【 Lenovoのパソコンを初期状態(OSインストールやリカバリ)にする方法 】

Lenovo リカバリ・OSインストール手順(Windows10の場合)


・OSが起動できない場合(HDDから)
 1.電源ONにて「F11」キーを連打
 2.「続行」→「トラブルシューティング」→「このPCを初期状態に戻す」より希望を選択して開始

・OSが起動できない場合(リカバリ用USBを作成)
 1.Lenovoアカウントの作成
 2.本体のシリアル番号を入力してUSBメモリにダウンロード
 3.作成したUSBメモリを挿した状態で電源ONにて「F12」キーを連打  4.USBメモリから起動を選択して開始

・OS起動できる場合
 1.メニューバー(「windowsキー)」→ 設定を選択
 2.「更新とセキュリティ」→「回復」→「開始する」で開始

・リカバリ失敗する場合
 Lenovoからリカバリーメディア購入


この手順でリカバリできない場合やリカバリ・OSインストールの操作画面を確認したい場合は、以下の手順でお試しください。


目次


Windows10 HDDからインストール

HDD・SSD内のデータにリカバリ領域が残っている場合の手順です。HDD・SSDが物理的に故障してリカバリ領域にアクセスできない場合、イントールが失敗することがあります。USBやDVDを入手してください。


1.電源ONを直後に「F11」キーを連打

*表示されない場合は一度電源をOFF。再度、電源ON直後から「F11」キーを連打してやり直し


2.「オプション選択」画面から「トラブルシューティング」を選択


3.「トラブルシューティング」画面から「このPCを初期状態に戻す」を選択


4.「このPCを初期状態に戻す」画面から「すべて削除する」を選択
(データをバックアップしていなければ「個人用ファイルを保持する」を選択)


5.「このPCを初期状態に戻す」画面から「ローカルインストール」を選択


6.「ファイル削除のみ」を選択
(「ドライブを完全にクリーンアップする」は数時間かかります)


7.「初期状態に戻す」を選択


8.OSリカバリ完了。初期セットアップ画面になります。必要な項目のみチェックを入れてください。


Windows10 USBからインストール(DDRS)

リカバリ用のUSBの作成とOSインストールの2つのステップに分かれます。
*作業にはUSBメモリ(16GB以上。からの状態)と正常に動作するパソコンが別途必要です。

■リカバリ用のUSBの作成

Lenovoの公式HPより、必要なファイルをダウンロードして、Lenovoリカバリー用のUSBメモリメディアを作成することが可能です。(正式名称はDDRS「デジタル・ダウンロード・リカバリー・サービス」)

1.アカウントの作成

https://support.lenovo.com/pa/ja/solutions/ht103653

2.パソコン本体のシールラベルに書いていあるシリアル番号を入力

バッテリーを外した場所にラベルがあるモデルもあります。https://pcsupport.lenovo.com/pa/ja/lenovorecovery

3.ダウンロードを選択して情報を入力

4.右にある「ダウンロード」をクリック。

5.USBメモリにリカバリ領域を作成

6.ダウンロードしたツールをクリック

■OSインストール

1.作成完了したUSBメモリを挿した状態で電源ON。「F12」キーを押す

2.USBメモリから起動を選択

3.完了後、USBメモリは保管しておいてください。


OS初期化・リカバリが失敗する場合

失敗する原因は、HDDやSSDの故障。もしくはリカバリ領域の故障どちらかのケースです。
その他のエラーメッセージの場合
モデルが新しければメーカーから購入が可能です。もしくは別のパソコンでUSBが作成できない場合も購入が必要になります。機種(マシンタイプ - モデル)とシリアル番号を知らせる必要があります。モデルが古くなるとメーカーでの販売は中止されます。


リカバリーメディア購入のお申し込み


購入ができない場合などは、弊社では修理可能です。お問い合わせください。