【 Lenovoパソコン修理 】

電源が入らない。起動しないマザーボード修理


メーカー修理が高額な理由はマザーボードをまるごと交換するため。
弊社では一部補修のため安価になります。基板修理の技術を持っている会社は少ないのが現状
同業者の外注先としても利用いただいています。

 ⇒ Lenovoが故障が多い理由

起動しない・電源が入らない修理事例

DCコネクタ・Tyep-Cコネクタ故障


コネクタ差込口が壊れた場合、基板全体ではなくDCジャックやType-Cの部品単位で修理が可能です。ぐらついてバッテリー充電ができなくなるのがよくある症状。アダプタの先端部分がパソコン本体に入り込んでしまったら部品を取り出すだけで対応できることもあります。

 ⇒ コネクタ・アダプタ故障の費用と修理事例

修理事例

カバー・ヒンジ・外装故障

外装が破損して画面の開閉が困難でも、部品の全交換ではなく一部修理で対応可能です。

 ⇒ 液晶カバー・ケース破損・ボタン陥没

修理事例

液晶パネル交換


LENOVOのパソコンの液晶パネルは15.6インチサイズが主流になっています。


サイズ料金
15.6インチ 7,800円~
14インチ 20,000円~
13.3インチ 30,000円~
一体型 20,000円~
その他 20,000円~

【関連URL】
 Lenovoパソコン型番を確認する方法
 Lenovoの液晶交換費用と修理事例

当日液晶パネル交換修理



在庫があれば早急な液晶交換が可能です

FAN交換


LENOVOはFANエラーメッセージ「Fan Error.」による故障が多いです。
 ⇒ FAN交換の詳細費用と修理事例

HDD・SSD交換OSインストール


エラーメッセージで起動しなればHDD交換とデータリカバリが必要です。LENOVOのWindows10・8以降のモデルは内蔵エリアにあるリカバリ領域からOSを復旧します。

LENOVOのパソコンの場合、HDDデータにアクセスできなければリカバリ領域が必要です。(領域にアクセスできれば必要ありません)別途リカバリメディアキットの代金が加算されます。(DVDかUSBにてご返却)

 ⇒ HDD交換の費用と修理事例

キーボード交換

Lenovoのキーボードは埋め込み型が多いです。交換には工数が多くなる難解な修理となります。

修理事例

アクセスマップ

来店持ち込みで2,000円OFF

持ち込み&引き取り割引2,000円
往復分の送料が不要となるので実質5,060円(関東圏の場合。往復送料+割引)もお得。

修理項目・メーカーから選択

パソコンお直し隊について