【 反応・認識しない USBメモリのデータ復旧 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 来店持込
パソコン修理見積フォーム


USBメモリが認識できなくなる原因


落としたり衝撃を加えていないのに突然、ドライブが出てこない。ファイルが何も見えなくなる症状が発生することがあります。

●海外製の粗悪チップ

ノベルティで配られるような低コストで作られたUSBメモリの多くは海外製の安価な記録チップが使われていることが多いです。チップの製造時、品質検査で不良のチェックとなったチップが、低コスト向けのUSBメモリに使用されるケースがあります。
低品質なチップだと急にデータが飛んでしまうリスクが高くなります。解析をしてもデータが取れない結果になるのが多いのも海外の低品質チップの特徴です。


■品質が高いUSBメモリ


SONYのUSBメモリです。


東芝製が使われていました


■ノベルティUSBメモリ


文字が何も無いノンブランド品のUSBメモリ


マイクロSDカードが直接基板に接続されていました。コストダウンのためです。


●チップの劣化、寿命

USBメモリには使用回数に限度(理論値・推奨値)があります。使用頻度が高いなら寿命は3~4年とお考えください。以前と比べてアクセスの速度や操作した際に違和感を感じたら買い換えを推奨します。


●静電気

静電気を防止する保護機能は備わっていますが、静電気や過電流の影響でデータが無くなったと推測される事例は少なくありません。一瞬の出来事になるため原因を特定するのは難しいです。冬場にUSBを差したタイミングで「パチッ」となったり、停電時があった状況なら電気トラブルです。


●アップデート失敗や操作ミス

意識していないのにちょとしたキーの操作間違いならデータは残っているため回復が可能です。


●個体の不具合

たまたま運悪く壊れやすい物に当たってしまった。
使用頻度が低かったり、購入してすぐに壊れるケースなどです。電子機器にも製品の個体差があります。




USBメモリが認識しないときにできること

別のUSBポートや別のパソコンに接続しても変化しないなら、故障している可能性が高いです。

最低限、以下の内容をお試しください


●コネクタ口を清掃

綿棒やティッシュでコネクタを掃除してください。汚れが取れない場合は接点復活剤や消毒用のエタノールを付けるのも効果的。

●デバイスの認識を変更

デバイスマネージャーでUSBメモリが多数、表示されていたり、「!」や「?」マークがあるならデバイスを削除してから指し直してみてください。

●曲がっているならテンションを加える


元の状態に戻す方向で、押してみてエクスプローラで一瞬でも認識されないかを確認してください。運よく認識したら速やかにコピーしてください。一瞬でも表示するようなら基板の修理だけで対応できます。ぐらつきがひどい状態なら作業は厳禁です。




認識されない・何も表示されない症状一覧


USBメモリを差しても認識しない場合、記録・コントローラーチップの故障がほとんどです。ファイル構造情報の修復。またはチップから直接データを取り出して復旧します。

他社の価格に疑問を持たれた方や高額だった場合にはセカンドオピニオンとしてご相談ください。

USBメモリが認識しなくなる症状



●「フォーマットしますか?」



急に表示が出てきても「OK」は押さないでUSBメモリを抜いてください。

●「USBデバイスが認識されません」




●音はするが何も出てこない




●「リムーバブルディスクを挿入してください。」



しばらく使っていなくて、使おうと思ったら見えなくなったなら原因はチップの劣化が考えられます。



●一部のフォルダ、ファイルが消えた。削除した。フォーマットした



●ランプは付くが認識されない。何も表示されない



●水没

洗濯機で洗ったり、トイレに落として読めない場合でも基板が錆びていなければ基板の補修。もしくは記録チップを取り出して、読み取りできるように復旧します。


●基板が割れている

一般的なタイプはコントローラーと記録用のチップに分けられます。

小さい方がコントローラ。大きい方がデータ記録用のチップです。コントローラーの故障だけなら記録チップからの復旧が可能です。

認識しないUSBメモリのデータ復旧事例


  • SONY
  • BUFFALO
  • ELECOM
  • IODATA
  • Transcend
  • toshiba
  • Silicon Power
  • その他

