【 HDDの寿命は5年が目安 耐用年数は使用時間と環境で変動 】

HDD(ハードディスク)が壊れてしまうと数日は、直したり買い替えるために仕事が止まってしまうのは困ります。急な出費も避けたい。

HDDは消耗品と考えてください。パソコンで使われているパーツは故障しても取り換えできますがHDDのデータは元に戻りません。

寿命が来て突然の故障で慌てる前に買い替えたいやバックアップが必要です。どんな行為で寿命が長くなるのか、短くなるのかを解説します。

HDDの寿命は5年経過で黄色信号

5年以降から故障が増加
10年経過で急激に故障が増える

目次

5年以上で黄色信号


HDDの寿命は平均すると5年程度です。



10年経過しているHDDであれば、いつ故障してもおかしくない状態です。



HDD故障のバスタブ曲線です。使用開始から半年以内の初期故障期間が過ぎる1-5年は安定することが多いです。5年から故障が増え始めて10年が経過すると急激に故障が増えます。

【関連URL】
 バスタブ曲線


アメリカのオンラインストレージ企業Backblaze社が公開しているHDD故障率データでもHDDにエラーが発生する確率が高まるのは3年目以降の調査結果があります。



【関連URL】
 HDDの寿命は?


HDD製造メーカーでトップシェアを誇るWestern Digital社の見解でも5年が推奨となっています。




【関連URL】
 HDDの信頼性の測定方法

寿命がある理由。なぜ劣化するのか?

SSDとHDDで比較するとSSDには可動部品がありません。


パソコンの中で可動する部品はFANとHDD。

FANとHDDで比較するとFANは部品点数が非常に少なく構造もシンプルです。


一方、HDDは部品点数も多く内部構造は非常に複雑。


モーターやヘッドなど可動する部品には常に振動は与え続けられます。

長年の使用は部品全体にダメージを与えることになり寿命が来るのが早くなります。


つまり、パソコンの寿命 = HDDの寿命と考えてください。

寿命が近いHDDの見分け方


HDDのようにパソコン内部に入っている部品の場合、劣化を見分けるのは困難です。

微かな異音や動作速度が低下などを手掛りとしてください。


1.HDDの累計使用時間をチェックする

HDDの検査ツールフリーソフト「CrystalDiskInfo」で寿命を調査できます。

100,000時間が交換推奨の目安です。


2.HDDの製造年式から確認

HDD部品の製品ラベルに製造日次の記載があります。製造から5年以上経過しているなら交換が推奨です。


3.HDDの製造メーカーから確認

HDDの年式や容量が同じでもHDD型番・メーカーによって品質が違います。特定のHDD型番で故障が多いのはデータ復旧の業界ではよく知られています。



【関連URL】
 故障が多いSeagateのHDD


4.パソコンの発売時期

購入時期が5年以上前なら要注意。もしパソコンのOSがWindows8の時代のものなら10年近く経過しています。またHDDのサイズが500G以下のパソコンなら製造から確実に10年が経過しているため危険です。


5.小さな音が出ていないか確認

以前と比べてパソコンの内部からカリカリと音がしているならHDDが劣化しています。


【関連URL】
 HDDから発生する異音の事例集


6.以前とくらべて動作が遅い


大きいサイズのファイルコピーが以前と比べて遅くなった。または突然、再起動するならHDDが劣化している可能性があります。不要なソフトを削除することで、動作を軽くしてみるのも一つです。

寿命が近い前兆の症状


SMARTエラー

HDDの劣化が進行した状態です。早急な対応が必要となります。

【関連URL】
 HDDは消耗品。壊れる前の予防交換

「 SMART 」とはハードディスクの故障を検知する機能です。

SMARTエラーメッセージ例
・ SMART error
・ SMART機能でエラーが検出されました
・ SMART Hard Drive Detects Imminent Failure
・ S.M.A.R.T Failure Predicted on Hard Disk WARNING: Immediately back-up your data and replace your hard disk drive.A failure may be imminent.

チェックツール(フリーウェア)を使って寿命を予測することも可能です。
世界のSMARTエラー調査のフリーソフト一覧


動くたびにチリチリ・カチカチと微妙な音が出ている


異音は劣化で分かりやすいシグナルです。こまめなバックアップを実施して早めの対策を行ってください。


【関連URL】
 HDD異常音の事例一覧

ごくまれに「ガリっ」という音が出る


劣化の進行というよりも壊れる直前の症状です。一瞬、何の音なのか気になっても普通には使えてしまうため見過ごされてしまうため注意してください。


HDD寿命は運次第というデータもある

HDDの寿命は5年程度というのは修理の現場の感覚からも合っていると思いますが、HDDの経過時間と故障には相関がなかったというデータもあります。


【関連URL】
・Googleが10万台のハードディスクを使用した結果
 HDDは温度や使用頻度に関係なく故障するという結論
  GIGAZINE(2007年)

・メーカーが開示しているハードディスクの平均故障率は間違っている
  ライブドアニュース 2007年
  usenix.org 2007年


HDDの寿命(故障)は、つまるところ「運」と言わざるを得ない結論になっています。弊社の修理の現場の感覚でも、特定のHDD型番(モデル)にだけ故障が多くなる印象があります。


弊社でもSeagateの特定モデルではダントツに故障率が高いことを注意喚起しています。

【関連URL】
  HDDメーカーの中で故障確率が高いメーカーがSeagate製HDD

よくある質問

HDDが故障するきっかけはヘッド、モーターなど可動する部品が原因です。理論的には使用回数が少なければ5年が経過していても故障確率は少なくなります。HDDは突然故障することもあるため使用回数だけを目安にはしないでください。
10年以上前のHDDの記事ですが、HDDの故障は使用頻度や温度に関係なく壊れるというデータもあります。

【関連URL】
 Googleによると、ハードディスクは温度や使用頻度に関係なく故障する

絶対的ではありませんが異音が大きいほど故障(劣化)が進行している傾向があります。以下URLの「異音は発生しているがデータは正常」のような音であれば黄色信号です。

【関連URL】
 HDDから発生する異音の事例集

まとめ

HDDの使用年数が5年経過したからといって必ず故障するとは限りません。使用頻度や環境、製造時の精度などで寿命は大幅に前後します。

HDDは突然故障する可能性が年数経過とともに増加します。予測することは困難です。データが失われる前に早めの対策を行ってください。

これまでHDDの寿命を意識されなかったとしたら、故障する前にパソコンを買い換えていた。もしくは運がよかったのかもしれません。

【関連URL】
 パソコンの寿命
 液晶モニタの寿命
 SSDの寿命
 USBメモリの寿命
 バッテリー寿命


パソコンお直し隊について