写真の画質を落とさずにファイルサイズを小さくする方法

動画解説 画質を落とさずにサイズを小さくする方法

写真の画質を落とさずにファイルサイズを減らすには?

最近はスマホやデジカメで手軽に画質の良い写真を撮れるようになり、日常で撮影する機会も多いのではないでしょうか。写真は大切な記録であり思い出でもあるので、 できるだけ画質がきれいなまま保存しておきたいですね。

しかし写真データは画質がきれいであるほどファイルサイズが大きくなる場合が多いです。ファイルが大きいと、保存先の容量がすぐにいっぱいになってしまい困ることもあります。そんなときの対処法を解説します。

目次

写真のファイルサイズが大きいときの問題点

ファイルサイズが大きいと、どんな問題があるのでしょうか?

メールで送信できない

1通のメールで送れるファイルサイズには上限があり、デジカメで撮影したサイズの大きな写真は、その上限を超える場合があります。
またSNSにアップする際にもファイルサイズの上限が決まっています。

ハードディスクの容量を圧迫

写真を保存しているハードディスクやSSD、スマホの保存容量も有限です。
ファイルサイズの大きな写真をたくさん保存するといっぱいになってしまい、新しいハードディスクを用意したり、容量を購入する必要が出てきます。

ダウンロードする際Wi-Fi環境でなければパケット代がそれだけ大きくなる

SNSなどにアップした場合、アップする時だけではなく、見たりダウンロードしたりする際にも通信量がかかります。スマホでWi-fi接続していない場合は通信料金に影響します。

WordやExcelなどに挿入するとファイルサイズが大きくなる

WordやExcelなどに写真を挿入しメールで送る、ということもあるかもしれません。
その時にファイルサイズの大きな写真がたくさん入っているとメールでは送れない容量になることがよくあります。

写真の縦横サイズが大きいか確認

写真の大きさやサイズは、データ容量の意味と、縦横の長さの2通りの意味があります。

縦横サイズ

写真自体の縦横の大きさのことです。「ピクセル」という単位で表わされます。
スマホやデジカメで撮影する際に設定できますが、 撮影した時のサイズよりも後で大きいサイズに変更する場合には、鮮明さは失われます。

かといって大きいサイズで撮影しているとファイルのサイズも大きくなるのでスマホの容量がすぐにいっぱいになります。
撮影時の鮮明さとファイルサイズはトレードオフの関係にあります。

リサイズ

写真の縦横の大きさ(ピクセル)を変更することをリサイズと呼びます。
画像を小さくリサイズをすればファイルサイズも小さくなりますが、鮮明さは失われます。

次の例は横幅1000ピクセルの元の画像を極端に10分の1の100ピクセルに変更した場合のイメージです。

ファイルサイズはとても小さくなりますが、画質の鮮明さが失われます。WordやWebサイトに鮮明に画像を掲載したいときにはファイルサイズのバランスを考えて調整しましょう。


元ファイル(ファイル容量:108KB)

半分にリサイズしたファイル(ファイル容量:51KB)

拡張子ごとのファイルの圧縮率

ビットマップ形式(BMP)

ビットマップ形式の時点での画質を全く落とさないでファイルサイズを減らす方法は残念ながらありません。ファイルの容量が最も大きいです。

JPEG形式(JPG)

品質をほんの少し落としただけでファイルサイズが半分になる場合もあります。画像のくっきりの度合いと、ほんの少しのノイズを犠牲にしてファイルサイズを小さくする方法です。
圧縮率を指定することができ、圧縮率を高くすると鮮明ではなくなっていきます。ある程度まではくっきり度合いやノイズは目立たないので、写真ではよくこのJPEG形式で保存されます。


JPEG圧縮なし(ファイル容量:129kB)

品質を15%まで落としたJPEG圧縮(ファイル容量:120kB)

PNG形式(PNG)

画像には1000万色以上の色が使えるのですが、実際の画像ではそのうちの一部しか使っていません。
その使っていない色を使わないようにして、できるだけ似た色を1つの色としたうえで数学的に圧縮した形式です。

色の数を少なくするので、写真よりもスクリーンショットやイラストに向いています。
注意したいのは、JPEG圧縮した後にもっと圧縮できると思ってPNG形式に変換しても、ファイスサイズは減らずに増えることもあります。


最大品質で保存されたPNG(ファイル容量:372KB)

約1/4に圧縮。最小品質で保存されたPNGを疑似的に再現したもの(ファイル容量:90KB)

ファイルサイズを減らした画像のbefore・after

保存する時の品質の違いによる差を実際に見てみましょう。

JPEG形式

以下はJPEG形式の圧縮の度合いの比較です。
画像が複雑であれば複雑であるほど品質の差は出来にくくなっていて花の部分はあまり目立ちません。空と葉の境界線で差が目立ちます。

PNG形式

PNG形式は画質の劣化があまり起きません。その分、ファイルサイズは小さくなりません。
以下はPNG品質の違いを極端に再現したものです。
最小品質では色の数が少なくなるので絵のような仕上がりになります。色の数が減った分、容量も大幅に削減されます。

ファイルサイズを減らす方法

では、実際にファイルサイズを減らす方法を紹介します。


ペイント

ファイルのピクセル数を変更することができます。
ホームタブのサイズ変更で次のダイアログボックスでサイズを指定します。


フォト

フォトでも、ファイルのピクセル数を変更することができます。
右上の「…」の中にサイズ変更があります。ダイアログボックスで指定します。


Macで画像のファイルサイズを変更する手段

Macにはプレビューというアプリが備わっています。
プレビューでは、ファイルのピクセル数の変更とJPEG形式の圧縮率も設定でき、また、「ツール」メニューの「サイズの調整」でピクセル数を変更できます。

その他に「ファイル」メニューの「書き出す」の画面でフォーマットを「JPEG」にすると圧縮率を設定できます。


写真が入っているWordやExcelのファイルサイズを抑える手段

もし、WordやExcelのファイルをメールなどで送信しようとしたときにファイル容量が大きく送信できない場合があります。

そのようなときは、入っているどれかの写真をクリックして、「図の形式」タブの中の「図の圧縮」を選び、その中の「この画像だけに適用する」のチェックを外し、OKボタンをクリックします。
そうすると、中に挿入されている画像すべてに対して圧縮を行い、ファイル全体の容量を小さくできます。


Webのサービスを使ったファイルサイズを抑える手段

「画像ファイル サイズ変更」とWeb検索すると、ファイルサイズを小さく変更できるWebサービスを見つけることができます。

さまざまなサイトがありますが、使用するのは自己責任なのでセキュリティーなどには注意してください。
特にたくさんのPNG画像の一度に再圧縮をする「TinyPNG」は定番サイトです。

【関連URL】
 TinyPNG

フリーソフトを使ったファイルサイズを抑える手段

Webサービスと同じようにフリーソフトにも同じようにファイルサイズを抑えるものがあります。

Webのサービスよりもきめ細やかな操作ができ、一枚一枚丁寧に変更するものもあれば、はじめにピクセルのサイズとJPEG形式の圧縮率を決めて、ドラッグアンドドロップで一度にファイルサイズを設定できるものもあります。
もちろん、有料のソフトで画像を徹底的に操作してファイルサイズを抑えることもできます。

【関連URL】
 【無料】レタッチ・加工のソフト一覧 - 窓の杜