【 データ復旧 NAS・RAIDのLinkStation・TeraStation 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 来店持込
パソコン修理見積フォーム


RAID・NASのデータ復旧・LinkStation・TeraStation

『外付けHDD・NAS』にアクセスできない。認識しない、
NAS機器から異音、エラーメッセージのデータ修理・修復を行っています。

他社でデータ復旧不可。もしくは高額な見積で途方に暮れた方など、弊社では対応できる可能性があります。一度、ご相談下さい。


●RAID5以上にも関わらず他社診断で「2つ以上のHDDが故障」の方


複数のHDDが故障することはまれです。

複数のHDDが「物理破損」を起こしているという診断であれば違和感があります。確率的にも5つのHDDの中で、2台が同じタイミングで大きな破損を起こしたというのは無理があります。 「物理破損」の表現が、いくつかの不良セクタが発生しているだけで使われることが多いです。 不良セクタは通常利用でも発生するものです。(機能としては正常。当然、アクセスは可能な状態)

RAID故障のほとんどは1つのHDDが故障したことで、システムへのアクセスができなくなったというトラブルです。
(物理故障と論理故障)

他社診断で大げさな表現で言葉の意味がよく分からない見積りであった場合は、一度、ご相談ください。


よくある症状

以下のような症状出れば、ほとんどのケースでデータは取り出せます。

flexbox

異音がしてエラーランプ点灯・エラーメッセージ表示

解除にて復旧する場合は、ディスクも故障しているケースがあります。

flexbox

エラーランプ点灯・エラーメッセージ表示で動かない

RAID構成の故障で一番、多い故障です。通常、一つのHDD故障であればアクセスは可能ですが、何らかの理由によりアクセスができなくなっています。

flexbox

認識するがデータにはアクセスができず

モーターは回転してもフォーマットしますかの表示や中身が何も見えない故障。論理故障のため復旧できることがほとんどです。

 

■対応メーカーNAS一覧

BUFFALO BUFFALO
TeraStation
TeraStation PROシリーズ、TeraStation TSシリーズ、
TeraStation WSSシリーズ、TeraStation WSシリーズ、
その他TeraStationシリーズなど、全モデル対応


I-O DATA I-O DATA
LAN接続型ハードディスク
LANDISKなど、
その他I-O DATA製品 など、全モデル対応


Logitec ロジテック
BOX型シリーズ、キューブ型シリーズ
全モデル対応


 

■データ復旧費用

【費用】 3万円~20万円

論理故障。物理的破損
状態によって異なります。まずは一度、お問い合せください。

ご注意

■データ復旧というのは簡単な作業ではないため、どうしても費用も掛かってしまいます。
■データ復旧は必ず救出をお約束できるものではありません。
■破損の状態によって作業時間が変わってくるため、現時点では、
おおよその修理費用となります。


 

大学・法人で過去のご利用があれば修理費用から10%OFF

全国各地の企業・大学・公共団体様などから数多くご依頼いただいております。合計金額から10%の割引をいたします。これまでに利用実績があるのか分からなければお問い合わせください。

リピート割引として合計金額から10%の割引をいたします。お問い合わせ時にお知らせください。

研究・教育機関の方は科研費での支払い。法人の方は請求書後払いが可能です。支払い手続きが指定書式でも対応可能です。

これまでのご依頼回数も記載しています。

 

RAID・NASの復旧事例



IODATA HDL-GX500R


NASタイプの外付けHDDです。 全てのランプが点滅し続けて起動ができず、 電源ボタンを押しても終了できなくなってしまったとのこと。

img_0172a
HDD型番 Seagate ST3500820AS
HDD単体でかろうじて認識でき、パーテーション構造も見えます。
データ復旧用PCの復旧ツールにてイメージscan開始。 HDDの認識、HDDのID認識までスムーズに読み取り、 状態マップは「緑」で進行。
データが抽出できる可能性が高い状態です。
img_0171a
無事にイメージがscanできたため、状態を確認。
LINUXのため、scan出来たデータの確認に手間取りました。 ファイルの存在を確認後、データ抽出を開始。 エラーも無く、完了。
img_0185
データ容量:65.7GB ランダムに、画像、excelなどを開いてチェック。 代替のHDDにコピーし、ケースに収納。 データ復旧完了です。

