【 パソコン修理専門店のお直し隊 】

TOP ≫ 修理ブログ ≫ マザーボード修理

東芝 AX、TXシリーズ マザーボード修理

 

東芝のTX、AXシリーズはマザーボード故障は多いです。

原因はグラフィックチップやプロードライザのチップが故障します。
症状は画面に筋が入る。電源が入るが画面が真っ暗になるのが典型例です。

チップのリフロー(取り外し・再接合)やチップ交換で修理は可能ですが
しばらくすると再発するリスクがあります。

以前は修理しておりましたが現在、修理は承っておりません。ご了承下さい。

 

東芝AX,TXシリーズを中心にTX/67L TX/66/L TX/77M TX/67C TX/65Dなどの修理事例をまとめました。

 

 

AX/55E

 

症状はOS立ち上がらず、リカバリでの修復もできない状態でした。

HDDの故障ような症状に見えるがチップの故障で動作しなくなることがあります。

 

リカバリの処理を行ってみないと分からないことも多いのです。OSの問題ではない、ほとんどはマザーボード側のチップの問題です。

 

 

マザーボードの交換をせず、チップ単位の修理で完了です。

 

 

 

AX52/D

 

起動すると画面がおかしくなってフリーズします。画面の表示に縦線が入っています。何十回か電源を入れ直すと起動するときもありセーフモードでは問題なく起動出来ます。よくある症状のひとつです。

 

 

 

マザーボードの交換をせず、チップ単位の修理で完了です。

 

 

 

AX/840LS

 

FANだけ回って画面には何も映りません。

 

 

 

こちらもチップ単位の修理で完了です。

 

 

 

TX/860LS

 

電源が急に落ちて再起動してしまうという症状。BIOSの状態でおいておくと、電源は落ちないで正常に動作しています。

BIOSの状態だとOSが読み込まれないため最小限のデバイスしか動作していないため電源は落ちません。

 

チップの貼り直しで修理完了。

 

 

 

 

 

TX65DB

 

起動時、緑色のアルファベットや数字の羅列がザーと現われて画面が砂嵐になります。

何回か起動しなおすと普通に使えたりもします。ランダムに電源が落ちたり砂嵐になります。グラフィックチップ故障の症状です。

 

 

マザーボードの交換をせず、チップ単位の修理で完了です。

 

 

TX67LWH

 

コーヒーをこぼして起動しない症状です。1~2ヶ月動いていたが急に電源が入らなくなり、充電もできないようになってしまった。

 

分解すると水没跡が確認できます。

 

マザーボードの交換をせず、チップ単位の修理で完了です。