【 外付けHDDからのデータ復旧・取り出し 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 来店持込
パソコン修理見積フォーム

外付けHDDの復旧メニュー

費用の相場

症状・故障個所・復旧確率

なぜ壊れるのか

故障の前兆

コネクタ部の破損

復旧実績の事例ブログ

ご来店からお見積りまでの流れ(店頭で確認したい方)

外付けHDDの買い方・使い方(必読ください)

 

費用の相場



10万円~30万円の見積りと高額で諦められた方はご相談ください。復旧できる可能性があります。


データ復旧の費用は会社によっては数倍の開きが発生することがありますが、弊社では相場と比較しても安価な設定で行わせていただいております。

外付けHDDの復旧費用は容量に関わらず料金は同一です。容量が大きくても費用が上がることはありません。



外付けHDDのケースだけが故障している。もしくは論理的な故障で、HDD内のデータは完全に残っているにも関わらず「データは破損している」と診断することは、一切おこなっておりません。


「重度の物理故障」との診断で10万円~20万円のためキャンセルされた後、当社で作業してみるとデータ復旧を必要としないデータの取り出しだけで16,800円(来店時の料金)で対応できたことは何度もありました。


大型家電店に持っていったら「データは復旧不可」と診断されても、ほとんどのケースでデータは復旧できます。HDDをチェックする専用設備が無いため症状だけで判断しているためです。

弊社にデータの復旧をご依頼いただく半数以上の方は、他社での見積りが高額のためキャンセルされてからの乗り換えです。


他社の見積が妥当なのかを確認することも可能です。

金額が高額で不信感を持たれた方はセカンドオピニオンとしてご相談ください。


復旧の作業は調査後のお見積りとなります。キャンセルされた場合、費用はかかりません。仮に故障個所を切り分けるために部品の調達を行った場合でも調査費用や部品代金を請求することはありません。データの復旧完了後の成果報酬となります。ご安心ください。


よくある症状


外付けHDDのデータ復旧のご依頼されることが多い内容です。データは取り出せます。


flexbox

コネクタが完全に破損

マイクロUSB3.0のタイプは構造的に故障しやすいです。特にBUFFALOのMiniStationなどのモデルが多いです。

flexbox

Macでマウント不可

HDDがグレーアウトされて選択不可。First Aidを実行してもエラー。WDのMy Passport for Macで発生することが多いです。

flexbox

接続しても何も音がしない

コネクタに異常がないのに電源が入らない。一切の動作がしないケースは基盤の故障であることがほとんどです。

flexbox

フォーマットしますか?やCRCエラー

ファイルは何も表示されずエラー表示。最初はアクセスが悪かった状態から故障が進行すると発生することが多いエラーです。

flexbox

「プ、プ、プ」の一定音

HDDの回転音はしないで、電子音だけなのは、ヘッドがプラッタに張り付いてしまいモーターが回転できないときの症状です。

flexbox

ファイルは表示されるがコピーできない

フォルダ内のデータは見えるのにコピーや閲覧しても開けない。異常に時間がかかる。

症状と復旧確率


データ復旧の作業は、すべてのデータが復旧できるか。もしくは、まったく取れないか(復旧不可)のどちらかになることが多いです。



●コネクタが取れた。曲がった

→ 復旧可能です。ケースだけの交換と安価です

強くコネクタの抜き差しを繰り返すと故障します。USB3.0コネクタは構造的に破損しやすいです。またはケーブルを差し込んだ状態で衝撃を与えると、コネクタ部分が曲がってアクセスできなくなる事象も多いです。

SATA経由でなくHDDの基盤にUSB3.0のコネクタが付いているタイプが存在しますが、こちらのタイプでもコネクタが補修ができる範囲であれば対応可能です。


●「フォーマットしますか?」表示

→ 復旧できる可能性は高いです

パーティション情報にアクセスできないだけでデータは残っていることが多いです。


●正常回転するが認識されない。未割り当ての表示

→ 復旧できる可能性は高いです

ソフトウェアの故障でOSから認識ができなくなっている状態です。
HDDの本体には問題がないことも多くデータはそのまま残っていることが多いです。




●「データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)」表示

→ 復旧できる可能性は高いですが、データの一部が破損していることもあります。

ヘッドの不良や記憶面(プラッタ)のキズが原因で発生することが多いエラー表示です


●接続しても何も動かない

→ 復旧できる可能性は高いです

落下による原因でなければ、外付けHDDのケースやHDDの基盤が故障しています。
データは元の状態のまま残っていることが多いです。


●「プ、プ、プ」の一定音

→ 復旧できる可能性は50~80%です

ヘッドがプラッタに張り付いてしまい動きが取れなくなってモーターが回転できないときに発せられる音です。レコード盤に針が突き刺さってレコードが回転できなくなっているイメージです。
ただし、落下させた直後に「プ、プ、プ」と音が発生した場合や、HDDのメーカーがSeagate製のものであれば復旧確率は50%以下になります。


