【 データだけ取り出し。データ復旧が必要な場合 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 フォームからうまく送信できない方 来店持込 データ復旧見積フォーム
パソコン修理見積フォーム

お直し隊TOP ≫ 修理料金 ≫ データ復旧


データ復旧できる対応機器一覧


 

データ復旧の相場

「10万円以上の見積り」の場合はご注意ください。

10万円~30万円の見積りでデータ復旧を諦められた方はご相談ください。安価で復旧できる可能性があります。

ご家庭で使用されている普通のノート、デスクトップパソコンや外付けHDDの故障でも相場としては5~30万円という金額です。データ復旧の見積りを取って頂くと数倍の開きが発生することがあります。

HDDの損傷が大きいようなケースもありますが、普通のパソコン故障でデータが取れないケースで20万円以上となるのは、当社の実感では100件に数件程度です。

重度の故障の場合は、データ復旧の費用として適正なこともありますが、普通の壊れ方であれば相場としては高めの金額設定です。

OSが故障しているだけで、HDD自体は故障していないことは多く、弊社で依頼されるケースではパソコンが起動しないでデータ復旧が必要なケースとなるのは50%程度です。(データの復旧と取り出しは異なります)

容量に関わらず料金は同一です。故障の難易度によりますが、おおよそ2万円~8万円となります。ほとんどがこの価格で収まっています。

HDD復旧の修理費用実績ページ

起動しない状態でも、パソコンの故障とデータの故障。どちらかのケースに分けられます。両方とも故障していることもありますが、通常はそれぞれ別々の故障です。

パソコンが壊れただけなのに、HDDのデータは完全に残っているにも関わらず
データは破損と偽って診断することは、一切やっておりません。

他社で見積を取ったら、ほんの少しの家族写真を取り出したいだけなのに「重度の物理故障」との診断で10万円~20万円のためキャンセルされた後、当社で作業してみるとデータ復旧を必要としないデータの取り出しだけで対応したことは今までに何度もありました。

適正とする価格の考え方はそれぞれの会社で異なりますがデータの重要度や緊急度によって料金を決めようとするような業者も少なくありません。弊社に限らず、不信感があるならばきっぱりとキャンセルと言ってください。後で後悔するよりもいろいろと比べてみるべきです。

弊社では容量に関わらず料金は同一です。容量が大きくなるごとに段階的に費用が上がっていくことはありません。

相場と比較しても安価だとは思います。他社でデータ復旧不可。もしくは金額が高額で不信感を持たれた場合にはセカンドオピニオンとしてご相談ください。

*復旧をご希望されるデータ容量が少なくても費用は安くなりません。データ復旧の作業は、ファイル破損の無い故障であれば、ほとんどのデータが復旧できるか。もしくは、まったく復旧できないかのどちらかになるケースが多いです。

 

異音サンプル音声


動作音を聞いて、ある程度の故障判定は可能です。

音が小さいから故障が小さく、費用が安価で

音が大きいから損傷も大きく、費用が掛かるとは限りません。

異音が発生しており、データが読めない場合の参考事例としてください。


●データはすべて正常の事例

  ・カリカリ音  
  ・ヘッド位置不良

●ヘッド交換でデータ復旧した事例

  ・リトライ   
  ・リトライ   
  ・リトライ   
  ・リトライ   
  ・カツーン音  
  ・低周波音   

●データ復旧不可の事例

  ・円盤にキズ  
  ・円盤にキズ  
  ・最初のみ回転 
  ・モーター音  
  ・モーター音  

 

データ復旧ができないプラッタのキズ


 *円盤部の中心にキズがあるとデータ復旧は不可能です。


 *全面にキズのひどいケース。白く見える部分は全てキズです。復旧不可能です。


 *正常な円盤。鏡のようにきれいです。
 

 

容量制限無し。成果報酬


データ復旧の費用は「格安」で「低価格」の業界最安水準で提供しております。


低価格を実現できている理由は、大手復旧会社よりも経費が低いためです。

HDDデータ復旧のお見積り費用は掛かりません。見積後のキャンセルも無料です。ご来店いただき店頭で直接相談することも可能です。


HDD単体でお持ち込みいただいても構いません

こちらの来店予約フォームにご希望の日時を入力後、店舗まで直接お越しください。


 

