【 パソコン修理専門店のお直し隊 】

TOP ≫ 修理ブログ ≫ HDDデータ復旧

外付けHDD認識しないデータ復旧、データ取り出し失敗事例

 

外付けHDDのデータ復旧が失敗または、復旧のキャンセル事例です。

 

 

IODATA HDH-U250S

 

電源を入れるとモーターが回転して「かちんかちん」の異音後、モーターは止まり認識もできない状態でした。

 

 

01-1

HDD型番 WD WD2500BB-55GUC0

 

再試行を何度かしても、モータの回転に波があります。認識もできない状態です。

 

物理損傷のある、HDDのためHDDを開封してヘッドを交換する等の対応が必要と判断。

 

開封後、状態を確認しましたがディスク上には傷(スクラッチ)が残っている状態でした。

01-2

念のためヘッドを交換する等、複数の方法で修復を行いましたがデータが読み取れるまでには至らず、データ復旧は不可とのご報告をせざるを得ない状況となりました。

 

 

 

Logitec LHD-ENA020U2W

 

故障の経緯としては、元々のケーブルを紛失してしまい、似たようなケーブルで繋げたところ電源が入らなくなったとのこと。

 

 

ケーブルを変えてもモーターの駆動音も無く一切の動作がありません。

HDD型番 WD WDWD20EZRZ

 

 

確認のため、元のケースに正常なHDDを接続させるとLEDランプも点灯します。元のケース、USBケーブル、電源ケーブルは正常という判断ができます。

別のHDDを付けるとランプは点灯。

 

お客様が違うケーブルを差したタイミングで過電流が発生してHDD基盤チップのどこかが破損した故障と判断できます。

 

基板にはショートした跡は目視では見つかりません。

お客様にはHDDのデータを取り出すにはPCB基盤の交換作業が必要な旨をご報告すると予算超過のためキャンセルとなりました。

 

 

外付け1TB HDD

 

HDDのみお持ち込み。

 

外付けHDDを誤ってフォーマットしかけてから、PCに接続しても「フォーマットしますか?」の表示が出てデータが見れなくなっています。

 

 


データ復旧PCに接続すると、モーターは異音がなく正常に回転。

 

復旧ソフトでイメージscanを実施したが、確認できるのはRAWファイルのみ。

 

別の復旧ソフトを使用しても同様でした。完全に上書きフォーマットされている状況と判定。

 

単純なフォーマットであれば復旧が可能ですが、上書き形式のフォーマットだと復旧はHDDの構造上できません。データ復旧はできない形でご返却となりました。

 

 

BUFFALO HD-PCT1TU3-BC

 

パソコンにつないでも認識しない、との申告です。

 

HDD型番 SAMSUNG ST1000LM024 HN-M101MBB/JP3

 

 

HDDのモータは回転していますが、認識がされない状態で、微少な異音がします。この状態では、ヘッドの初期動作も開始されません。

 

本来はヘッドが最初に全体を読み込んでHDD自体を認識させますが、この処理ができないとHDDは接続機器に認識されません。

 

お客様に相談したところ、修理キャンセルでご返却となりました。

 

 

 

WD ELEMENTS SE 500GB

 

認識されるものの、「フォーマットしますか」と表示されて、ディスク管理ではフォーマット形式が「RAW」で表示。

 

 

HDDをチェックすると重度の障害です。

HDD型番 WD WD5000KMVV

 

お客様には簡易のデータ復旧ができないことをご連絡するとご返却をご希望されました。

 

復旧は行わず、弊店の中古PCをご購入いただき、こちらのHDDは同梱にてご返却となりました。