●USBデバイスが認識されません表示

→ 復旧できる可能性は高いです

右下にアイコンでエラー表示はされるがデータが何も出てこない状態です。物理故障、論理故障、どちらのケースも考えられます。


●エラーランプ点灯

→ 復旧できる可能性は高いです

エラーの内容によりますがRAID構造でなければ復旧できることが多いです。 HDDから何も音がしない。ディスク管理から認識できている場合などはHDDの物理障害も考えられます。


●落下させてしまいHDDから異音がする

→ 復旧できる可能性は50~80%です

カチカチ、カチャカチャなどの異音がする場合は、データを読み書きするヘッドの損傷。
モーターの異常。記憶面の傷などが考えられます。
同じ異音が繰り返されるのは何度もヘッドが読み取りをリトライしている音です。


*動画の音声をONにして異音の状態を確認してください。


●動作が異常に遅い。ほとんど何も操作できない

→ 復旧できる可能性は高いです

ファイル構造は見えるが、クリックしても次の動作に移行できなかったり、ファイルをコピーが進まない現象です。特定のHDDモデルで発生することが多い症状です。


●中身が空っぽ。RAWファイル・容量がゼロの表示

→ 復旧できる可能性は高いです

データの書き込み時、何らかの操作後に消えることがあります。データは残っていることが多いです。


●「キュルキュル」とものすごい甲高いモーター音

→ 復旧できる可能性は高いです

記憶面を回転させるモーターが故障している際に発生する音です。だんだんと音が大きくなっていった状態なら復旧できることが多いです。落下させた後に発生した場合は復旧確率は低くなります。


●電源ON直後は動作するがそのうち電源が落ちる。

→ 復旧できる可能性は50~80%です

なんらかの故障があるため初期動作が正常に完了できないと、HDDの保護機能が働いて電源を落としていることがあります。故障の原因は複数です。


*動画の音声をONにして異音の状態を確認してください。


●HDD内部に傷があり他社でデータ復旧不可の診断

→ 復旧できる可能性は10~80%です

地元の家電店や小規模修理業者の判断であれば復旧できる可能性は高いです。HDD復旧の専用設備が無いため症状だけで判断していることがほとんどです。
専門業者に2社以上、復旧不可となっている場合は、損傷度合いが大きいため復旧できない状態となっていると思われます。


●テレビ録画データを復旧したい

→ 復旧できません

故障の状態にかかわらず一切の対応はできません。テレビのデータは自動的に暗号化されています。暗号化はHDDと録画装置を組み合わせた方式で行われています。仮に復旧ができても別のHDDとして扱われるため再生もできません。


 

音が出ている場合


異音が発生しているなら、音の状態で大まかに故障の状態を判定することができます。

 

なぜ壊れるのか?



「外付けHDDが故障するイメージを持ったことが無い。」方がほとんどだと思います。

どんな製品でもコスト競争の圧力があると品質が犠牲になってしまいます。

HDDのような技術革新が速い製品ほど、昔は壊れなかったが、今は壊れやすい傾向があります。

昔のイメージで製品を使い続けることは危険です。

車のタイヤであれば目に見えて消耗が見えますが、外付けHDDだと音や動作速度での判定となるため劣化を感じることは難しいです。
データのバックアップ媒体として使っているなら、外付けHDDも消耗品と割り切って数年で買い換えてください。


 

故障の前兆


●「カチカチ」「カリカリ」「シャリシャリ」「カツッ」と音がする

以前と比べて異常な音がするなら、まずはHDDの劣化をチェックしてください。


●開くのが異常に遅い。開けないことがある。データの保存に時間がかかる

劣化したHDDの典型的な症状です。ちょっと時間がかかるだけで、しばらくは普通に使えます。「調子が悪かったけど、そのまま使っていたら、突然まったく使えなくなった。」とご依頼いただくケースは多いです。

 

コネクタ部の破損



外付けHDDのコネクタが取れた。接触が悪いなら来店時16,800円。郵送でも18,800円と安価で修理が可能です。容量に関わらず料金は同一です。

特にUSB3.0タイプの小さいタイプのコネクタは簡単に壊れてしまいます。抜き差しを続けると部品の接続がもろくなって、最後には完全に取れる故障は多いです。

「だましだまし使っていたら、そのうち完全にアクセスできなくなった。」

ご依頼いただくケースの多くがこのパターンです。できるだけ早めに買い換えましょう。

何度もコネクタを基盤部分に接触を繰り返すとデータが飛んでしまうことがあります。特に完全にコネクタ部分が抜けた場合は、データがショートして飛んでしまうことがあるためご注意ください。

*一度、コネクタ部が破損してしまうと修理しても再発するリスクが高いためコネクタの修理しません。内部のHDDも故障していることもありますが、改めて復旧を継続されるかをご連絡いたします。この時点でキャンセルされた場合は費用はかかりません。