故障の原因

故障原因はほとんどは3つに集約されます。

●落下による衝撃

 衝撃で内部のヘッド等のパーツにダメージを与えてしまった状態です。中度~重度となることも多いです。

●アップデート失敗や操作ミス

 データとしては残っていることが多いです。軽度故障の範囲で回復が可能です。

●突然アクセスができなくなる

 データとしては残っていることが多いです。軽度故障の範囲で回復が可能です。
 HDDはSMARTという記録情報を保持しています。フリーソフト等で確認することが可能です。
 SMART情報にはこれまでの使用時間も記録されているため、おおよその劣化状態は確認できますが
 故障の予知には使用できません。軽度~重度の故障とそれぞれの状態によって異なります。


 

故障の症状


●「Operation system not found」などのエラー表示

→ 復旧できる可能性は高いです

起動に必要なシステムデータが不良セクターによって読めない状態です。
修復画面から変化しない。ファイルの破損などのエラーメッセージも同様。
データはそのまま残っていることが多いです。


●フォーマットした。

→ 復旧できる可能性は高いです

パーティション情報が無くなっているだけでデータは残っていることが多いです。


●電源を入れてもHDDが動かない。水没した。画面が何も付かない。

→ 復旧できる可能性は高いです

パソコン本体が故障したからといって、HDDも故障しているとは限りません。
電源が入るのにHDDから何も音がしない。BIOSやディスク管理から認識できない場合は物理障害のこともあります。


●プ・プ・プや、クッ・クッ・クッといった音がし続ける。

→ 復旧できる可能性は高いです

HDD内部の磁気ヘッドががプラッタ(記憶のディスク面)に張り付いている故障です。
ヘッドを退避させる処理を実施すれば、多くのデータが取れることがほとんどです。


●HDDから異音がする

→ 復旧できる可能性は50~80%です

カチカチ、カチャカチャなどの異音がする場合は、データを読み書きするヘッドの損傷。
モーターの異常。記憶面の傷などが考えられます。
同じ異音が繰り返されるのは何度もヘッドが読み取りをリトライしている音です。


●内部に傷があり専門業者3社以上でデータ復旧不可の診断

→ 復旧できる可能性は1~10%です

損傷度合いが大きく構造上復旧できない状態となっていると思われます。
ただし、ご近所の家電店や小規模修理業者で診断された場合、専用の設備がないため簡易的な診断しかされていないことも多く、復旧できることがあります。


●初期化してしまった。暗号化されている

→ 復旧できません。

誤って初期化(リカバリ。再インストール)して、最後まで完了した場合はデータは上書きされています。技術的な問題ではなくHDDの構造上、データの復旧はできません。暗号化されているHDDも不可能です。


 

HDDデータの復旧費用の決め方


弊社では容量によって段階的に費用が高くなることはありません。費用は故障の難易度によって決定します。



●データ容量によって料金が高くなるのはおかしい?



損傷の大きい場合、1つ1つのデータを修復するような故障は存在します。
このような復旧作業の場合にはデータ容量に応じて料金が高くなるのは仕方ありません。

しかし、実際にHDDが故障して復旧を依頼される99%以上はヘッド交換や基盤交換などの修理でデータが読み取れるまで回復させてしまえば、あとは自動でソフトウェアがデータを取り出せます。


そもそも個別にファイル単位で救出するようなケースはほとんどありません。

たとえばHDDのサイズが100Gと1Tのサイズでは10倍の容量の差があります。実際にこの2つのHDDデータの復旧を比較したとしても作業時間が10倍掛かることはほぼありません。(容量によって、ソフトウェアの動作時間が長くなることはあります)


HDDのサイズは1Tや2Tと大容量でも、実際に使っていた容量は100Gのようなケースであれば特に注意が必要です。

損傷が大きいような事例でなければ、使用領域の100Gの部分に対して救出を試みます。HDDのサイズが大きいからといって費用が高額(作業工数が増える)ケースは多くありません。

データのサイズが増えるごとに一律に費用が高くなるのは根拠がありません。
容量で区分けすることで、見積り金額が分かりやすくなるという理由から、容量ごとに段階的にアップする見積りを採用している会社が多いです。

