【 自分で液晶交換して液晶故障を安く修理する方法【意外と簡単】 】

パソコンの液晶故障を自分で交換

データの退避

  割れて画面が見えないなら外部出力でバックアップ

  分解してハードディスクを取り出す

交換用の部品の調べ方

部品を購入

一般的な画面交換の手順


データの退避

自分で修理するなら部品の注文が必要です。修理完了するまでには時間がかかります。


故障している間に別のパソコンを使うならデータコピーが必要です。

割れて画面が見えない場合


パソコン用ディスプレイ、モバイルモニタ。テレビなどに外部出力してパソコンからデータをコピーできます。



分解してハードディスクを取り出す

外部出力するモニタがない。もしくは出力ができない状況なら、直接、ハードディスクを取り出してデータをコピーしてください。

取り出したHDDはコピー用のコネクタケーブルと接続して別のパソコンにコピーしてください。

HDDクローコピー用ツールとHDD-USB変換コネクタ


 

交換用の部品の調べ方

■液晶パネルの型番を調べて注文

液晶パネルを分解して、液晶パネルの型番をチェック

■同じモデルのジャンク品を調べて注文


例えば、富士通のNF/D50のモデルなら、 NF/D50のジャンクパソコンを購入して部品取りとして使うのも一つの方法


交換用の部品購入

オークションサイトやショッピングサイトから部品を購入してください。

amazonから購入

取り扱い点数はヤフオクと同等です。難点は販売している業者が分かりにくいこともありますが、amazonの補償がしっかりしているのでお勧めです。


ヤフオクから購入

取り扱い点数は最も多いです。ただし個人と業者が入り混じっているので注意が必要。


楽天から購入

取り扱い点数は少なめ。amazonと同じく法人の出品なので安心です。


ebayで購入

世界から出品が集まっているので取り扱い点数はヤフオクと同等かそれ以上です。ただし英語でないと注文ができません。


メルカリで購入

個人出品のため取り扱いは少ないです。お勧めはできません。


一般的な画面交換の手順


バッテリーを外す


LCDフロントカバーのネジを外す


LCDフロントカバーを外す


液晶ケーブルを外す


新しい液晶パネルに交換


この段階でテストのため電源ON


OKなら逆の手順で取り付ける