【Mac 動作が重い 原因、対処】

「Macが重い」原因と対処法

Macを使っていて動作が重いと感じる時はありませんか?

よくある原因と対処法をまとめたので、参考にしてみてください。

目次

「Macが重い」まず試すこと

Macを使っていると、動作や読み込み速度が重いと感じることはありませんか?思い当たることがいくつかあると思いますが、Macに慣れていないと見当もつかないかもしれません。そんな時に、まず試していただきたいことがあります。

再起動

まず試すこと1つ目は再起動です。そもそもMacは使わない時は電源を切らずにスリープモードにする運用が良いと言われています。しかし、動作が重いと感じた時は再起動が有効です。メモリ(RAM)が新たに起動し、バックグラウンドで動いているプロセスやアプリを削除してくれます。

不要なアプリ(システム)の終了

再起動をするだけでは終了しないアプリやシステムがあります。使っていないアプリ(システム)は終了するようにしましょう。以下の手順で、使用率が高いシステムを確認できます。
Finder>アプリケーション>ユーティリティ>アクティビティモニタ

内蔵ストレージの空き容量の確保

長年使っているとHDD(SSD)の空き容量が逼迫します。実はストレージの空き容量が少ないと、システムの使用速度に悪影響を及ぼすのです。MacOSの標準機能であるストレージ最適化をおこなったり、使っていないデータは外部ストレージに移管したり、ゴミ箱を空にしたりして、少しでも内部ストレージの空き容量を確保しましょう。

重い原因

OSの問題

MacOSが最新でないと、動作が重くなる可能性があります。重くなるだけではなく、セキュリティが脆弱になる心配もあります。以下の手順を実施し、「このMacは最新の状態です」と表示されるか確認してみてください。
画面左上のリンゴマーク>このMacについて>ソフトウェア・アップデート

設定

気づかないうちに余計な設定をオンにしているかもしれません。Dockのアニメーション効果や、不要な通知センター等です。特に影響を与える設定を後述しているのでご確認ください。

アプリの問題

OSと同様にアプリが最新でない可能性があります。App Storeもしくは、使用中のアプリの設定から新しいバージョンがリリースされていないか確認してみてください。

HDDの問題

先述した通り、HDDの空き容量不足の可能性があります。不要なファイルはゴミ箱に入れて、ゴミ箱を空にしましょう。

劣化

HDDは5年を経過したあたりから劣化していく性質があります。音がうるさい・書き込み読み込み速度が遅い等、少しでも異変を感じたら疑ってみましょう。劣化(寿命)について詳しくまとめた記事もご参考ください。

【関連URL】
 HDDは消耗品。HDDの寿命について

Macの動作が重い時の対処法

設定見直し

もし、以下の機能が重要でない場合はOFFにしてみてください。

  • ・Dockのアニメーション効果(視野効果)をOFF
  • ・TimeMachineをOFF
  • ・不要な通知センターをOFF
  • ・iCloudの同期をOFF
  • OS再インストール

    Macには再インストールとクリーンインストールの2種類があります。OSの再インストールは、保存されているデータやアプリのデータを引き継ぐことができます。時間はかかりますが、これによって不具合が解消される場合もあるので是非試してみてください。

    ハードの交換

    最悪の場合、データ(HDD・SSD)だけを取り除き、ハード(デバイス)を交換する方法があります。Macは発売から約8年で新OSのインストールができません。長く愛用されてる方には心苦しいかもしれませんが、選択肢の1つとして考えてみるのはどうでしょうか。

    まとめ

    以上、Macが重い時の原因と対処法でした。MacはWindowsに比べて長持ちしやすいと言われていますが、最終的には修理や買い替えを検討する時期なのかもしれません。

    よっぽどの使い方ではない限り、2年や3年でガタが来るわけでもないので、まずは対処法を試してみるのはいかがでしょうか。

    【関連URL】
     MacのHDD寿命をチェック方法
     外付けHDDのフォーマットAPFSとexFATどらがよい?


    パソコンお直し隊について