【 Tyep-Cコネクタ・ポート故障の修理 】

Tyep-Cが破損しても部品単位で交換可能

メーカーに相談するとマザーボード全体交換と診断されて、新しいパソコンが買えるような見積費用の場合はご依頼ください。変換コネクタを使う方法もあります。

■症状

・ぐらついている
・押さえていないと接続が切れる
・金具が破損してケーブルが挿せない
・入れても認識しない


■原因

・金具の変形・破損 80%
・接触部分金属の劣化 5%
・接点の汚れ 5%以下
・ドライバ不良・OS不良 5%以下
・コントローラチップ不良 5%以下

*アダプタやケーブル接続した状態から落下させた場合、衝撃でコネクタ部分が破損しています。修理が必要な状態です。


■故障しているかの切り分け方法


1.ポートのクリーニング
綿棒やティッシュなどでコネクタ部分をクリーニングしてください。

2.ケーブル交換や接続するパソコンを変更
別の機器がある場合。別のパソコンでは正常に動作するならモニタやケーブルは正常です。

3.コネクタ部分を押さえる
一瞬はデバイスが表示される場合は接触が悪くなっています。修理が必要。

4.デバイスやOS再インストール
ソフトウェアの問題で表示されないケース。


■暫定対処


●変換ケーブルを利用

USBポートが存在するなら、変換コネクタや変換ケーブルを使うことでTyep-Cは利用可能です。
(マザーボードやデバイス・OS不良でType-Cが動作しないケースは改善できません)


【おすすめの購入先】
  • Type-CをUSBに変換するコネクタ、ケーブルは多くの種類が販売されています。どの製品でも大きな違いはないためAmazonベーシックの商品を推奨します。海外製はお勧めしません。基本的に安価な製品が海外製です。聞いたことのないメーカーなのに、極端に高評価のレビュー数が多い場合、やらせレビューの可能性があるため避けてください)


●100円ショップの変換ケーブル

ケーブルの品質はどれも同じではありません。100円なら壊れても買い替えればいいという考え方は危険です。本体を故障させる可能性があります。一時的な利用に留めましょう。


100均ショップならどの店舗でも売っています

【関連URL】
 100円ショップのUSBケーブルの良くない影響(外部リンク)


■修理内容


●コネクタを交換
Type-Cの差込口の形はすべて同じです。ただし、基板側の部品(表から見えない部分)はパソコンのモデルによりすべて異なります。


Tyep-Cコネクタの部品。差込口の形状は同じ



取り付け金具や形状はパソコンごとに違います。形状が違うと取り付けできません。

Type-Cコネクタの部品はパソコンごとに異なります。適合するコネクタを取り寄せて交換を実施します。

*技術や経験がなくセルフで修理される方は自己責任でお願いします。失敗すると基板が破損して、結局、マザーボード全体交換になり兼ねない。
(失敗すると基板の内部に張り巡らされている配線を痛めることが多いです)
リスクが高いためお勧めしません。暫定対処で解説した変換コネクタを使用されることをお勧めします。


■Tyep-Cコネクタ・ポートの修理費用

5,500円~
*他の個所と同時修理時

【関連修理メニュー】
 マザーボード修理
 DCジャック交換修理

来店でのご依頼なら2,000円OFF

パソコン持ち込み&引き取りでの依頼で2,000円OFF。配送時は別途送料がかかります。

初期費用
0
見積
0
修理不可
0

Tyep-C・ポート故障でよくある質問

可能です。

即日返却はできません。コネクタの形状はポート側(表面に見える側)はどれも形状は同じですが、内部(マザーボード基板側)の見えない部分はパソコンごとに部品が異なります。すべてのTyep-Cコネクタの在庫がないためです。在庫があれば数日で修理できることも多いです。

 ⇒ 一般的なパソコン液晶修理のFAQ

依頼方法

パソコンお直し隊について