【 SSD HDD置換 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 来店持込
パソコン修理見積フォーム

 

壊れる前にHDDからSSDに交換して速度の改善と故障予防

SSDへの交換

【 症状 】

・空きが少ないので、環境を変えずに容量を増やしたい。
・起動時に「SMART機能でエラーが検出されました・・・」の表示が出る
・ハードディスクの音がいつもと違う。異音がする
・動作が昔と比べて遅くなった


ハードディスクは消耗品です。異音等が出たら早めの交換が必要です。
特にハードディスクの診断メッセージ「SMARTエラー」が出たら早急な対応が 必要となります。

 

SMARTエラーとは?

「 SMART 」とはハードディスクの故障を検知する機能です。
SMART関連のメッセージが表示されたら何かしらの故障があります。

 ⇒  SMART機能の詳細(wikipedia)

 

SMARTエラーメッセージ一覧

・「 SMART error 」
・「 SMART機能でエラーが検出されました 」
・ American Megatrends」画面に
「 Pri master Hard Disk : S.M.A.R.T status BAD, Backup and Replace
Press F1(F2) to Resume 」
・「 SMART Hard Drive Detects Imminent Failure 」
・「 S.M.A.R.T Failure Predicted on Hard Disk
WARNING: Immediately back-up your data and replace your hard
disk drive.A failure may be imminent.」

*メッセージの内容はメーカー、パソコンの機種(BIOS、HDD)により若干異なります。

 

HDDの故障かな?と思ったときの診断方法

STEP1
購入時と比べて、起動に時間が掛かるようになった。異常に動作が遅い。
(ソフトウェアがたくさん入っていることが原因のこともあるため、ソフトの削除を試してください)

STEP2
カリカリとHDDから音がしている。
(劣化しつつあります)

STEP3
SMARTエラー
正常に起動はできるが、しばらくすると「SMART機能でエラーが検出されました」とメッセージがでる。

このような状態だとHDDが劣化している可能性が高いです。
(OSの再インストールをしても症状が消えることはまれです)

 

HDDからのシーク音について

特定のプログラムが動作する際に、異音がしていることがあります。

特定することは困難ですが、不要なソフトを削除することで、動作を軽くしてみるのも一つです。
また、上書きで再インストールでOSやソフトをきれいにする方法もあります。

電源を入れたときにカリカリっと音が鳴って、動作が遅い場合はOSをクリーンインストールしても問題は解決しません。

解消されない場合は、HDDの機械的な部品劣化による可能性が高いです。故障が広がらないうちに、データのバックアップを取得してください。

 

HDDは消耗品?


パソコンの中で唯一、機械的な動作をする部品のため故障率の高い部品と言えます。常に動作し続ける部品です。

HDDの寿命は使用頻度によって大きく変わってきますが 一般的に言われている期間を平均化すると3年~5年程度です。

あくまで目安なので、使用年数が経過したからといって必ず故障するとは限りません。

パソコンが同じ機種でも、HDDの製品ロットによる歩留まり。使用頻度や環境、製造時の精度などで寿命は大幅に前後します。

どちらにしても、駆動部分を動作させるほど、劣化していくことは避けられません。
「S.M.A.R.T」という機能によってある程度はHDDの寿命を予測することも可能です。

参考:SMART確認のためのチェックツール(フリーウェア)
 ・CrystalDiskInfo
 ・HDD Smart Analyzer

特に異音や調子が悪くなくとも、HDDが故障(クラッシュ)する可能性がありますが、 これを予測することは困難です。

HDD以外の部品が故障しても交換で修理できますが、ハードディスクの場合、データは元に戻りません。

万一の事を考え、故障する前に
・バックアップを必ず取る。
・もしくは、ハードディスクを交換する。
・壊れる前にパソコンを買い換える。

などの方法で、とにかくデータは残るようにしてください。

失うデータは元に戻らない事を考えれば、ちょっとした手間と費用だけで安全性が高まります。

 

SSDへの増量、換装とは?


