【 パソコン修理専門店のお直し隊 】

TOP ≫ 修理ブログ ≫ HDDデータのみ取り出し,外付けHDD

IODATA 外付けHDD認識しないデータ復旧

 

IO-DATA社製の外付けHDDの修理事例です。

 

 

HDPC-1.0KE

 

ケースのLEDランプは点滅しています。

 

 

HDDを取り出し接続してみましたが、やはり認識しません。動作は正常です。

HDD型番 HGST HCC541010A9E680

 

 

データをscanしてみましたが、デバイスエラー表示され、認識できません。

読み取りヘッドの交換が必要と判断。同じ仕様のヘッドにて交換を実施。イメージscan実施。順調にscanされてデータの取り出しが成功。

 

データ容量:19.7 GBを確認して完了です。

 

 

 

HDCA-UT2.0K

 

Macにつないだところ「このディスクは、コンピューターで読み取れないディスクでした」との表示がされ、やり直したり、First Aid等で対処しても、認識されなくなったため修理のご依頼を受けました。

 

 

「このディスクは、コンピューターで読み取れないディスクでした」と表示。フォーマットするかというダイアログが表示されます。

 

 

一度DVDレコーダーに接続し、録画に使おうとして以来この状態になったということでした。録画用にフォーマットされている可能性があります。

 

 

HDD型番 Seagate ST2000DM001

 

seageteのDMシリーズはヘッド故障の多いモデルです。

 

今回は、スムーズにデータを取り出すことができました。

復旧データ:952GB ファイル数:2,828,294 フォルダ数:96,375ケースに収納して完了です。

 

 

 

HDCA-U2.0CKB

 

調子の悪いHDDのデータを同じ機種の新品にコピーしたいが度々落ちてしまい、作業委託できないかという依頼です。

 

HDDの認識などに反応が遅いが中のデータは確認できます。

しかし作業中にモータ異常、物理故障がみられたのでHDD復旧となりました。

 

データ復旧ST2000DM001

HDD型番 Seagate ST2000DM001

 

イメージscanにて画像、テキスト、音楽などデータが認識できたのでデータを抽出します。

 

 

復旧データ294GBをHDDにコピーし完了とさせていただきました。

 

 

 

HDPC-U320K

 

「ディスクの管理画面」には見当たりません表示される。と申告があり、データ復旧の依頼を受けました。

 

症状を確認すると外付けケースのままではマイコンピューターでは表示はしない状態です。HDD単体だと「未割り当て」で認識があります。

 

img_0195a

HDD型番 TOSHIBA MK3259GSX

 

 

img_0196

 

 

イメージscanを実施。HDDのID読み取りスムーズ進むが、かなり速度は遅いです。

img_0197

イメージscan完了後、フォルダツリーが表示できませんでしたがデータとしては取り出しできました。

 

復旧データ211GBを代替HDDを、2.5inchのHDDケースに入れて完了。

 

 

 

HDPC-UT500RB

USBの差込口がグラグラしており、接続しても認識しない状態です。

 

 

USB差込口を確認すると基盤部分からインターフェイス部分が破損していました。

HDDを直接接続すると正常に認識。中のデータも問題なし。

 

 

 

別ケースに収納してのご返却で修理継続の了承を頂きました。

 

 

 

HDJ-U1.0

 

認識はしているが、中のデータが見れません。

 

 

HDD型番 SAMSUNG HD103SI

 

 

データ復旧用ソフトにてイメージscanを実施。イメージの中から、数多くのデータファイルの存在が確認でき、そのまま、データを抽出して以下のデータが復旧できました。

 

復旧データ容量:695GB抽出したデータを、代替のHDDにコピーしました。

 

 

 

HDCL-UT1.0WB

 

電源を入れても全く反応しない状態です。

 

 


HDD型番 WD WD10EZRX-00L4HB0

 

ディスクの管理では認識されるが、explorerからのデータは全く表示されません。

管理で認識が出来る為、論理故障です。イメージscanをすすめ、パーテションが3つに分かれており、それぞれにデータがあることが確認できました。

 

