【 パソコン修理専門店のお直し隊 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 来店持込
パソコン修理見積フォーム
お直し隊TOP ≫ 修理ブログ ≫ データ復旧,外付けHDD

IODATA 外付けHDD認識しないデータ復旧

 

IO-DATA社製の外付けHDDの修理事例です。

 

IO-DATA HDPC-1.0KE

 

外付けHDDが認識されずアクセスできなくなったとのこと。

ケースのLEDランプは点滅しています。

 

HDDを取り出し接続してみましたが、やはり認識しません。

動作は正常です。

型番「HGST HCC541010A9E680」

データをscanしてみましたが、デバイスエラー表示され、認識できません。

 

読み取りヘッドの交換が必要と判断。同じ仕様のヘッドにて交換を実施。

イメージscan実施。順調にscanされてデータの取り出しが成功。

 

データ容量:19.7 GB
ファイル数: 51,644
フォルダー数: 5,968

 

ランダムにデータを確認して完了です。

 

 

IO-DATA HDCA-UT2.0K

 

外付けのHDD(I-O DATA HDCA-UT )を、いつも通りMacにつないだところ

「このディスクは、コンピューターで読み取れないディスクでした」との表示がされ、

やり直したり、First Aid等で対処しても、認識されなくなったため修理のご依頼を受けました。

 

「このディスクは、コンピューターで読み取れないディスクでした」と表示。

フォーマットするかというダイアログが表示されます。

 

一度DVDレコーダーに接続し、録画に使おうとして以来この状態になったということでした。

録画用にフォーマットされている可能性があります。

HDD型番「Seagate ST2000DM001」

seageteのDMシリーズはヘッド故障の多いモデルです。

 

今回は、スムーズにデータを取り出すことができました。

 

復旧データ:952GB ファイル数:2,828,294 フォルダ数:96,375

ランダムに開いてデータ確認OK。破損ファイルは見当たりません。

 

ケースに収納して完了です。

 

 

IO-DATA HDCA-U2.0CKB

 

調子の悪いHDDのデータを同じ機種の新品にコピーしたいが

度々落ちてしまい、作業委託できないかという依頼です。

 

HDDの認識などに反応が遅いが中のデータは確認できます。

しかし作業中にモータ異常、物理故障がみられたのでHDD復旧への流れとなりました。

 

データ復旧ST2000DM001

HDD型番「Seagate ST2000DM001」

 

イメージscanにて画像、テキスト、音楽などデータが認識できたのでデータを抽出します。

抽出したデータを確認したところ、12フォルダあるデータのうち2フォルダ分、抽出がされたのかされていないのか、

イメージはあるのに中身が空という状態でした。

 

再度抽出してみましたが結果は同じでした。

 

元々のパーティション構成

ローカルディスク(1.81TB):使用容量:464GB

復旧データ:294GB

 

復旧データ294GBをHDDにコピーし完了とさせていただきました。

 

 

IO-DATA HDPC-U320K

 

「ディスクの管理画面」には見当たりません表示される。と申告があり、データ復旧の依頼を受けました。

 

症状を確認すると外付けケースのままではマイコンピューターでは表示はしない状態です。

HDD単体だと「未割り当て」で認識があります。

 

img_0195a

HDD型番「TOSHIBA MK3259GSX」

 

img_0196

イメージscanを実施

HDDの認識、HDDのID読み取りスムーズ進むが、scan開始後、かなり速度は遅いです。

 

img_0197

イメージscan完了後、フォルダツリーが表示できませんでしたがデータとしては取り出しできました。

 

・復旧データ

・Files :1.34 GB
・Files. Archives :5.71 GB
・Files. Audio :211 GB
(ファイル数: 194、フォルダー数: 13)
・Files. Documents :3.00 GB
(ファイル数: 17、フォルダー数: 1)
・Files. Images :34.2 GB
(ファイル数: 3,244、フォルダー数: 7)
・Files. Video :10.2 GB
(ファイル数: 83、フォルダー数: 2)

 

動画、音楽 word等は、破損していると思われ、開くことはできないファイルが存在しています。

復旧済みデータの代替HDDを、2.5inchのHDDケースに入れて完了。

 

 

IO-DATA HDPC-UT500RB

お持込時の状態はUSBの差込口がグラグラしており、接続しても認識しない状態でした。

早速開封して中の状態を確認します。

中は2.5インチHDD。

USB差込口を確認すると基盤部分からインターフェイス部分が破損していました。

HDDを直接接続すると正常に認識。
中のデータも問題なし。

お客様にはHDDのデータが無事なことをお知らせし、

別ケースに収納してのご返却で修理継続の了承を頂きました。

 

2.5インチHDDケースに収納し作業完了です。

 

 

IO-DATA HDJ-U1.0

 

外付HDDが認識はしているが、中のデータが見れなくなった為、データ復旧の作業になります。

東京都台東区池之端からの依頼です。

 

HDD型番「SAMSUNG HD103SI」

 

データ復旧用ソフトにてイメージscanを実施。

イメージの中から、数多くのデータファイルの存在が確認でき、そのまま、データを抽出して以下のデータが復旧できました。

 

