【 10秒でわかる BIOSのCMOS電池交換方法 】

動画で解説 CMOS電池交換する方法

目次

CMOSが劣化すると


CR2032の電池の場合、初期値は3Vです。年数経過とともに電圧が低下していきます。 劣化が進むと、起動時に「CMOS Battery Failure. Press F2 to Enter BIOS Setup」などのエラーメッセージが表示されます。(スキップで起動できることも多い)

ノートパソコンのCMOS


BIOSはWindowsOSには必須の機能ですがノートパソコンの場合、ボタン電池でなくパッケージされたボタン電池になっていることがあります。デスクトップ用のCMOS電池と違い、一般には市販されていません。

もしくは15.6インチ未満の小さいサイズの場合、収納スペースを節約するためにCMOSが電池タイプではなく、チップタイプになっていることがあります。このケースは基板上に直接接続されているため交換するには修理を依頼となります。

CMOS電池交換する手順


1. CMOS電池を購入


デスクトップパソコンならCR2032が使われていることが多いです。


2. 電源を完全に切断する


電源BOXから延びるケーブルを外してください。ノートパソコンの場合はバッテリーを取り外し


3. CMOS電池を取り外す


ソケットの爪を外側に倒します。ボタン電池が浮いてから取り外し。


4. 新しい電池を取り付ける


印字のある方が表になるように取り付け。押し込んでカッチとなればOK


5. 電源ON


日付設定のエラーが表示されることが多いです。一度、電池が取り外されたため時刻設定がOFFになるためです。
*メッセージの内容はモデルによってことなります。


6.日付を再設定後、再起動

正常に起動できるか確認してください。BEEP音などで起動しない場合はBEEP音の事例一覧からエラー内容を確認してください。


【関連URL】
 BIOSの起動方法