起動ができている状態なら、HDDを交換して、データをそのまま移行ことで今までと同じ環境のまま、ご使用いただくことができます。


故障はしていないけど、「HDDの容量が足りなくなってきたし、ついでに速くしたい」
「モバイル用に使うので、消費電力も気になる。」
「動作が遅いから、買い換えようかと思っている。」といった理由からSSDに換装される方も多いです。


ご希望のHDD容量。新品、中古の指定。パーティション構成がありましたらご指定ください。 (以前と同じ環境が引き継げるためソフトの再インストール等は不要です)

*機種によっては、ご希望の容量どおりに交換できないものがあります。
(BIOSによる最大容量の制限など)

*特殊なHDDが使用されている場合は別料金となります。

 

SSDへの交換、増設修理

【 症状 】

・動作が遅いのでスピードアップさせたい
・環境を変えずに容量を増やしたい。
・ハードディスクの音がいつもと違う。異音がする
・動作が昔と比べて遅くなった

 

SSD交換のメリット


1.速度向上

新品のパソコンに買い換えるよりも断然、速くなります。<

2.静音

HDDの回転音が無くなります。

3.消費電力が低くなる

モバイル用のPCならバッテリーが長持ちします。

4.衝撃に強い

万が一、落としてもデータが壊れることはありません。

 

SSDとHDDの速度比較


同時にスタートボタンを押したときの起動速度の比較です。


 

SSDが速い理由


HDDは読み書き時に、円盤形のディスクが動きます。
SSDは電気的な信号でデータがやりとりを行います。

SSDは機械的な動作が不要となり、その分、動作が速くなります。

ssd

SSDはメモリ上にデータが書き込まれます。


hdd

HDDタイプだとアームと円盤の部分が上下&回転します。

 

SSDへの置換のメリット すべてのデータをバックアップ

HDDを置換した後はご返却致します。

元のHDDには、データやOSの以前の環境ごと、以前のものが入っていますのでそのまま保存いただくだけで 万が一にそなえてのバックアップにもなるのです。

(SSDが壊れたら、元のHDDに戻すことも可能)

データの消失は、自分だけは大丈夫だと思っていても、やってきます。

仮に大切なデータのバックアップを取っていなかったとしたら・・・

ハードディスクは消耗品といえますのでお使いの環境にもよりますが壊れてしまう前に、新品のSSDと換装することでデータ損失のリスクも小さくなるのです。

データのバックアップも「備えあれば憂いなし」です。

 

SSD置換の費用

■料金  
作業費用:10,000円~15,000円 + SSD部品代金


*他の故障と同時にSSD置換する場合の料金  
作業費用:5,000円~10,000円 + SSD部品代金  *同時作業割引適用のためSSDの換装だけの作業よりも作業費用が安価になります。


■部品代金とSSD容量

サイズ:120G 240G 480Gから選択頂けます。

Macbookや小型のモデルだった場合は、通常タイプのSSDが使用できません。どのタイプか分からなくでも問題ありません。

古いパソコンや自分のモデルが対応できるかわからない場合はご相談ください。

HDDからSSDに入れ替えることができるためインターネットやメールの設定も含めて以前の状態のまま利用できます。

 

Macbook Air・MacbookProでもSSD置換は可能

Appleのパソコンでも大きいサイズのSSDに交換することが可能です。

*MacbookのSSDはApple専用のタイプのため、モデルと年式によってSSD部品代金が異なります。

*オンボードタイプは取り外しができないため対応できません。
例:Macbook12インチ、MacbookPro Retina 2016年など

対応機種一覧はこちらの 型番・スペック・モデル名一覧からもご確認いただけます。

 

店頭での「受付」・「引き渡し」が可能

東京新宿店 大阪店 千葉松戸店
仙台店 群馬高崎店 福岡店
大分店 持ち込み委きる店舗が無い場合


パソコンをお持ち込み、お引き取りいただければ2,000円割引。しかも往復分の送料がかからないためお得です。


修理の様子をブログで公開中。


データ復旧できる対応機器一覧


無料見積り 来店予約で相談