【 パソコン修理、データ復旧専門店のお直し隊 】

TOP ≫ 修理ブログ ≫ USBメモリ

USBメモリでデータ復旧で作業が失敗した一覧

 

USBメモリのデータ復旧ができなかった事例です。

 

USBメモリで復旧できない原因としては以下の内容が挙げられます。

 

・チップのダンプが破損

海外製の低品質なチップだと破損することが多いです。

 

・記憶チップが割れている

補修は不可能です。

 

・難易度の高いチップが使用されている

モノリスタイプやeMMCといった特殊タイプのチップ。小型のUSBメモリに使用されていることが多いです。

 

 

 

 

IODATA TB-NT4G/P

 

USBメモリの先端が折れてしまったとのこと。接続しても何も反応がありません。

 

先端部を確認したところ、ランドが剥がれていました。ジャンパー線で接続しようとしましたが、かなりランド付近に傷が入っており、ジャンパーが出来ない状態でした。

 

メモリICを取り出し、直接データを抜き出す作業に変更です。

チップ単体にてデータ解析行いましたが、電気的な衝撃があり、ダンプが破損している状態。データを抽出しましたがデータコードも破損が多く、解析が出来ませでした。

 

残念ですがデータ復旧はできませんでした。

 

 

ELECOM  プッシュロック 16GB

 

パソコンに挿すとフォーマット要求画面が出ます。

 

復旧ソフトにかけましたが、復旧中に認識しなくなってしまいました。

 

分解しメモリチップICを確認すると、メーカー名の記載がなく、数字のみです。このようなメモリは、低品質なサードパーティ製の可能性が高いです。

基板からメモリICチップを外し、直接データを抜き出す作業に変更です。

 

チップ単体にてデータ解析行いましたが、やはりメモリの品質があまり良くない為、多量の不良セクターが発生しており、データを取り出すことはできませんでした。

 

 

 

Silicon Power SP008GBUF2U05V1K

 

接続数とLEDがゆっくりと点滅します。メモリは認識されているがデータの確認が出来ない状態です。

 

コントローラーICは読み込めてはいるが、メモリチップICが読み込めていない可能性があります。

メモリチップICから直接データを抜き出す作業となります。

 

チップのデータ解析行いましたが、メモリICに重度の障害がありデータを読み取るまでには至りませんでした。

残念ですが復旧はできませんでした。

 

 

 

ELECOM MF-RMU332GPN

 

PCに差し込んでも認識されない症状。

 

カバーを外し、内部の基板を確認すると、メモリチップはモノリスタイプ。

 

モノリスタイプとは、コントローラーIC、フラッシュメモリーIC一つのチップにしたものです。小さいUSBメモリには多く採用されています。

 

チップを基板から外し、解析を実施。

 

正常なデータの取り出しは出来ませんでした。チップ自体に、データ損傷が発生していたと推測されます。

 

残念ですが、今回のデータ復旧は中止をせざる得ませんでした。

 

 

 

FLASH MEMORY

 

2

メモリが曲がってしまい、外カバーを外した状態で差し込んでみても認識しません。

チップのようなものが外れているように見受けられます。

 

基盤と挿し口が取り付け部から曲がり、チップも完全に外れている状態。チップを解析します。

3

 

USBチップの解析など、複数の方法で修復を行いましたがデータが読み取れるまでには至りませんでした。

チップ自体にも、損傷が発生していたと推測されます。復旧はできませんでした。

 

 

 

Intelligent Disk U822V

 

IMG_2583

認識はするがパーティションの中は見られず、リムーバルディスクのアイコンは薄く表示。接続時には「メディア無し」と表示されます。

 

モノリスタイプのUSB。コントローラと記憶のチップが一つになっています。

IMG_2584a

IMG_2585

 

通常は、記憶チップと基盤が別々な為、基盤故障で記憶チップに損傷が無ければ取り出して、データの読込みが可能です。

このタイプの規格は、チップ自体が故障してしまうと、データの取り出しが出来ない状況になっていました。

 

IMG_2585a

IMG_2586

 

チップから直接データを確認しましたが、やはりデータ確認までたどり着けませんでした。

残念ですが、今回のデータ復旧は中止をせざる得ませんでした。

 

 

 

Transcend  TS16GJF700

 

このUSBメモリを使って、データ消去ソフトウェアをインストールしたらデータが読めなくなったとのこと。

お客様自身でリカバリソフトウェアも使用してみましたが、データは読みとれなかったということです。

 