イメージからデータを抽出して、以下のデータが復旧完了。

 

復旧データ容量:336GB抽出したデータを、代替のHDDにコピーしました。
Partition①:86.1GB
Partition②:143GB
Partition③:106GB

 

 

 

HDCR-U2.0E

 

接続しても電源入りません。

 

 

棚の上から落下させたそうで、本体カバーに隙間があります。

 

 

 

HDDを取り出し、接続すると正常に認識。3.5インチHDDケースに収納し、動作チェックOKでした。

 

 

 

 

HDPX-UTA1.0K

 

USB接続したままカバンに入れた所、端子が折れてしまいHDDが認識しなくなったとのこと。

 

 

 

コネクタが取れています。

 

 

分解すると基盤から取れているだけで接着は可能でした。補修にて正常動作確認できました。

HDD型番 TOSHIBA MQ01ABD100

 

 

 

劣化音はありますがスムーズに認識します。ランダムに、画像、excel、PDFが開ける事を確認。

 

 

 

EC-PHU3W1

 

ハードディスクにアクセスできないとのことでお持込されました。

 

 

デバイスインストール始まりますが、失敗し認識しません。少しカリカリと小さな音が聞こえます。

HDD型番 Seagate ST1000LM035

 

 

復旧ツールにてデータを取り出せました。復旧データ容量:621.34GB ファイル数:116,470 フォルダ数:9,608

 

 

 

 

HDCL-UT4.0KC

 

管理で見ると「不明」と表示されます。

 

 

HDD型番 WD WD40EZRZ-22GXCB0

 

 

HDD単体では正常に動作していました。ケース不良と思われます。

 

データ977GB。データ復旧作業完了です。

 

 

 

EC-PHU3W1

 

本体USBケーブルコネクタが壊れて取れてしまっています。

 

 

HDD型番 TOSHIBA MQ01ABD100

 

 

HDDケースを入れ替えます。コピーした内容が開けるか確認。作業完了です。

 

 

 

HDPC-UT1.0KB

 

LEDも点灯せず、内部HDDは回転していません。外付けケースの不良の可能性があります。

 

 

HDD型番 Seagate ST1000LM024

 

 

HDD単体は正常、データも確認できました。やはりケースの不良です。

 

 

 

HDPC-AU750

 

USBケーブルが変形あり、差し込めません。

 

ケースを外し外付けしたらデータを正常に確認できました。2.5インチHDDケースの交換を実施しました。

 

 

 

HDCL-UTE1K

 

外付けHDDがエラー表示され開けないと申告されました。

 

HDD 型番 WD WD40EZRZ-22GXCB

 

 

状態を確認すると、「フォーマットしますか?」と表示され、エラー表示になります。

回転正常で認識はされますが、中身が見えず、HDD内部の不良と思われます。

 

元HDDは1TBで、データーをコピーします。約850GBコピー完了、画像も破損なく正常です。

 

 

 

HDCA-U2.0CW

 

確認するとスムーズに回転し、ハードとして認識されますが何も表示されません。

 

 

HDD型番 Seagate ST2000VM003

 

 

エラーのためコピーができず、ツールを使用してでチェックします。スキャンの結果、全てのフォルダが表示されるが、全て「x」マーク表示。

 

 

テストでwデータを書き出しすると、全て正しく書き出せており、動画も見えます。「x」マーク理由は不明ですが、書き出しします。

 

コピーされた容量を見ると全体で317GB。破損ファイル多く、不良になっている領域(セクタ)が多い状況ですが、復旧ができる状態まで回復できました。

 

 

 

HDPC-UT500K

 

外付けHDDのUSBケーブルのコネクタ部分が接触不良で、認識されない時もあり、データー取出し希望です。

 

コネクターの接触不良でケーブルを触ったままだと作動するが、放すと断線しました。

 

元のHDDケースから本体を取出し、ケースに収納します。データの確認も問題なく、作業完了です。