【 AndroidOSバージョン別の暗号化方式 】

Androidの暗号化とは

Androidのデータは作成されるたびに自動的に暗号化されます。読み取りされるごとに呼び出し→復号化の処理がされています。
暗号化方法にはファイルベース暗号化とフルディスク暗号化が存在します。


暗号化はいつから?

GoogleはAndroid 6.0以降、スマホメーカーに本体の暗号化を実施するように要請しました。
出荷時にはAndroid5のスマホをAndroid6.0にアップデートしても暗号化は行われません。(設定を変更して暗号化することは可能)

Androidスマホが暗号化されたことのメリット・デメリット

メリット

・紛失・盗難時にデータ漏洩を防止
 不正アクセス時には初期化プログラムが自動で動作してデータは消えます。

デメリット

・バージョンによってデータ復旧は不可能
・動作が遅くなる

データ復旧が不可能になる理由

スマホ本体が故障してしまうと、データは暗号化されているためデータが取り出せない事態に陥ります。

暗号化されたデータが収納されているスマホ内の記憶チップにアクセスしようとすると(ルート権限を取得を試すと)暗号化プログラムの中で、データを消去されるようにプログラムが設定されているためです。

【関連URL】
 Androidスマホデータ復旧ソフト
 世界のAndroidバージョンシェア

AndroidOSバージョン別の暗号化方式

 Androidバージョン確認方法

AndroidOS
バージョン
暗号化方式データ復旧事例
4.0~4.4フルディスク暗号化可能 GALAXY NEXUS
GALAXY S4
GALAXY S5
GALAXY S III
Galaxy A3
Samsung A300F
5フルディスク暗号化可能 Galaxy S6
ZenFone 2 Laser
Sony Xperia Z5
Galaxy S6 Edge
6フルディスク暗号化可能
電源が入る場合のみ
7ファイルベース暗号化
フルディスク暗号化
不可能
8ファイルベース暗号化
フルディスク暗号化
不可能
9ファイルベース暗号化
フルディスク暗号化
Adoptable Storage
メタデータ暗号化
不可能
10ファイルベース暗号化不可能
11ファイルベース暗号化不可能
12ファイルベース暗号化不可能

依頼方法

パソコンお直し隊について