USBメモリの状態は、認識はしますが、未割り当て領域になっています。論理故障の可能性も考えられましたので復旧ソフトを試してもデータ無しの結果です。

 

この状態では、チップを取り出して直接復旧を実施しても同じ結果としかなりませんので、残念ですが、今回のUSBメモリのデータ復旧は実施できませんでした。

 

 

 

I-O DATA 128GB

 

鞄を落とした時にわずかに曲がってしまったようで、それから一度も認識しなくなりました、とのこと。

 

メモリの差し口がカタカタとなるほど歪んでいます。

ケースは半壊状態でツメを立てると半分に割れてしまう状態です。

 

分解すると、差し込みスロットは変形して、記憶チップが中央付近で折れてしまっている状況です。

データが保存してある記憶チップが物理的に壊れてしまうと補修はできません。

 

 

 

 

BUFFALO RUF3-K4GA-PK

 

赤いランプが点滅しつづけた状態になります。

 

メモリを分解し、端子の半田不良を確認しましたが、半田不良は無し。基盤を取り外し、別の基盤に載せ替えます。

 

本来ならば、これで読み込みが始まるはず・・・だったのですが、認識しません。細かな微調整も行ったのですが、認識せず。

 

原因が分からない状態です。データ復旧不可としてご返却となりました。

 

 

 

SanDisk Cruzer Micro SDCZ6-2048RB

 

認識されない状態です。

 

基盤上の断線が確認できたので、補修を行いましたが認識されません。

 

原因が特定できないため、古いUSBメモリのため海外からドナー用のUSBを手配。

チップを載せ替えても同様に認識されず原因も特定できず、復旧不可としてご返却となりました。

 

 

 

ELECOM MF-RSU204GSV

 

 

パソコンに足を引っ掛けてしまい、差し込んでいたUSBが折れてしまったとの事でした。認識はされますがエクスプローラ内に表示されません。

 

内部を確認すると外装は正常です。

 

基盤は真ん中から完全に折れており、記憶チップも完全に割れていました。記憶チップが割れてしまうと復旧不可能です。ご了承ください。

 

 

 

ELECOM 型番不明

 

IMG_1284

状態はアクセスランプは点滅する物の、全く認識は出来ません。

 

 

分解して状態確認をしました。

IMG_1282

差し込み口、基盤の状態、チップのつき具合を目視で確認。別段破損している状況は確認出来ませんでした。

 

大きなチップと、小さなチップの二つがあります。

IMG_1278

IMG_1279

 

 

基盤にも、これといった不具合がないため、チップを外し、専用の基盤に取り付けて直接データを読み込む作業を実施しました。

IMG_1625

 

データ抽出は出来ましたがデータを確認すると、ほぼ破損ファイル状態でした。

各ファイルの、Word、Excel、PDFのタイトルまでは確認できてもファイルを開くことができません。特に100KBを越えるデータは全て破損ファイルです。

 

原因は記憶部分のチップ自体の損傷による物と判断しました。

 

今回は、データの読み出しまでは出来ましたが、チップ損傷により、残念ながらデータ復旧は出来ませんでした。

 

 

 

THNU04ENSRED

 

メモリが認識しません。「USBデバイス認識されていません」「Unknown Devise」と表示されます。

 

 

 

今回のメモリは、一体型の特殊なモノリスtチップのUSBメモリ。

作業を行いましたがデータアクセスまでには至りませんでした。残念ですが、データ復旧は成功しませんでした。

 

 

 

SUPER SPEED

 

データ復旧_I-O DATA USB

差し込むと「フォーマットしますか?」の表示が出てしまいます。

 

端子に折れや、メモリなどに外傷は確認できません。

 

ディスクを指定できれば復旧作業できるのですが、USBが認識されないので作業が進まない状態です。

 

チップを解析しましたが、認識不可で中身が見えません。フラッシュメモリ自体が壊れていると思われます。今回のケースはデータ復旧できませんでした。

 

 

 

Verbatim 16GB

 

端子が破損しており、USBポートに接続不可能状態。

 

分解して確認した所、USB先端と基板との接合部に導通は無く、差し込み先端部の不具合があります。

先端部を交換して、データにたどり着くか確認が必要です。

 