 

データ復旧の依頼先選定のポイント


●今すぐ見積り。お電話・復旧可能

 早期の作業をしないとデータが消えることはありません。作業を繰り返すことでデータの読み取りが悪くなったり、水没させて腐食が進行する可能性は考えられます。何の作業もしていないのに「時間経過」でデータが取れなくなったり、消えることはありません。


●復旧率が高い

 データを復旧できそうな故障だけを対応すれば数字は高くなります。
 事例:「復元率はデータ復元後にお客様ご自身が判断すべき事で、事前に告知できるものではないのです」
 事例:「復旧率が90%を超えるなどということはありえません。高くても70~80%程度だと思います」


●回答を保留していたら金額が安くなった

 見積に根拠がないと値段が安くなることがあります。足下を見るようなケースです。


●法人と個人用の問い合わせ窓口が別々

 法人用で申込みした方が高くなることがあります。個人用フォームから再度、ご確認ください。


●見積書が理解できない・仰々しい

 専門用語が並んだ説明。見積り明細項目が多岐に渡って記載。データ復旧で行う実作業はヘッド交換・基盤交換・ROM交換で95%以上が占められます。


●最新技術・豪華設備。広告が多い

 ネットの広告「データ復旧」「データ復元」などのキーワードは1クリック500円~1,000円です。余分な広告費がかかっています。当社は広告宣伝費はかけておりません。データ復旧のブログ記事を見て依頼されることがほとんどです。


●復旧できるデータリストの提示に難色を示す

 復旧できる容量や費用は、すべてやってみないと分からないと診断されることがあります。復旧を依頼しても希望するデータが無ければ何の意味もありません。本来、データリストの提示は不可欠です。

 事例:データリストを提示しない理由

 

メーカー修理と弊社の違い


メーカーではパソコン本体の修理はできてもデータは消去されます。

メーカーの修理ではHDDも返却されないことがほとんどです。


弊社ではデータだけの復旧。もしくは、データの復旧&パソコンの修理を同時にご依頼いただくことが可能です。

●データ復旧のパターン

 1. メーカーに依頼する前にデータ復旧だけを弊社に依頼。その後、メーカーにパソコンを修理依頼する。

 2. 修理はしないで、データだけを復旧

 3. パソコンの修理と同時にデータ復旧

 

データ復旧とデータだけの取り出しの違い

パソコンが壊れてしまっても、中のデータはそのまま残っていることがほとんです。

OS(Windows)が起動しなくても、HDDが壊れていなければUSB接続することでデータを読み出すことが可能です。(物理的、論理的な故障がない場合に限ります)


*データの復旧とデータ取り出しは作業が異なります。


 ●データの復旧
   HDDが物理的、論理的に何らからの故障が発生している状態。パソコン本体からHDDを取り出してもアクセスできません。

 ●データ取り出し
   HDDが壊れていない状態。パソコン本体からHDDを取り出してアクセス可能。


お問い合わせ時に「パソコンの修理は不要だが、データだけを取り出したい」とご入力ください。


 

データリストを事前提示のため安心

実際に費用が発生する段階で復旧できたリストと容量を提示いたします。

リストにご希望のファイルがなければキャンセル可能です。


「復旧できるかわからない」という簡易調査ではありません。以下のデータリストのサンプルをご覧ください。


●復旧可能なデータリストサンプル

 ・パソコンのデータ復旧事例
 ・パソコンのデータ復旧事例2
 ・パソコンのドキュメントフォルダ事例
 ・NASの事例


*実際に提示したリストの一部です。ファイル名が付けられたものはすべて削除しています。


●正式見積り時に提示する内容

  1. ファイル・ディレクトリ構成(データリスト)

  2. 全体の復旧サイズ

  3. ドキュメントフォルダ以下の復旧サイズ

  4. お客様ご指定のフォルダ・ファイルの読み取り状況

  5. 費用

  6. 作業期間


データリストがないと復旧を依頼しても希望するデータが無ければ何の意味もありません。データ復旧に掛かる費用を無駄にしないためにもデータリストを提示いたします。リストをご確認いただいた後、復旧作業を進めるかをご連絡ください。

