【 Type-Cコネクタ・ポート故障の修理 】

コネクタだけの単位で交換します

メーカーではType-C単体ではなく
マザーボード全体交換のため高額

最短即日修理に対応
*当日にできるかは来店後の状態確認後となります

Type-Cコネクタ交換


■Type-C故障の症状


・ぐらついている
・押さえていないと接続が切れる
・金具が破損してケーブルが挿せない
・入れても認識しない


■原因


・金具の変形・破損 80%
・接触部分金属の劣化 5%
・接点の汚れ 5%以下
・ドライバ不良・OS不良 5%以下
・コントローラチップ不良 5%以下

一時的にでも使いたい場合は、Typc-Cコネクタが故障したときの暫定対象方法をお試しください。
ぐらつきや内部の金属が破損している場合はコネクタ部分が破損しています。修理が必要な状態です。


■修理内容


メーカ修理の場合、手間と時間の掛かるType-Cコネクタのみでは修理はしません。マザーボード(メインボード)ごとの交換になるため高額となります。


交換後にも保証が付いていますので安心してご利用ください。


Type-Cの差込口の形はすべて同じです。ただし、基板側の部品(表から見えない部分)はパソコンのモデルによりすべて異なります。


Type-Cコネクタの部品。差込口の形状は同じ



取り付け金具や形状はパソコンごとに違います。
形状が違うと取り付けできません。

■即日修理・在庫ストック



Lenovo:ほぼすべてのモデル
DELL:一部モデル
HP:一部モデル
その他メーカー:モデルによる

速やかにType-Cコネクタの交換できるように在庫ストックが豊富です。Lenovo・DELL・HPなら最短で即日修理対応可能です。

在庫がない場合はコネクタを取り寄せて交換を実施します。Type-Cコネクタであれば修理は可能です。

Typc-Cコネクタ修理事例


経験を積み上げることで効率化されるため他店よりも安価に修理しております。

Type-Cコネクタ・ポートの修理費用・日数


20,000円~
10,000円~(他の個所と同時修理時)
*即日修理はLenovo・DELL・HPのモデルに対応
 在庫がない場合は3日~
*2つ以上、同時にType-Cコネクタが破損も修理できます。

即日Type-C修理の流れ


STEP1

STEP2

    来店・宅配便のどちらか希望を選択。ボタンを押して入力
    *持込での即日対応は14時までの来店

STEP3

    修理開始

STEP4

    修理完了のご報告
    来店時:現金・PayPay

    発送時:銀行振込・代引き
    法人後払い可能
調査費用
0
見積
0
修理不可
0

Type-C・ポート故障でよくある質問

Q : Type-Cだけの修理で確実に完了しますか?


A : Type-Cのショートからマザーボード内部に損傷があるケースは珍しくありません。実際にType-Cのコネクタは破損していても、Type-Cだけの交換で完了できるかは実際に作業しないと確定はできません。


Q : アダプタも交換できますか?


A : アダプタも曲がっているようなら予防のため交換した方が望ましいです。


Q : 即日で修理できますか?


A : Lenovoのほとんどモデル。DELL、HPは一部モデルのみ対応可能です。モデル名をお問い合わせください。
Type-Cには部品単品に型番が付加されていません。(液晶パネルやHDDなどその他のパソコン部品には型番が付いています)分解して使用されているDCジャック部品を確認しないと在庫状況が判断できません。 その他のメーカーは即日返却はできません。コネクタの形状はポート側(表面に見える側)はどれも形状は同じですが、内部(マザーボード基板側)の見えない部分はパソコンごとに部品が異なります。在庫があれば数日で修理できることも多いです。

 ⇒ 一般的なFAQ

アクセスマップ

来店持ち込みで2,000円OFF

持ち込み&引き取り割引2,000円
往復分の送料が不要となるので実質5,060円(関東圏の場合。往復送料+割引)もお得。

最短即日修理に対応
*当日にできるかは来店後の状態確認後となります

修理項目・メーカーから選択

パソコンお直し隊について