・復旧データ容量:695GB
ファイル数:59,293 フォルダー数:1,128

外付けHDDのため、全てがuserデータです。

ランダムにデータ開いても問題なく、破損ファイルも見当たりませんでした。

 


抽出したデータを、代替のHDDにコピー後、USBで接続できる2.5inchのHDDケースに収納して、完了としました。

 

 

IO-DATA HDCL-UT1.0WB

 

外付けHDDの電源が入らなくなり、データが読み出せないというご申告。

東京都品川区大崎からの持込の依頼です。

 

電源を入れても全く反応しない状態です。


HDD型番「Western Digital WD10EZRX-00L4HB0」

 

データ復旧PCで確認すると、ディスクの管理では認識されるが、explorerからのデータは全く表示されません。

管理で認識が出来る為、論理故障です。

イメージscanをすすめ、パーテションが3つに分かれており、それぞれにデータがあることが確認できました。

 

イメージからデータを抽出して、以下のデータが復旧完了。

 

・復旧データ容量:336GB
ファイル数:2,989,040 フォルダ数:259,306

Partition①:86.1GB
ファイル数:43,249 フォルダ数:866

Partition②:143GB
ファイル数:1,386,892 フォルダ数:128,998

Partition③:106GB
ファイル数:1,559,661 フォルダ数:129,439

 

ランダムに、画像、音楽、PDF、excel、wordファイルが開けることを確認できます。


抽出したデータを、代替のHDDにコピー後、USBで接続できる2.5inchのHDDケースに収納。完了としました。

 

 

IO-DATA HDCR-U2.0E

 

東京都新宿区のお客様です。

外付けHDDが認識しないとのことでお持ち込みされました。

 

状態を確認すると、接続しても電源入りません。

棚の上から落下させたそうで、本体カバーが破損しています。

HDDを取り出し、接続すると正常に認識し、中のデータも確認できます。

 

3.5インチHDDケースに収納し、動作チェックOKでした。

 

 

IO-DATA HDPX-UTA1.0K

 

東京都世田谷区のお客様です。

USB接続したままカバンに入れた所、端子が折れてしまいHDDが認識しなくなったとのこと。

 

状態を確認すると、コネクタが取れていました。

 

分解すると基盤から取れているだけで接着は可能でした。

補修にて正常動作確認できました。

 

HDD型番「TOSHIBA MQ01ABD100」

 

劣化音はありますがスムーズに認識します。

ランダムに、画像、excel、PDFが開ける事を確認。

 

作業完了です。

 

 

IO-DATA EC-PHU3W1

 

東京都中央区のお客様です。

ハードディスクにアクセスできないとのことでお持込されました。

 

端末に接続するとデバイスインストール始まりますが、失敗し認識しません。

少しカリカリと小さな音が聞こえます。

 

HDD型番「Seagate ST1000LM035」

中のHDD取り出しても認識しないので、復旧ツールで調査。

マウントしてRstudio、データを取り出せました。

復旧データ容量:621.34GB ファイル数:116,470 フォルダ数:9,608

ランダムに開いても問題なし。

 

データをコピーします。

コピーデータ:621 GB
ファイル数: 116,470、フォルダー数: 9,608

 

ランダムに、画像、動画、音声、excel、word、PDF、ファイルが開けることを確認。

2.5inchケース収納後、データ確認ok。

 

作業完了です。

 

IO-DATA HDCL-UT4.0KC

 

鹿児島県鹿児島市のお客様です。

 

端末に接続しても、データの確認が出来ない状態。

管理で見ると「不明」と表示されます。

HDD単体でチェック。

HDD型番「Western Digital WD40EZRZ-22GXCB0」

使用時間 : 25 時間
電源投入回数 : 97 回
状態 : 正常

HDD単体では正常に動作していました。

ケース不良と思われます。

 

データ取り出し。

元HDD:977GB

新しい3.5インチのHDDケースに収納。

ランダムにファイルが開けるか確認、データ復旧作業完了です。

 

 

 

IO-DATA EC-PHU3W1

 

東京都港区のお客様です。

外付けHDDに付いているケーブルが取れたとのこと。

本体USBケーブルコネクタが壊れて取れてしまっています。

 

HDD型番「TOSHIBA MQ01ABD100」

 

HDDケースを入れ替えます。

コピーした内容が開けるか確認。

作業完了です。

 

 

I-ODATA HDPC-UT1.0KB

 

 

鹿児島県鹿児島市のお客様です。

 

突然認識しなくなったとのこと。

LEDも点灯せず、内部HDDは回転していません。外付けケースの不良の可能性があります。

 

 

HDD型番「Seagate ST1000LM024」

HDD単体は正常、データも確認できました。

やはりケースの不良です。

新しいケースに入れ、別端末に接続。

USERデータ内、写真、書類等確認できました。

 

 

HDPC-AU750

 

 

兵庫県のお客様です。

 

症状:USBケーブルが変形あり、差し込めない。

HDDデータ復旧ご希望です。

 

ケースを外し外付けしたらデータを正常に確認できた為

2.5インチHDDケースの交換を実施しました。

 

 

pegetop

無料見積り 来店持込