USBメモリのチップの種類


容量によってUSBメモリに使われている種類が異なります。


●TSOP

黒いチップから配線が伸びているタイプ。8G以下のUSBメモリに使われていることが多い。復旧は容易。安価な金額となります。


●BGA

底面に点々の接続端子があります。16G以上のタイプやSSDに使われていることが多いです。復旧は難しく。金額もTSOPタイプと比べて高額になります。


・TSOPとBGAの比較


●COB

メモリーICとコントローラー基板が一体になっているタイプです。モノリスタイプとも呼ばれます。製造コストは安価ですがデータは大容量となるため金額と難易度が高くなります。


USBメモリの復旧費用と復旧率を決める要素


復旧率はメモリの容量とチップの品質で決まってきます。


1.容量

容量が16GBを超えると急に難易度が高まります。

USBメモリの筺体サイズは昔と今でもほとんど変化していません。記憶密度を高めて容量を増やしています。 構造上、大容量になるほど、記憶チップの密度が高くなるため復旧難易度が高くなります。


2.記憶チップのメーカー、型番

経験的に高品質なチップほど復旧率は高くなり、品質が低いものは破損ファイルが発生する確率が高いです。一般的には東芝やSONYといったメジャーなブランドの方が高品質なチップが付いていることが多いです。
amazonで売られている海外の格安USBメモリやノベルティで配られたものの多くは、品質が低いチップが使われていることが多い。

まとめ

・データ復旧の金額が高くなる:USBメモリの容量が大きい。チップの品質が低い(ノンブランド品)
・データ復旧が安くなる:USBメモリの容量が小さい。チップの品質が高い(日本のメーカー品)

修理にかかる日数


2~14日


損傷の状況によって期間は変動します。

USBメモリ故障時の価格表


故障内容費用依頼の
割合
コネクタ破損16,800円70%
チップ故障30,000~
50,000円
30%

金額は診断後に改めてお見積りのご連絡をいたします。承諾前に作業を進めることはありません。
初期費用
0
見積料
0
修理不可
0

作業のご依頼を受けてからデータが復旧できた場合にのみ費用が発生します。

キャンセル時は診断費用は0円。お支払いは作業完了後です。

よくある質問

診断費用は無料。見積り後のキャンセルは可能です。お見積りに承諾いただいた後に作業を実施した結果、「復旧不可」の診断結果となった場合には費用は掛りません。
来店されるか郵送どちらでも構いません。店舗一覧 来店予約フォーム
郵送時は宅配便や配達記録が付いている方法をお勧めします。
取得できたフォルダとファイルのリストを提示いたします。ファイルのサイズ。種類。破損状況をお知らせします。リストにご希望のファイルがなければキャンセル可能です。
機密保持契約書を作成することも可能です。2部印刷して押印の上、持参・同封ください。機密保持上、ご要望があれば一つのファイルも閲覧することなく返却いたします。データが故障していた状況と回復作業の進行度合いから復旧率を判定します。破損ファイルが発生率はこれまでの経験から可能です。破損ファイルがあるときはランダムに開いて確認させていただきます。閲覧不可の方は事前に申し出ください。
新品のUSBメモリに収納してご返却。もしくはオンラインストレージからダウンロード。どちらかを選択可能です。
故障状態によって変動します。日数の確約はできません。
初期診断、見積りまでは当日~3日程度です。修理の期間は2日~最大でも1週間程度です。(特殊記録チップの復旧は除く)故障の状態によって変動します。
ご返却可能です。ご要望が無ければ弊社で処分いたします。

依頼方法

ご利用は下記いずれかをお選びください

その他のUSBメモリデータ復旧

  

  ・コネクタ折れ・曲がった基板補修
  ・小型・特殊・モノリスタイプ
  ・データ復旧業者がおすすめするUSBメモリの買い方・使い方

無料見積 来店予約で相談