*復旧の作業前にファイル名が検出されたリストとなります。写真やサイズの大きい動画ファイルなどデータとしては復旧できたが破損ファイルのため開けない。一部しか閲覧できない可能性があります。損傷の状態はそれぞれ異なります。ファイルが正常なのかは実際の作業を実施しないと判定ができないことはご了承ください。

*納期は「目安」です。損傷度合により取得できない場合があります。データを保証するものではありません。リストに記載の無いデータは納品時にも復旧はできません。必ず確認ください。


●事前のお見積り内容

実際にお見積もり時にご連絡したメール内容の一部を抜粋したものです。








 

2.5HDDケースでのご返却時

HDDケース3

取り出したHDDは専用のケースに収納します。元のパソコンについては、以下からご選択ください。

●壊れたパソコンの今後のパターン

 1. 修理を継続

 2. 返却

 3. 買取もしくは処分


USBの外付け2.5インチケース。もしくはUSBメモリに収納してご返却いたします。

SSDや1.8インチのなどの特殊なデータ記憶形式のHDD。10/8/7/Vista/XP/2000/98、Mac OSなど、OSの種類やノート、デスクトップ、一体型問わず対応可能です。(マックのデータをWindowsで読み出すデータ変換作業も無料で対応します)

通常のUSBケーブルではなく片方が二股に分かれているY字USBケーブルになります。通常は二股に分かれているうちの一本を接続して頂ければ問題ありません。

HDDケース2

*2つに分かれているのはメインで接続するUSBコネクタは通信とHDDケースへ給電する電源の役割を果たしています。まれに電力が不足して動作が不安定になってしまう事があります。その際にはもう一本の電源専用の補助USBコネクタを接続する事で、上記のような症状を改善する事が出来ます。

*ご返却後は速やかバックアップとしてデータをコピー保存してください。USB外付けHDDとして使い続けるのはおすすめしません。

 

HDD取り出しだけで完了した事例ブログ


トップへ戻る

 

HDDデータ取り出しの費用

データが読み取れる場合は2.5HDD(ノートPCタイプ)は15,800円
3.5HDD(デスクトップ。その他特殊HDD)でも15,800円です。

日数は1日~2日と、短期間でのご返却が可能です。

*元のHDDが劣化している場合で1T以上のHDD容量の場合は、別途HDD費用がかかります

ご注意

データ復旧が必要なケースでは別途費用となります。

 

HDDデータ復旧が必要なケース

読み取れなくなって復旧が必要となる原因は、HDDを構成する部品の故障とソフトウェアの故障に分けるとができます。

以下、復旧率が高い順(費用が安価になる順番)と故障の種別(論理・物理故障)の説明です。


 1.ソフトウェアの故障(論理故障)

  何らかのソフトウェアが故障すると読み込めなくなります。HDD復旧の対策としてはソフトウェアの解析・修復が必要となります。


 2.基盤故障(物理故障)

  HDDに付属する電子基板の故障です。基盤を交換。基盤のチップを補修。もしくはチップ内ソフトの解析・修復を行います。


 3.読み取りヘッド故障(物理故障)

  レコード針のような形のHDDを読み取るヘッドの故障です。ヘッドの交換となります。


 4.プラッタの故障(復旧不可)  

  HDDを記録する円盤の故障です。キズが付くと復旧はできません。キズが付いていない箇所なら読み取りができると思われる方も多いのですが、HDDの構造上、目に見えるほどのキズがある場合は、基本、すべてのデータは読み出すことはできません。

 

HDDデータ復旧が必要となる確率と費用

依頼されるHDD取り出しからHDD復旧が必要となるケースはおおよそ30%程度です。(他社でHDD復旧が必須と判断された故障は除きます)

データ復旧が必要なケースでは損傷の内容によって料金は変動します。

費用の範囲は2万円(軽度の論理故障)~8万円程度(物理故障)です。

HDD復旧が必要となるケースで、おおよそ以下のような故障・費用の割合となります。(弊社にご依頼される実績です)

 1.論理故障 60%(2~4万円)

 2.論理故障+ヘッド交換 25%(4~8万円)

 3.論理故障+ヘッド交換+基盤交換 5%(5~10万円)

