【 パソコン修理期間 】

症状ごとの修理期間の目安

症状 故障部品 平均修理期間 期間を左右する要因
電源入らないマザーボード修理 2日~4週間 チップ補修時に部品在庫がある。洗浄で対応できるケースは早くなります。基本、部品取寄せの場合、海外のため到着まで2~4週間かかります。
DCジャック修理 2日~4週間 部品交換を必要としない損傷時。ジャックの部品在庫がある。(DELLの場合は在庫豊富)は早くなります。部品取寄せの場合、到着まで1~4週間かかります。特にtype-Cタイプのジャックの場合、パーツは豊富なため取り寄せになることが多い。
水濡れ・水没 マザーボード・キーボード・その他 4日~4週間 損傷箇所が特定できた場合は早くできます。全体的に水が掛かっている場合、どこまで浸水しているかは判定できません。稼働テストが長くなるため通常の修理よりも長い期間になります。
エラーメッセージ・回復画面 HDD 2日~1週間 リカバリ領域が破損していない。事前に回復用リカバリUSB・CDを作成いただいている場合は早くなります。
データのみ取り出したいパソコンHDD損傷無し
外付けHDDコネクタ破損
1日~2日 本体分解にてHDDをチェックします。アクセスできる場合は早く完了します。
HDD故障時
(パソコン・外付けHDD共通)
3日~4週間 論理(ソフトウェア)故障は早く完了します。異音が発生しているようなケースは部品交換が必要です。交換用部品到着まで1~4週間かかります。
画面が割れた・見えない 液晶パネル 当日~2週間 部品在庫があり、当日修理をお申込みいただくケースや事前に部品手配して在庫を確保の場合は1-2日です。在庫がない特殊パネルの場合、取り寄せのため1~2週間

修理が早く終わるケース


交換用部品在庫がある

メーカーを横断して共通部品が使用されていることがあります。事前にモデル間で供している部品(互換部品)であるかは、どこにもデータがないため実際に分解してみないと判定ができません。そのため事前に部品在庫あることはできないため長めに修理期間をご提示します。運よく共通(互換)部品で交換できることがあります。

メーカーで常に共通:HDD・SSD
ほぼ共通:液晶パネル
まれに共通:FAN・DCジャック
メーカー固有:キーボード・筐体ケース

交換用部品ドナーが入荷

故障パソコンの回収も行っています。お見積もり時には存在しなかった部品でも、ご依頼ただいた時期にタイミングよく入荷することがあります。

修理が遅くなる要因


海外手配した部品が税関で止められる

まれに税関で滞留することがあります。ランダムに検査されているようです。国際情勢によって検査する数量の全体が増やされることもあります。


お見積りしても回答をいただけない

お預かり、診断のステップを踏む故障の場合は、事前にご連絡してからの作業着手となります。お見積りの連絡はメールで行います。メールのチェックが漏れていたり迷惑メールに振り分けられている場合、ご回答が得られず作業が進行できません。


症状が不安定

連続稼働テストなど全体の動作テストを行います。 故障個所が特定できない。症状が不安定な場合は、修理期間が長くなる傾向があります。

依頼方法

パソコンお直し隊について