【 パソコン画面の光沢と非光沢メリットデメリット 】

パソコン液晶モニタの光沢と非光沢

光沢・非光沢の違いを一言で言うと

  大きな違い

  光沢と非光沢のメリット・デメリット

  どちらが主流

光沢と非光沢の構造と見え方の原理

結局どっち?用途に応じた選び方

  メールやネット程度の利用

  オフィスワークで利用

  デザイン業務(写真・WEB)で利用

  ゲーム・映画で利用

  価格重視で選択

光沢・非光沢の違いを一言で言うと

パソコン画面表面素材
の違いです。

ツルツル・ぴかぴか : 光沢(グレア。英語表現ではGlossy)
ツヤ無し・のっぺり : 非光沢(ノングレア。マット。英語表現ではMatte)


●液晶モニタ



●ノートパソコン



●使用用途

 長時間使用   : 非光沢を選択
 目への優しさ  : 非光沢を選択
 デザインや動画 : 光沢を選択
 金額は?    : 同等



大きな違いは画面の見え方に集約されます

●光沢(グレア)
画面は色が鮮やかでコントラストが高いです。
メリットは動画や写真がきれいに見えます。デメリットは映り込みが大きい。目が疲れやすい。

●非光沢(ノングレア・マット)
メリットは映り込みが少ない。長時間の使用でも目への負担が軽いこと。


光沢と非光沢のメリット・デメリット

メリット デメリット
●光沢 画面がきれい。ホコリや指紋が目立つ。 映り込みが大きい。目が疲れやすい。
●非光沢 目の負担が軽い。ホコリや指紋が目立ちにくい 静止画や映像の発色が地味。写真・動画編集などには向いていない。

●光沢の最大のデメリット

映り込みが大きい。パソコンの画面背景の状態だとはっきりと自分の姿や室内の状態が画面にはっきりと映る。
ぼんやりと自分のシルエットが画面に映り込んでしまうため、作業に集中できない。特に画面背景が黒のときに映り込みが強くなります。




●光沢・非光沢の主流

windows7以前は、多くが非光沢タイプの液晶画面でした。
現在は、光沢液晶モニターも多くなってきている傾向にあります。

パソコンの画面には、ノートパソコンと液晶モニタの2種類がありますがノートパソコンでは、光沢・非光沢の比率は同じ程度。液晶モニタでは非光沢が主流です。


価格.comでの液晶モニタの表面処理ごとの発売モデル 光沢と非光沢の間にとった半光沢(ハーフグレア)というタイプも存在します。現状では出荷台数非常に少ない。光沢と非光沢に比べて割高です。

光沢と非光沢の構造を解説


部品構造の違いはありません。偏光フィルタの表面処理が違います。

画面の一番上には偏光フィルタが付いていますが、表面の加工が違うだけです。

光沢コーティング処理をすると「光沢」タイプに。非光沢ノングレアで処理すれば「非光沢」タイプの液晶画面になります。非光沢は偏光フィルタの表面を微細な凹凸に加工しています。


結局どっち?用途に応じた選び方

結局どっち?
ご自身の好み
で選んでOKです。


メリット・デメリットありますが明確な用途がなければ、お好みで選んでも問題ありません。光沢と非光沢、一番の違いである「映り込み」の有無も電源が入ってしまえば影響は少なくなります。


判断基準の一つとして、これまで光沢・非光沢、どちらも使用経験がある方で「光沢と非光沢、どちらだったのか忘れた。」ならば、慣れてしまえば違いは気にならないと思われます。


●メールやネット程度の利用

光沢・非光沢どちらでもOK

家庭での利用で1日に使用するのはメールやネットで、動画をたまに見る程度ならどちらでも大きな違いはありません。お好みで選択ください。


●オフィスワークで利用

非光沢を選択

ワードやエクセルなどデスクワークで5時間以上、パソコンを使うなら非光沢を選択してください。通常、オフィス利用では長時間画面を見ていても目が疲れにくいというメリットが生かせる非光沢を選択することが多いです。動画や画像など高画質なぐグラフィック作業も必要としないという理由もあります。


●デザイン業務(写真・WEB)で利用

光沢を選択

WEBデザインや写真の印刷作業などクリエイティブな制作物を印刷をしたりする場合は、画面の見え方が違うと支障が出る場合には光沢タイプを選択してください。


●ゲーム・映画で利用

光沢を選択

画質の綺麗さを求める映画視聴や対戦型のゲーム利用なら多少目が疲れても光沢タイプを選択してください。
ゲームなら囲碁や将棋といった画質は優先されず、長時間画面を見続ける用途なら非光沢を選択してください。


●価格重視

光沢・非光沢どちらでもOK

価格面はほとんど同じです。大きな違いはありません。金額の違いが発生しているなら光沢と非光沢の違いで金額差が開いているのではなく、モニタ製品の内部基板の品質が違うためです。お好みで選択ください。