【 液晶モニタ製造メーカー 】

目次


液晶パネルメーカーの出荷数ランキング

生産台数の順位

年度別シェアランキング

今後の予測

サイズ
2021年は、複数のアプリケーションに導入され、OLEDテクノロジーと直接対決するため、MiniLEDテクノロジーのブレイクアウトの年になると予想されます。

MiniLEDの業界定義はまだ確立されていませんが、
MiniLEDは、一般にサイズが50?300μmの範囲の多くの小さなLEDチップで構成されています。
MiniLEDは、バックライトの従来のLEDに取って代わり、エッジ照明構成ではなくローカル調光で使用されます。

価格
LCD TVパネルの価格は2020年にジェットコースターの年でした。この年は、SamsungとLGDがLCD容量をシャットダウンしてOLEDに移行すると発表した後、パネル価格が上昇したことから始まりました。
その後、新型コロナウイルスのパンデミックが発生し、世界的な景気後退を誰もが恐れたため、パニックに陥った値下げにつながりました。
価格は下落しますが、夏まで2020年の水準を上回り、パネル価格は2021年下半期に2020年第2四半期の史上最低値を大幅に上回る水準で安定する可能性があります。

Samsungは、2018年のIFAカンファレンスで75インチモデルを発表して以来、MicroLEDの開発と導入を約束しています。
韓国で発売されるSamsungの110インチMicroLED TVの初期価格は、1億7000万ウォン、つまり約153,000ドルです。
Samsungは88インチ、99インチ、110インチの3つのモデルを提供し、2021年末までに最低価格のモデルが100,000ドル未満で提供されると予想しています。

新技術
2020年はVRにとって興味深い年でした。
Facebookの最新の手頃な価格のヘッドセットであるOculusQuest 2は非常に好評を博し、すぐに最も人気のあるVRデバイスになりました。
OLEDディスプレイを備えた以前のデバイスとは異なり、Quest2には90HzLCDパネルが付属しており、より高い解像度(1832×1920 /目)を提供し、網戸効果を大幅に低減しました。
競争にとどまるには、OLEDディスプレイは1000 PPIを超えるピクセル密度を提供する必要がありますが、FMMで製造された現在のパネルは約600PPIしか提供していません。

MicroLEDはAR / VRの理想的な候補として提示されていますが、テクノロジーは完全には成熟していません。
2021年には、microLEDディスプレイを搭載したスマートグラスのデモンストレーションが行われます。

ソニーは、2021年後半に新しいAppleヘッドセット用のOLEDマイクロディスプレイの量産を開始すると報じられています。

用途
折り畳み式の電話パネルの84%は2020年にUTGを使用していましたが、
それらはすべて単一のブランドであるSamsungからのものでした。
スマートフォン市場からのHuaweiの撤退と他のいくつかの折りたたみ式モデルの供給制限により、
Samsungは2020年に折りたたみ式スマートフォンをほぼ独占していました。

2021年には、他のブランドがUTGパーティーに参加する予定です。
Samsungディスプレイは、2021年に他の顧客に折りたたみ式UTGパネルの提供を開始します。
現在、Oppo、Vivo、Xiaomi、Googleは、2021年にSamsung DisplayUTGパネルを備えた折りたたみ式モデルを少なくとも1つ提供する予定です。
さらに、Xiaomiは2021年に3種類すべての折りたたみ式デバイス(折りたたみ式、折りたたみ式、折りたたみ式)を提供する予定ですが、
最後の2つのモデルのみがSDCのパネルを使用します。

台数
テレビのサプライチェーンが中国からメキシコにシフトした一方で、ノートブックPC、タブレット、モニターのサプライチェーンは依然として中国によって支配されていました。
スマートフォンでは、いくつかの電話メーカー、特にサムスンが一部の生産をベトナムに移したため、中国からの輸入のシェアは減少しました。
インドは、米国に輸入されるスマートフォンの新たな供給源になりました。

MiniLEDの販売はすべてのアプリケーションで2025年までに4,800万台に達すると予想され、
2021年には、400万台のIT製品(モニター、ノートブック、タブレット)、4台以上を含む前年比17,800%(!)の大きな数字が始まります。
4百万台のテレビと20万台の自動車用ディスプレイ。

MicroLEDTVの2021年の販売台数は1000台未満になると予想しています。

メーカー一覧

フォックスコン・ホンハイ
台湾。2016年にシャープ(堺ディスプレイプロダクトを含む)買収。

Samsung
韓国。2019年に最大のTFT LCDメーカーでした。G7とG8.5の生産ラインがあります。

LG
韓国。2位の最大のTFT LCDメーカーでした。 LGには8.5と10.5の生産ラインがあります。

ジャパンディスプレイ
日本。2011年にソニー、日立、東芝が合弁。FTPのG6生産ラインがあります。

群創光電
台湾。Foxconn / HonHaiの娘会社。G7.5の生産ラインがあります。

友達光電
台湾。2001年に設立されました。G3.5からG8.5までの生産ラインがあります。

Hann Star Display
台湾。 IPSのG5の生産ラインがあります。

BOE
中国。現在、世界最大の液晶パネルメーカーです。G4、G5、G5.5、G6、G8および10.5の生産ラインがあります。

TIANMA
日本、中国。NECから70%の株式を取得。G4.5, G5. G5.5, G6の生産ラインがあります。

CSOT
中国。主にテレビや携帯電話の画面に焦点を当てています。 G6、G8.5、G11の生産ラインがあります。

既に買収・統合されたメーカー
堺ディスプレイプロダクト
日本。シャープの関連会社。2016にフォックスコン・ホンハイに買取されました。G10の生産ラインがあります。

シャープ
日本、中国。2016にフォックスコン・ホンハイに買取されました。G8、G8.5、G10、G10.5の生産ラインがあります。

【関連URL】
 TFT液晶TN VA IPSの違い解説
 モニタ解像度とサイズの種類と一覧表

パソコンお直し隊について