【 パソコン修理、データ復旧専門店のお直し隊 】

TOP ≫ 修理ブログ ≫ Apple,マザーボードのチップ修理

Apple MacBookAir ロジックボード修理

 

AppleのMacbookAirの起動しなくなる症状は多いです。

AppleStoreの高額見積もりに驚いてご依頼いただくことが多いです。

 

 

 

MacBookAir A1304

 

DSC00001_meitu_1

アダプタのLEDランプが点灯しない、電源ONしても駆動音もありません、電源が入らない、画面も真っ暗です。

 

まず電源の周りをチェック。アダプターなど異常がありません。次にマザーボートを確認します。

DSC00005_meitu_3

マザーボートのヒューズの故障を確認しました。

 

 

DSC00006_meitu_4

 

 

ヒューズ交換にて正常起動を確認。

DSC00003_meitu_2

 

 

MacBookAir A1304 MC233J/A 2009

 

DSC00024_meitu_1

起動音の「ジャーン」「ジャーン」が繰り返し鳴り続けます。

 

電源回りは異常がありませんでした。North bridge チップの故障を確認。

DSC00029_meitu_4

 

North bridgeチップを交換にて正常起動しています。

DSC00027_meitu_2

 

 

 

MacBookAir A1466 2013

 

電源を入れた直後から、ピッピッというビープ音が繰り返し鳴り、起動はしません。

 

電源が入らなくなる、よくあるマザー不良のため、マザーボード基盤の、マザー電子回路チップを交換実施。

 

電源が入るようになり、ログオン画面まで確認できるようになりました。

パスワードが掛かっているため、ログイン後の詳細なテストができない為、パスワードを確認させて戴き、ログイン後の各デバイスのテストと、長時間負荷をかけて起動テストを実施しました。

 

テストに問題無く、電源投入後も正常に起動できることが確認できて、マザー補修修理を完了としました。

 

 

 

MacBookAir A1466 2012

 

電源が入らないとのことでお持ち込みいただきました。Appleにて診断したところ、ロジックボードの故障と言われたとのこと。

 

マザー電子回路修理後、ログオン画面まで起動OK。

 

また、元バッテリーが水没しており、使用すると、0%表示で充電中のまま変化せず、アダプタを抜くと電源が落ちてしまいます。ネジの箇所も欠損していました。バッテリー交換を実施。

 

 

更に、元から左側のUSB差込口の金具が変形しており、させない状態でした。こちらも補修し、USBマウスでの動作も可能になりました。

 

MacbookAir A1466 2013

 

長時間の連続使用中、突然、電源が切れ起動しないとのこと。電源ボタン押しても反応なく、アダプタ替えても電源が入りません。

 

 

マザーボードの修理によって正常起動するようになりました。

 

 

 

MacBookAir A1369 2011

 

ファンは回るが、電源ボタンを押しても起動せず、画面が暗いまま。よくある故障です。

 

マザーボードの修理によって、正常に動作することを確認。作業完了です。

 

 

 

Macbook Air A1369 2011

 

ビープ音(警告音)が鳴り、起動しなくなってしまったとのこと。マザーボード不良の可能性が高いです。

 

マザー補修テンプレートを使用し、マザー電子回路の修理を行いました。

 

 

 

MacBookAir A1370 2011

 

規則的な音が一回だけなって、画面は真っ暗なまま。また、キーボードがバッテリーのふくらみで圧迫されている状態。バッテリー交換をご希望です。

 

 

横から見るとキーボードが盛り上がり、閉じられない状態です。

 

 

カバーを開けると圧迫されていたバッテリーが解放されました。

 

バッテリーを交換すると、押さえつけられていたキーボードもすべて使えます。

 

バッテリー交換後は盛り上がりは解消、普通に閉まるようになり作業完了です。