【 データ復旧・起動しないパソコン修理の選び方 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 来店持込
アクセスマップ
パソコン修理見積フォーム


データ復旧業者に依頼するときの判定基準

適正とする価格の考え方は、それぞれの業者で異なります。データの重要度や緊急度によって、料金を決めようとするような業者も少なくありません。

他社で「重度の物理故障」と診断され高額見積もりになったのが、実際当社で作業すると軽度故障で、16.800円のみの請求になるといったケースが今までに何度もありました。

不信感があるなら後悔する前に比べてみるべきです。

金額比較

*家電量販店で購入した場合、保証期間内でもデータの保証は対象外です。依頼をしても実際の対応はメーカー作業となります。余計に時間と費用が掛るためおすすめいたしません。


見積りは業者によって大きく異なることが多いです。選択時のポイントをまとめました。


●回答を保留していたら金額が安くなった

見積りに根拠がないため値段が安くなることがあります。「いくらなら修理するか?」と確認された後「その金額範囲でやりましょう」となるケースは足下を見て価格を決めています。

弊社では一度、お知らせした金額を変更することはありません。値引きをさせていただくのは、当初の予想よりも時間がかかったり、当初の復旧データ量よりも少なくしか復旧できなかった場合などお客様にご迷惑をかけてしまった場合のみです。


●法人と個人用の問い合わせ窓口が別々

法人用で申込みした方が高くなることがあります。個人用フォームから再度、ご確認ください。


●復旧率が高い

復旧できそうな故障だけを対応すれば見掛け上の数字は高くなります。

故障の状態はさまざまです。データ復旧の作業は、ほとんどのデータが復旧できるか。もしくは、まったく復旧できないかのどちらかになるケースが多いです。


●見積書の内容が理解できない

専門用語を並べて意図的に何の故障なのか分かりにくくしていることがあります。データ復旧で行う作業はヘッド交換・基板交換・ROM交換・ソフト不良で95%以上が占められます。


●最新技術・豪華設備。広告が多い

ネットの広告「データ復旧」「データ復元」などのキーワードは1クリック500円~1,000円です。余分な広告費がかかっています。当社は広告宣伝費をかけておりません。HPを見て依頼されることがほとんどです。


●今すぐに復旧を開始しないと復旧率が下がる

何も作業していないのに「時間経過」でデータが消えたり、復旧確率が低くなることもありません。復旧率が下がるケースは、電源OFF,ONや分解作業を繰り返してデータの読み取りが悪くなったり、水没による腐食が進行する場合のみです。


●復旧できるデータリストの提示に難色を示す

復旧を依頼しても希望するデータが無ければ何の意味もありません。作業を行った後であればデータの復旧可否の判定はできています。本来、データリストの提示は不可欠です。

信頼性を求めるならPC・HDDメーカーを選択
技術力を求めるならデータ復旧会社を選択
価格重視なら弊社を選択ください