【 タイトル 】

概要・一言で・結論

xxxssss

ttt

目次

Macの平均寿命はどれぐらい?

通常の場合、平均として約4~5年で寿命を迎えます。
機器の中では5年以上経過して使える物もありますが、5年以内に寿命になる物がほとんどです。
寿命を迎える原因としては、CPU、メモリ、バッテリーの経年劣化です。

CPUが寿命の場合、処理が遅くなったり、誤認識が多くなる事があります。
メモリの場合、作業中のフリーズなどが原因となります。
バッテリーが原因であれば、電源が突然落ちるなどの問題が生じます。

【関連URL】
 HDDの寿命は5年が目安?!

寿命の予兆サインとは?

通常の動作と異なる動作や不具合が生じ始めたら、寿命が近いと考えられます。
具体的には、

  • 本体が熱くなる
  • 突然、電源が落ちる
  • USBが認識しにくくなる
  • マウスカーソルの動きが遅い
  • キーボードの誤入力が多くなる
  • バッテリーの減る時間が早くなった
  • 画面立ち上げの際に、画面が変色する

  • などが挙げられます。
    これら以外にも、通常動作とは異なる現象が現れ始めたら、それは寿命の予兆サインとなります。

    寿命時の症状

    寿命時には、具体的に以下の症状が生じる場合が多くあります。

  • 異音がする
  • 異臭がする
  • 充電ができない
  • USBが認識しない
  • 画面がフリーズする
  • 電源が立ち上がらない
  • キーボードが反応しない
  • MacOSを最新版へアップデートできない

  • もし、これらの症状が現れたら、すぐに修理または処分を検討しましょう。
    また何か異変を感じた場合も使用を止め、Apple Storeに相談する様にしましょう。

    寿命を長くするには?

    まずは本体に負荷をかけない様にしましょう。
    ホコリが溜まったり、湿度が高い部屋に置くと故障の原因になります。
    また、ノートパソコンの場合は、持ち運び用バッグに入れて衝撃を与えない様にします。

    次に、MacOSは常に最新にアップデートしておきましょう。
    バッテリー消費や、システムの改善によって寿命が延びる事があります。

    また、省エネルギー設定にしたり、使わないアプリを閉じるなどの工夫も寿命に影響します。

    Macの処分方法

  • Apple Trade In
  • これを使うと、新品購入時の割引チケットが発行されます。
    Appleユーザーには非常にありがたいサービスですね。

  • 買取り
  • 買取りの場合は、製品のケース・取扱説明書・保証書も含めて
    査定に出すと高く買い取って貰えます。

    Macは、家庭ゴミとして廃棄する事が出来ません。
    適切な方法で処分する必要があります。
    また個人情報保護のため、Mac内の全データを完全に消去してから処分を行いましょう。

    【関連URL】
     送るだけの故障パソコン回収


    【関連URL】
     MacのHDD寿命をチェック方法
     Macが重いときの対処法

    パソコンお直し隊について