【 パソコン修理専門店のお直し隊 】

TOP ≫ 修理ブログ ≫ HDDデータ復旧

Apple MacBookAir・ProからSSDのデータ取り出し

 

起動しないmacからデータの救出ができたAppleのMackBookAirとProの事例をまとめました。

 

 

MacBookAir A1466 2015

 

キーボードに水をかけ、電源が入らないとのこと。

 

 

データ取り出しのみご希望。水没の跡は残っていません。

 

SSDも正常。型番 Samsung MZ-JPV256S/0A2

 

 

スムーズに認識され、SSDは正常。

 

パスワードが掛っています。おしえていただきコピーをしてHDDデータ取り出し作業終了です。

 

 

MacBookAir A1465 2012

 

水没により電源が入らず。

 

SSDを取り出し、データ復旧用PCでチェック。

 

 

SSD型番 SAMSUNG MZ-EPC2560/0A2

 

 

取り出したデータは、Macとwindows の両方で使用したいとのご要望。

「exFAT」フォーマットに変換して、代替のHDDにデータを収納。

 

取り出したお客様のデータ168.6GB

 

 

 

MacBookAir A1370 2011

 

起動時の進行パラメーターが60%程で電源が落ちてしまいます。

 

SSDとバッテリを外して外部OSでも同様。マザーボードの不良です。

 

お客様のデータ35.32GB。HDDデータ取り出し作業終了です。

 

 

 

MacBookPro A1278 2008

 

電源を入れると、ログインはできますが、その後フリーズして操作不能に。

 

OSまたはHDDの故障が原因。お客様希望により、本体修理不要で、HDD取り出しのみとなりました。

 

 

データはそのままMacで使用されるため、そのままのフォーマットで取出し完了です。

 

 

MacBookPro A1278 2010

 

キーボード上に水を零してしまい、電源が入らなくなったとのことでお預かりしました。

 

PC修理の希望がありましたが、開封して確認したところ、ロジックボードへの水分の進入が多すぎて補修では直せない状態でした。

 

HDDのみ取り出しのご依頼となりました。取り出したHDDは、代替セクターは発生しておりましたが、未だ少なく正常にデータは読み込むことができました。

 

 

 

MacBook Pro A1278 2011

 

電源が入らず、充電もできないのでHDD取出しを御希望とのこと。

 

HDD取り出し接続すると、認識はするがPWが掛かっています。

 

 

bootcamp構成でした。

 

windowsフォルダにご希望のファイルを含め、合計5.26Gのデータを確認させていただきました。

 

MacBook Pro A1278 2012

 

電源が入らないとのことでお預かりしたPCです。

 

水没が激しく、補修ができない状態だったため、データのみ取り出しのご依頼となりました。

 

取り出したHDDは正常にデータが読み込める状態だったので、外付け用のケースへ収納。

 

 

 

MacBook Pro A1502 2013

 


炭酸水をこぼして電源が入らなくなったとのこと。電源は入るものの、画面に何も表示されません。

 

 

マザーボードへの水分の進入が多すぎて補修では直せない状態。SSDのデータを取り出して欲しいと、データ取り出しの作業です。

 

 

SSD型番 SanDisk SD6PQ4M-256G-1021H

 

 

取出したSSDのデータを抜き出します。ほぼ全てのデータを取り出すことが完了出来ました。

 

 

 

MacBook Pro A1708 2016

 

容量ギリギリまで使っていて、再起動かけましたらパソコンが立ち上がらなくなってしまった。

 

今回は修理では無くデータ取出をご希望されました。

 

電源入って外部OSでログイン可能ですので外部OSからデータコピー致します。コピー完了後ケースに収納して完了となりました。

 

 

 

 

MacBook Pro A1286 2010

 

水没により起動できない申告で依頼。

 

 

当該機種は、修理依頼が多い機種ですが修理しても故障が再発することが多い機種です。

 

HDDデータの取り出しでご依頼。記録されているファイルが開けることを確認しました。

 

 

Macbook A1181

バッテリーが膨張して起動不可のパソコンからHDDを取り出し