 4.論理故障+HDDの基盤故障 10%(4~8万円)

 5.その他 数%

   ヘッド吸着:(ヘッドがホームポジションにない)

修理期間は2日~4週間程度です。

不良セクタが多い場合は、データが読み取る範囲を調整してコピー処理いたします。

状態がよくない場合は、正常動作しているWindowsのファイルコピー速度と比較するとデータを読み取る作業は100~100000倍以上の時間が掛かることがあります。

読み取りができるようになっても、読み取りできるセクタ範囲の変更やヘッド速度の変更など手作業で調整しながらデータの復元コピー処理を繰り返す必要があるためです。復旧までに最大で3ヶ月程度かかった事例もあります。あらかじめご理解下さい。

*データ復旧は必ず救出をお約束できるものではありません。
*お見積り費用は無料です。料金にご了承をいただければ、作業の継続。中止される場合は、費用は掛かりません(別途送料)
*復旧できた場合でもデータ単位となりますのでソフトウェア等の起動はできません。

*キズが入るスクラッチの診断でデータの復旧NGの結果となっても、諦めきれず複数の会社を渡り歩く方がいらっしゃいます。1~2社が対応不可であれば、弊社でも対応できる可能性はありますが3社以上、スクラッチ等の傷が入った原因でデータ復旧は不可能との回答となっている場合は、弊社に限らず、ほとんどの会社で対応できないことが多いです。

弊社でデータ復旧の実績、データ復旧が失敗する事例をご確認ください。

データ復旧ができなかった場合、費用は掛かりません。

 

現在のHDDデータ復旧の状況

現在、対応中データ復旧一覧



最近、完了したデータ復旧案件一覧


 

HDDメーカーごとのHDD構造・ヘッド交換でのデータ復旧の特徴

HDDの構造の違によりメーカーごとに復旧できる確率は異なります。統廃合があり2015年にはSeagate、Western Digital、TOSHIBAの3社となっています。Windows7以降に発売されたモデルではHGSTやSAMSUNGのHDDが使われていることがあります。

●東芝
HDDとしてはスタンダードなタイプです。HDD復旧時のヘッド交換の難易度は比較的簡単です。

●Seagate
HDD復旧時の使用される部品は同一の型番で生産地でないと使用ができません。型番がDM、DLの物はプラッタにキズが付くケースが多いです。ヘッド交換の難易度も高いです。

●Western Digital
Seagateと同様に部品交換時、ヘッド基盤のIDが一致しないと使用出来きません。ヘッド交換の難易度は高いです。

●HGST(HITACHI)
特徴としてはHDD内部にゴムストッパーが2つあります。ヘッド交換の手順としては、ゴムを1つつけたまま、磁石を上下の2つまるごとヘッドごと外します。HDDの外装のネジまで取り付けないとヘッドが破損してしまうリスクがあります。手順が複雑となりますがHDD復旧時のヘッド交換の難易度は普通です。

●SAMSUNG
一部、SeaGateのヘッドが使用出来るモデルも存在します。ヘッド交換の難易度は高いです。

*参考記事:どこのHDDメーカー製が一番壊れにくいのか
 http://gigazine.net/news/20140122-hdd-survival-rate/(外部リンク)
 信頼性が高い順は、1位日立(HGST)。2位Western Digital。3位Seagateという結果です。
 東芝、SAMSUNGは比較対象から外れています。2014年の記事となります。

■内蔵されているHDDメーカーの調べ方
  ・FAQページ、内蔵されているHDDメーカーの調査方法

 

ヘッド交換時に使用可能なHDDの条件

ヘッド交換の作業時の条件があります。全ての条件が揃わないと交換が出来ない訳ではありませんが、揃っていないとHDD復旧の修理が出来ない可能性があります。

●型番
HDDに記載された型番です。基本的に、同じ型番である必要があります。

●基盤ID
HDDの基盤側に記載のIDです。複数の記載があることがあります。

●製造国
HDDが製造された国の事です。製造された国によって部品が違う事があります。元のHDDと同じ製造国のHDDが必要となるケースがあります。

●製造年月日
HDDが製造された年月日。ロットナンバーの関係上、製造年月日の離れたHDDは使用出来ない可能性が高いです。年月日の近いHDDが必要になります。

●P/N
「P/N(パーツナンバー)」も一致している必要があります。

●S/Nの前3桁
S/Nの前3桁が一致している必要があります。例:交換可能(元HDD:001XXXXXXX → 交換HDD:001XXCCCCC)。交換不可(元HDD:001XXXXXXX → 交換HDD:103XXXXXXX)

