【 HDD・パソコンの耐用年数 】

5年以上で黄色信号

HDDの寿命は平均すると5年程度です。

5年から故障が増加して10年以上だと急激に故障が多くなります。

10年経過しているHDDであれば、いつ故障してもおかしくない状態です。


なぜ壊れるのか?

どんな製品でもコスト競争が発生して低価格化が進行すると品質が犠牲になります。

HDDのような技術革新が早い製品ほど、昔と比較して壊れやすくなる傾向があります。

昔のイメージで製品を使い続けることは危険です。

HDDが故障するイメージを持ったことがなくても5年以上経過したら消耗品と割り切って買い換えてください。

劣化しているHDDの見分け方

HDDのようにパソコン内部に入っている部品の場合、劣化を見分けるのは困難です。

微かな異音や動作速度が低下などを手掛りとしてください。


・HDDの製造年式

HDD部品の製品ラベルに製造日次の記載があります。製造から5年以上経過しているなら交換が推奨です。


・異音

以前と比べてパソコンの内部からカリカリと音がしているならHDDが劣化しています。

⇒ HDDからの異音の一覧


・SMARTエラー

SMARTエラーが出たらHDDの劣化がはっきりとした状態です。早急な対応が必要となります。

「 SMART 」とはハードディスクの故障を検知する機能です。

SMARTエラーメッセージ例
・ SMART error
・ SMART機能でエラーが検出されました
・ SMART Hard Drive Detects Imminent Failure
・ S.M.A.R.T Failure Predicted on Hard Disk WARNING: Immediately back-up your data and replace your hard disk drive.A failure may be imminent.

チェックツール(フリーウェア)を使って寿命を予測することも可能です。
世界のSMARTエラー調査のフリーソフト一覧


・パソコンの発売時期

OSがWindows8なら確実に5年は経過しています。またHDDのサイズが500G以下のパソコンなら製造から10年が経過しているため危険です。


・HDDの累計使用時間

100,000時間が交換推奨の目安です。HDDの検査ツールCrystalDiskInfoにて確認ができます。


・動作が遅い

大きいサイズのファイルコピーが以前と比べて遅くなった。または突然、再起動するならHDDが劣化している可能性があります。不要なソフトを削除することで、動作を軽くしてみるのも一つです。


・故障が多い特定のHDDメーカー・モデル

一部のメーカーや特定モデルで故障が多いタイプのHDDが存在します。⇒ 故障が多いSeagateのHDD


まとめ

HDDの使用年数が5年経過したからといって必ず故障するとは限りません。使用頻度や環境、製造時の精度などで寿命は大幅に前後します。

しかし、特に異音や調子が悪くなくとも、HDDは突然故障する可能性が年数が経過するほど高くなります。予測することは困難です。データが失われる可能性があります。早めの対策を行ってください。

依頼方法