USBの先端部を交換しても、状態は変わらず、チップを取り出して、直接状態を確認。

多量の不良セクターがあり、工場出荷の時に含まれた不良セクター(低品質フラッシュメモリ)と思われます。

不良セクタを取り除ける量では無く、作業は進められないと判断しました。残念ながら、データ復旧はできず失敗と致しました。

 

 

 

HIDISC USB 3.0 HDP2UF128G3BK

 

「NANAD FLASH MEMORY」 と表示され、データの確認は出来ません。おそらく 記憶チップかコントローラICの故障と思われます。

 

 

メモリを分解して、2枚の記憶チップを取り出し、直接データを取り出し作業を実施。

 

チップ自体の状態が悪いためかデータの抽出までには至りませんでした。

残念ですが、今回のUSBからのデータ復旧は断念致しました。

 

 

 

USM32GQX

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

認識されたりされなかったりと不安定な状態です。

 

認識できている最中にアクセスすると、関係の無いエラーが表示されて中身を確認する事が出来ません。

エラー内容は『リムーバブルディスク(D)にディスクを挿入して下さい』というもの。

ディスクの管理で確認しても『ディスク1:リムーバブル メディアなし』の表示になってしまいます。

 

USBメモリは、論理的な復旧を試しましたが、どれも読み取りができませんでした。

1

 

USBチップの取り外しての解析と同一型番USBにチップの載せ替えなど、複数の方法で修復を行っておりましたがデータが読み取れるまでには至りませんでした。

 

 

 

USM4GU

 

開こうとすると「ディスクを挿入してください」と表示されてしまいます。

 

認識したり、しなかったりする状態です。アクセスランプは点灯するため、通電はしている状態です。

 

挿し口が若干曲がっているようにも見えますが外観からは大きな破損は見られませんでした。

1

 

コネクタの半田が基板から、ランドごと取れてしまっている事を確認。ランドが取れているため渡り線を使いましたが認識しません。

よく確認すると基板割れが有りました。

1a

データが読み取れるまでに修復ができませんでした。

 

 

 

SANDISK SDCZ43 128G

 

接続しても認識もされず、通電ランプも点きません。

 

差し込み口以外はチップのみのタイプで、接続しようと差し込むと触れないぐらい異常に熱くなります。

 

破損などは見当たらず、原因が特定できませんでした。

複数の方法で修復を行ってもデータが読み取れるまでには至らなかったため復旧は不可とさせて頂きました。

 

 

 

TOSHIBA UHYBS-064GH

uhybs-064gh

USBメモリを破損させてしまい認識されなくなったとのこと。

 

分解して調査したところ、基盤チップに割れを発見。

 

データの保管場所であるチップが破損しているため復旧不可としてご返却となりました。

 

 

 

Transecond 4G

 

接続中、誤ってUSBを蹴ってしまい、認識しなくなった、とのこと。USBの端子の根本が剥離しているように見えます。

 

挿し口の一部がランダ部分から剥がれているため補修修理は不可。

 

チップを取り出します。

復旧ツールでチップのIDを読み込みますが、うまく進みません。何度か試してみても、「Unknown」になってしまいます。

 

今回は未修理として返却させていただきました。

 

 

 

Smart

 

認識はしますがRAW表示されます。

ビデオが2個ファイルのみ復旧ができましたが、ファイルが破損しているため開くことができません。

 

実際にはもっとデータはあるはずですが、これ以上のデータが取り出せません。

 

お客様より修理キャンセルの御連絡があり、今回は返却させていただきました。

SUPERTALENT USB3.0 Express ST1-2

急にUSBが認識しなくなり、端末に接続してもLEDランプも点灯しない、とのこと。

 

 

分解して確認しても、破損などは見当たりません。

 

チップは足がないタイプで作業が難しいものです。今回は未修理で返却することになりました。

 

 

 

BUFFALO RUF3-K16G

 

LEDランプは点滅するが、エクスプローラーでは認識されずエラー表示となります。

 

作業継続には費用も高額になることから、お客様の希望で修理はせずキャンセルとなりました。

 

 

 

ELECOM MF-RMU332GBK

 

データーが開かず、復旧希望の御依頼です。

 

データ復旧のツールいくつも試しても機器自体が認識されません。

 

USBチップの取り外して解析を行いましたが、データダンプの不良で解析ができない状態です。

 

複数の方法で修復を行っておりましたが、データが読み取れるまでには至らず、残念ながら未修理返却となりました。