Buffalo HD-CN1.0TU2




関東地方のお客様です。 症状:立ち上げ途中でエラーメッセージが出て立ち上がらない。回転は正常。 HDDデータの復旧をご希望です。




HDD型番 SAMSUNG HD203WI」2TB 4本のRAID構成です。 単体で接続してもパーティションは見えますが、中は何も見えません。
復旧ツールでスキャンを開始します。 4本のHDDともに認識しました。 データを書き出しますが容量が多いので時間がかかります。
ランダムに確認した範囲では破損ファイルは見つかりませんでした。 約3.5TBのデータを復旧、 5TBのHDDに書き出します。


ケースに収納し、作業完了です。


DELL Dimension XPS Gen 2


「高速化のRAIDを組んでいる」とのこと。 電源を入れると「OSが見つからない」と表示。 すでにOSは起動しませんでした。



本機体は少し古いタイプのデスクトップ。
中を開けると同じHDDが2つ搭載されていました。


HDD型番 Seagate ST3120026AS
まずは使用されていたRAID構成を調査。 「RAID0」で設定されていました。 2台のHDDでデータの高速化することを目的とした構成です。 「RAID0」の場合、データを2台に分散して保存する為、片方ずつではデータが見えません。
コンピュータ上に仮想のRAIDを構築します。

保存データは確認出来ましたが、破損ファイルも多い状態。修復を丁寧に行い、無事全てのデータ抽出に成功。保存用HDDにデータをコピー、ケースに収納し作業完了です。

BUFFALO LS-QVL/1D




急にネットワークから見られなくなったとのこと。 それぞれのHDDを確認するとドライブとしては認識されるも、全てのドライブが「フォーマットしますか?」と表示される状態です。



HDD型番 Seagate ST1000DM003
SeagateのDMシリーズはヘッド不良となることが多い機器です。



HDD型番 Seagate ST31000528AS
どちらのHDDもアクセスまでは可能。ヘッド交換は必要ありません。
本来はHDD1本のモデルを増設して2本で使用。単純にコピーしていたのか、RAIDしていたかは不明だそうです。 4台まで増設が可能なタイプで、お客様が1TBのHDDを1つ追加されたと思われます。
フォルダの構成が異なるため、別々の保存先になっていたと推測できました。 NASの復旧は不要とのこと、HDDからのデータの取り出しを実施。

データの復旧処理後、ファイルリストを提示。この内容で問題なし、とのことでした。 コピーしたHDDをケースに収納して復旧作業完了です。




BUFFALO LS-WX4.0TL/R1J




HDDが読み込めないとのことでお持込です。 HDDは2台構成。1台は状態が不明のエラー表示。1台は正常表示です。
正常の方はディスクドライブとして表示されましたが、使用領域などは表示されず、開こうとするとフォーマットを求められます

①HDD型番 Seagate ST2000DM001-1CH164 (状態:不明。137.4GBと表示) 回転はするが「ピーピー」と音がなった後回転しなくなり、認識もしません。 調査を行い、①はヘッド交換が必要と判断。

②HDD型番 Seagate ST2000DM001-1CH164 (状態:正常。2000GBと表示) 認識はしますが、「フォーマットしますか?」との表示が。 調査を行い、ソフト故障と判定。データが取得できました。
確認すると、復旧データ内には破損ファイルが多くある様子。 データとしてはかなり取れているとは思うが破損ファイルも4割程度あるように見えます。
お客様に相談の後、代替のHDDにデータをコピーして作業完了です。





 

機密保持契約書ダウンロード

「秘密保持契約書」が必要な方は、2部印刷して押印の上、持参・同封ください。

データ復旧見積り 来店予約で相談