 

最近の外付けHDDのデータ復旧事例ブログ


 

ご依頼の流れ


1.お問い合わせ・来店予約

まずは料金や復旧の可能性を事前に確認したい方は無料見積りフォームに入力ください。
事前のお問い合わせ無く直接、お店に来店いただくことも可能です。
技術者から詳しく聞きたい方は来店予約フォームから事前に日時をご指定ください。


2.来店・郵送

来店時は故障までの経緯をお伺いして、現在の状況から故障範囲、費用をお知らせいたします。
過去に他社で診断されたことがあればお知らせください。どこまでの作業をしているのかは手掛かりとして重要です。
復旧したいデータの種類。場所。他社の診断結果など分かる範囲でお知らせください。HDD単体(分解された場合)でも構いません。
宅配便利用時は梱包の方法と集荷の連絡先にて郵送ください。
機密事項のデータがある方は「秘密保持契約書」を2部印刷し、押印の上、持参・同封ください。


3.調査

おおよその復旧可能なデータサイズと復旧費用をお知らせいたします。
故障個所を特定するための検証用の部品が必要となるケースがあります。判定までに時間がかかることがあります。
修理不可・キャンセルとなってもこの時点では部品代金、技術費用は無料です。


4.作業開始

データ復旧の処理を実施します。復旧不可時には費用はかかりません。


5.結果報告

復旧できたデータのリストを提示します。内容をご確認ください。


5.データの引き取り

来店もしくは郵送を選択ください。来店時には実際にデータがあるかもご確認いただけます。

 

お問い合わせ・ご来店時にお伺いしたいこと


見積りフォーム、来店予約フォームでの入力時に、記入していただきたい内容となります。わかる範囲でご記入ください。

お問い合わせがなくご来店いただいても問題ありません。ご来店時にお伺いいたします。


1.故障の経緯と現在の状況

壊れた経緯をできるだけ詳しくお知らせください。変な音が発生している。もしくは何も音がしない。など音の状況もご確認ください。


例1:カツカツと変な音がしていたが無視して使っていた。現在は音が大きくなり使えなくなった。

例2:調子が悪いことがあったが、だまだしまし使っていた。だんだんとアクセスできない頻度が多くなり、先日、まったくアクセスできなくなった。


2.復旧したいデータの種類

特に重要なファイルの種類。保存フォルダの名称をお知らせください。損傷が大きい場合は、優先的にご希望のデータが取れるかを試します。


例1:画像とエクセル

例2:デスクトップにあるデータと「佐藤」のフォルダ以下のデータすべて


*損傷がひどい場合、かつ、容量の大きい動画データが多い場合

構造上、データ量の多い動画ファイルは破損ファイルとなる確率が高いです。不良セクタがあると動画は再生ができません。データが破損していた場合でもファイルサイズとしては正常に表示されますが、動画のサムネイル表示でまっくらの状態となります。


3.他店の診断有無。見積り

過去に他の会社で修理作業をした。もしくは見積りを依頼した場合は、どこまでの作業が実施されたのかをお知らせください。診断だけであれば問題ありませんが、一度、開封されてヘッド交換等をしたものは復旧率は低くなるためです。


例1:見積りだけを依頼。物理故障で10万円と診断

例2:無料診断で依頼したが、高額だったので作業前にキャンセルした。


 

外付けHDDの買い方・使い方


来店される方に店頭でご説明している内容となります。PDFダウンロードしてください。HDD故障したら今後は何を買ったらいいのかの対策と同じ内容です。

- 目次 -

・Seagate製のHDDは使わない

・クラウドを使う

・5年で買い替える

・少しでも高い製品を買う

・国産メーカーを買う

・容量の小さい製品を買う

・コネクタの差し込み口は真っ直ぐに抜く。差したまま鞄に入れない

・大容量、小型、安価、ノンブランド品はつかわない

・少しでも高くて、容量の小さい製品を買う

・ノンブランド品。ノベルティのUSBメモリは使わない

・極端に大容量、小型、安価なものはつかわない(国産メーカーを使う)

・長期保管には使わない

・メインとしては使わない。2重にバックアップする

 

大学・法人で過去のご利用があれば修理費用から10%OFF

全国各地の企業・大学・公共団体様などから数多くご依頼いただいております。合計金額から10%の割引をいたします。これまでに利用実績があるのか分からなければお問い合わせください。

リピート割引として合計金額から10%の割引をいたします。お問い合わせ時にお知らせください。

研究・教育機関の方は科研費での支払い。法人の方は請求書後払いが可能です。支払い手続きが指定書式でも対応可能です。

これまでのご依頼回数も記載しています。

 

機密保持契約書ダウンロード

「秘密保持契約書」が必要な方は、2部印刷して押印の上、持参・同封ください。

データ復旧見積り 来店予約で相談