【 パソコン修理、データ復旧専門店のお直し隊 】

TOP ≫ 修理ブログ ≫ PANASONIC,マザーボードのチップ修理

Panasonic レッツノートのマザーボード修理

 

Panasonic Let’s noteシリーズのマザーボード交換や補修事例です。

 

 

CF-S10CYQDR

 

画面の表示が真っ白になっています。液晶パネルを交換しても変わらず。

 

 

本体側に問題があると思われるためマザーボードを分解します。

 

マザーボードの交換をせず、チップ単位の修理で完了です。

 

 

 

CF-W4

 

通電するものの起動しません。

 

 

本体を分解し、チップを修理。

 

 

無事起動しました。

 

 

 

CF-W8FWBAAP

 

異音でFAN交換修理をしたパソコンが起動しないとのこと。メーカーロゴの後何も表示されません。

 

マザーボードの不良と判明し、交換。

起動が確認できました。作業完了です。

 

 

 

CF-S10CYADR

 

起動しません。データの復旧をご希望です。

OS起動せず。BIOSでHD認識してないので修復ディスクをセット。

 

終了の画面で設定を保存して再起動をクリックし動作しました。

 

入り切らなかったデータは外付HDとして返却へ。

 

 

 

CF-S8HWECPS

 

液晶画面が電源を入れてもうっすらとしか表示されないとのこと。外付けモニタ経由で、ログインやシャットダウンはできました。

液晶パネルを交換しましたが、症状は変わりません。マザー不良と判断し、補修を行いました。

さらに動作が遅いとのことでしたので、メモリ交換をご提案のうえ、作業完了です。