ヘッド交換の手順等のお問い合わせには対応しておりません。ご自身で同じ型番のHDDを用意してヘッド交換されてもデータが復旧できることはほとんどありません。ヘッド交換されても専用ツールが必要です。開封だけなら故障することはありませんがヘッド交換に失敗して傷を付けてしまうと、どんな会社でも復旧が不可能となる可能性があるためご注意ください。

■ツール一覧
  ・エラーを無視してコピー処理
    EaseUS Disk Copy
    CloneMeister
  ・フォーマット等、論理的な故障に対応
    Ontrack EasyRecovery 11
    壊れたHDDをフリーソフトで復活!
  ・不良セクタの修復に対応
    HDDの不良セクタや異音・故障を完全無料で解消できるフリーのツール
  ・ヘッド交換時の治具
    HDD復旧ツール【HddSurgery】

 

最近のHDDデータ復旧の修理ブログ


トップへ戻る

 

最近のHDD復旧でヘッド交換が必要となったブログ

トップへ戻る

 

データ復旧依頼の流れ

1 お問い合わせ
  無料見積りフォームに入力

2 来店・郵送
  宅配便利用時は梱包の方法と集荷の連絡先にて郵送ください
  法人など機密事項のデータがある方は「秘密保持契約書」を2部印刷し、押印の上、持参・同封ください。

  事前のお問い合わせ無く直接、お店に来店いただくことも可能です。

  HDD単体でお持ち込みいただいても構いません

  こちらの来店予約フォームにご希望の日時を入力後、店舗まで直接お越しください。

3 データ復旧作業
  おおよその復旧可能なリストと復旧費用をお知らせいたします。
  希望データが無いなどご要望に添えない場合など、この時点まで中止することは可能です。
  キャンセル費用もなく費用は掛かりません。

4 結果
  完了のご報告。来店もしくは郵送を選択ください。
  成果報酬のため復旧できない場合、費用は掛かりません。(郵送時のみ送料は別途)
  *データ復旧は必ず救出をお約束できるものではありません。

 

機密保持契約書ダウンロード

法人の方で「秘密保持契約書」が必要な場合は、2部印刷して押印の上、持参・同封ください。

 ●機密保持契約書ダウンロード >>

 

データ復旧の問合せフォーム


他社見積が高かった。復旧できない。セカンドオピニオンとしてご相談ください。
お見積や診断結果をお知らせ頂ければ金額も相談。また内容を確認いたします。

 お名前  ※必須
 Eメール  ※必須

 ※携帯キャリアメール(docomo、ezweb、softbank)やhotmail.comは不備が多くなります。自動返信のメールは到着したが見積メールが届かない場合は、別のPC用メールを入力して、コメント欄に「未着でしたがメールアドレス変更済み」として再度、送信してください。

 お電話番号
 機種名  ※必須

 ※パソコンの表面または裏面のシール。または本体に貼ってあります。
 ※分からない方は機種、型番調査方法

 故障内容   ※必須
 ご連絡方法  メールで連絡してください
電話で連絡してください
他社で見積を取られた場合は、お知らせください。金額が高額で不信感を持たれた場合などセカンドオピニオンとしてご相談下さい。 PDFもしくは画像を添付。またはメール内容どちらかを入力ください。(最大3社分)
 他社見積1 ・PDF、画像を添付
 ※PDF、画像のみ。2Mまで添付できます。
・テキストで入力

※2000文字まで入力できます。
 他社見積2 ・PDF、画像を添付
 ※PDF、画像のみ。2Mまで添付できます。
・テキストで入力

※2000文字まで入力できます。
 他社見積3 ・PDF、画像を添付
 ※PDF、画像のみ。2Mまで添付できます。
・テキストで入力

※2000文字まで入力できます。
 その他コメント
利用規約を確認
利用規約に同意する

 
データ復旧見積り 来店予約で相談