【 eMMCとは? 】

eMMCとは

マザーボードに直付けされているストレージデバイスのこと。チップの中にデータが入っています。

SSDやHDDのように取り外して交換できません

本体の基板とは別の部品

Embedded Multi Media Card(基盤に埋め込まれたメディアカード)の略称

目次

eMMCが使われている機器


・小型のノートパソコン・クロームブック
・スマホ・タブレット
・ビデオカメラなどに搭載されています。

eMMCの一番の特徴

eMMCは部品交換(取り付け・取り外し)できません
HDD・SDDは部品交換が可能


【関連URL】
 eMMCとSSDの違い

メリット・デメリット

メリット

消費電力が低い

部品が小さいため本体が小さくなる


デメリット

容量が小さすぎる

本体が故障したらデータ取り出しできない

eMMC動作の仕組み

eMMCの構造はデータを記憶する領域とファームウェア領域とコントローラーの領域があります。

 動作フロー
  コントローラー → ファームウェア → RAMにロード
 内部構造
  データ領域におけるファームウェアのサイズは約1~2GB


パソコンお直し隊について