【 HDD構造 部品の役割と内蔵部品の製造メーカー 】

HDD構造



①スピンドルモーター

HDDの円盤を回転

②プラッター

データを記録する部品。プラッターの表面に塗られた磁性体を変化させることでデータを保存

③ボイスコイルモーター

磁気ヘッドが正確に動作するための位置決めを制御

④スイングアーム

磁気ヘッドを搭載するプレート

⑤磁気ヘッド

プラッタ上に保存された各種データ(磁気情報)を読み書きするのに使用する重要な部品

⑥ランプ

回転していないときにヘッドに傷が付かないように収納用スペース

⑦アクチュエーター

磁気ヘッドやスイングアームを制御

⑧ネオジム磁石

磁石(フレミングの左手の原理)でスイングアームを制御させます。制御された位置で磁気ヘッドがプラッターを読み込み

⑨インターフェイスコネクタ

データ通信用の配線

フィルター

隙間から入る埃を除去。(HDDは温度による気圧変化に対応するため隙間が作られています)

⑪電源コネクタ

HDDを駆動させる電源を供給


【関連URL】
 HDDの年式別プラッタ枚数とヘッド数
 HDDの寿命とは

HDDがどこに入っているか


HDDの方式


CSS方式

ヘッドの定位置がディスク面の上 HDDが停止するとヘッドとディスクは接触する。 回転停止時の衝撃が原因でディスク面を傷つけることがある 無理に起動させるとプラッターの磁性体剥離やヘッド損傷の原因になります。

ランプロード方式

ヘッドの定位置が独立した場所。 HDDが停止するとヘッドは移動します。 専用の場所のためヘッドとディスクは接触しません。 回転停止時の衝撃が原因でディスク面を傷つけることはない。 CSS方式と比べてディスク面とヘッドが接触する可能性がなくなり安全性が高まっています。現在、発売されているHDDはすべてランプロード方式です。

HDD内蔵部品の製造メーカー



STEP1 ブランク材

ドーナッツ形状の素材

STEP2 サブ基板

メッキ加工後に鏡面を研磨したもの。表面素材にはアルミとガラスの2種類がある。一般的にノートパソコンのHDDはガラス。デスクトップ用のHDDにはアルミが使用

STEP3 メディア

保護膜を付けて研磨。プラッタや磁気ディスクとも呼ばれる


投稿フォーム


コメントがありましたらお気軽に入力ください。

パソコンお直し隊について