-O DATA
LAN接続型ハードディスク
LANDISKなど、
その他I-O DATA製品 など、全モデル対応


Logitec ロジテック
BOX型シリーズ、キューブ型シリーズ
全モデル対応


 

■データ復旧費用

【費用】 2万円~10万円

単純なファイル消去。上書きリカバリ。物理的破損、水没など
状態によって異なります。
まずは一度、お問い合せください。

日数は2日~1週間程度です。

ご注意

■データ復旧というのは簡単な作業ではないため、どうしても費用も掛かってしまいます。
■データ復旧は必ず救出をお約束できるものではありません。
■破損の状態によって作業時間が変わってくるため、現時点では、
おおよその修理費用となります。


 

最近のNASデータ復旧の修理ブログ


トップへ戻る

 

デスクトップ・サーバー

デスクトップ・サーバーにアクセスできない。認識しない、
異音、エラーメッセージが表示される。
などのデータ修理・修復を行っています。

あらゆるトラブルに対し「早い復旧」「低価格」で復旧サービスを提供しています。

こんな症状がでたらご相談ください。
★ デスクトップ・サーバーが起動しない
★ デスクトップ・サーバーにアクセスできない・認識しない
★ デスクトップ・サーバーの電源が入らない
★ デスクトップ・サーバーから異音がする
★ エラーメッセージが出る
★ ファイル・フォルダを誤って削除した
★ データが消えた・データ破損

他社でデータ復旧不可。もしくは高額な見積で途方に暮れた方など、弊社では対応できる可能性があります。一度、ご相談下さい。


 

最近のデスクトップ・サーバーの修理ブログ


トップへ戻る

 

デジカメのデータ復旧

ビデオカメラ・ボイスレコーダ・監視カメラ、ドライブレコーダが アクセスできない。エラーメッセージが表示されるなどの状態からデータ修理・修復を行っています。

容量によって料金が高くなることはありません。他社でデータ復旧不可。見積りの金額が高額だったり、不信感を持たれた場合にはセカンドオピニオンとして一度、ご相談ください。弊社では対応できる可能性があります。


●操作を間違えて、データを消した。

→ 復旧できる可能性は高いです

誤って消してしまった場合であればデータは残っていることがほとんです。
データが消えたのではなく見えなくなっているだけでデータは残っていることが多いです。


●電源は入るが何も表示されない。

→ 復旧できる可能性は50%です。

基盤の修理で修理が可能です。回路基板上のパターン損傷の場合はドナー用として同じモデルのカメラから部品を取り出して修理することもできます。


●サムネイル表示だけはされるが、デジタルビデオカメラ上で動画を見ることが出来ない。

→ 復旧できる可能性は50%です。

正常に認識されているが、データが何も見えない。一部が見えるケースです。
構造情報ファイルの破損、上書きにより発生します。ファイル構造情報の修復や、修復処置にて復旧は可能です。


●上書き録画してしまった

→ 復旧できる可能性は50%です。

上書きした容量によって異なります。


●水没

→ 復旧できる可能性は50%です。

洗濯機やトイレに落として読めない場合は、基盤が錆びた原因がほとんです。
基盤の修理。もしくは記憶チップを取り出して、読み取りできるように復旧します。


●完全破損

→ 復旧できる可能性は10~50%です。

地元の家電店や小規模修理業者の判断であれば復旧できる可能性は高いです。
車で轢かれた。粉々になっている。などの状態でも記憶チップが破損していなければ復旧可能です。


●上書き録画してしまった

→ 復旧できません。

構造上、復旧はできません。


 

最近のビデオカメラの修理ブログ


トップへ戻る

 

データ復旧の依頼の流れ

1 お問い合わせ
  無料見積りフォームに入力

2 来店・郵送
  直接、お店に来店。もしくは、郵送(梱包の方法と集荷の連絡先

3 データ復旧作業
  お見積り時の費用を超過する場合はご連絡いたします。
  中止される場合は費用はかかりません。
  復旧ができなかった場合は、初期調査費用のみです。

4 結果
  完了のご報告

 

機密保持契約書ダウンロード

データは厳重に管理しておりますが、
ご不安な場合は 「秘密保持契約書」を2部印刷し、押印の上、持参・同封ください。

 ●機密保持契約書ダウンロード はこちらから>>

見積もり

店頭でのお受取り

価格事例

パソコン修理ブログ

対応地域

どこに依頼すべきか

新宿本店

大阪店

横浜店

松戸店

仙台店

高崎店

店頭でのお受取り

ネットで来店予約

法人対応

法人向けお見積書

はじめての方へ

カード対応

会社概要

パソコン修理教室

お客様の声

修理のポリシー安価な理由

 

pegetop

無料見積り 来店持込