【 外付けHDDからのデータ復旧・取り出し 】

パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊パソコン修理・データ復旧専門店 パソコンお直し隊 来店持込
パソコン修理見積フォーム

外付けHDDのデータ復旧

落下による衝撃やコネクタ部やケースの基盤故障でアクセスできないことが多いです。


●フォーマットした。接続すると「フォーマットしますか?」表示

→ 復旧できる可能性は高いです

パーティション情報が無くなっているだけでデータは残っていることが多いです。


●エラーランプ点灯

→ 復旧できる可能性は高いです

エラーの内容によりますがRAID構造でなければ復旧できることが多いです。


●接続しても外付けHDDの電源が入らない

→ 復旧できる可能性は高いです

内蔵されているHDDの故障ではなく、電源ユニット、ケーブル、ケース内の基盤が故障していることもあります。
HDDから何も音がしない。ディスク管理から認識できている場合などはHDDの物理障害も考えられます。


●USBデバイスが認識されません表示

→ 復旧できる可能性は50%です。

物理故障、論理故障、どちらのケースも考えられます。


●落下させてしまいHDDから異音がする

→ 復旧できる可能性は50%です。

カチカチ、カチャカチャなどの異音がする場合は、データを読み書きするヘッドの損傷。
モーターの異常。記憶面の傷などが考えられます。
同じ異音が繰り返されるのは何度もヘッドが読み取りをリトライしている音です。


●データはあるのに容量がゼロの表示

→ 復旧できる可能性は50%です。

ファイルが破損している場合は、復旧は難しいです。


●HDDに傷があり他社でデータ復旧不可の診断

→ 復旧できる可能性は10~30%です。

地元の家電店や小規模修理業者の判断であれば復旧できる可能性は高いです。
専門業者に3社以上、復旧不可となっている場合は、損傷度合いが大きく構造上、復旧できない状態となっていると思われます。


●付属のソフトで暗号化されている

→ 復旧できません。

暗号化されているHDDは構造上、復旧はできません。


 

他社の価格に疑問を持たれた方

データ復旧の会社によっては数倍の開きが発生することがあります。RAID構成でなければ復旧の難易度は高くありません。外付けHDDの故障でも10~30万円という金額の見積がされることがあります。

電源が入らない状態で、データは完全に残っているにも関わらず
データは破損していると診断することは、一切やっておりません。

「重度の物理故障」との診断で10万円~20万円のためキャンセルされた後、当社で作業してみるとデータ復旧を必要としないデータの取り出しだけで16,800円の対応したことが今までに何度もありました。

外付けHDDの復旧費用は容量に関わらず料金は同一です。容量が大きくても費用が上がることはありません。
他社でデータ復旧不可。もしくは金額が高額で不信感を持たれた場合にはセカンドオピニオンとしてご相談ください。

他社の見積が妥当なのかを確認することも可能です。

なお、復旧をご希望されるデータ容量が少なくても費用は安くなりません。データ復旧の作業は、ファイル破損の無い故障であれば、ほとんどすべてのデータが復旧できるか。もしくは、まったくできないか。(復旧不可)のどちらかになることがほとんどのためです。


HDD単体でお持ち込みいただいても構いません

こちらの来店予約フォームにご希望の日時を入力後、店舗まで直接お越しください。

 

データ復旧の金額


相場と比較しても安価だとは思います。10万円~30万円の見積りでデータ復旧を諦められた方はご相談ください。安価で復旧できる可能性があります。他社でデータ復旧不可。もしくは金額が高額で不信感を持たれた場合にはセカンドオピニオンとしてご相談ください。

 

音が出ている場合


変な異音が出ている場合は、音の種類で大まかに故障の状態を反対することができます。

 

メーカー別 外付けHDDの復旧事例


弊社のデータ復旧専門の別サイトへのリンクです。同じ会社のHPです。

 

最近の外付けHDDのデータ復旧事例ブログ


 

お問い合わせ・ご来店時にお伺いしたいこと


見積りフォーム、来店予約フォームでの入力時に、記入していただきたい内容となります。わかる範囲でご記入ください。

お問い合わせがなくご来店いただいても問題ありません。ご来店時にお伺いいたします。


1.故障の経緯と現在の状況

壊れた経緯をできるだけ詳しくお知らせください。変な音が発生している。もしくは何も音がしない。など音の状況もご確認ください。


書き方例1:
カツカツと変な音がしていたが無視して使っていた。現在は音が大きくなり使えなくなった。

書き方例2:
調子が悪いことがあったが、だまだしまし使っていた。だんだんとアクセスできない頻度が多くなり、先日、まったくアクセスできなくなった。


2.復旧したいデータの種類

特に重要なファイルの種類。保存フォルダの名称をお知らせください。データが復旧できる場合は、ほとんどのデータが取れますが、損傷が大きい場合は、優先的にご希望のデータが取れるかを試します。


書き方例1:
画像とエクセル

書き方例2:
デスクトップにあるデータと「佐藤」のフォルダ以下のデータすべて


*損傷がひどい場合、かつ、容量の大きい動画データが多い場合

構造上、データ量の多い動画ファイルは破損ファイルとなる確率が高いです。不良セクタがあると動画は再生ができません。データが破損していた場合でもファイルサイズとしては正常に表示されますが、動画のサムネイル表示でまっくらの状態となります。


3.他店の診断有無。見積り

過去に他の会社で修理作業をした。もしくは見積りを依頼した場合は、どこまでの作業が実施されたのかをお知らせください。診断だけであれば問題ありませんが、一度、開封されてヘッド交換等をしたものは復旧率は低くなるためです。


書き方例1:
見積りだけを依頼。物理故障で10万円と診断

書き方例2:
無料診断で依頼したが、高額だったので作業前にキャンセルした。


 

データ復旧依頼の流れ


1.お問い合わせ

  無料見積りフォームに入力


2.来店・郵送

  宅配便利用時は梱包の方法と集荷の連絡先にて郵送ください
  法人など機密事項のデータがある方は「秘密保持契約書」を2部印刷し、押印の上、持参・同封ください。

 事前のお問い合わせ無く直接、お店に来店いただくことも可能です。

 HDD単体でお持ち込みいただいても構いません

 来店予約フォームにご希望の日時を入力後、店舗まで直接お越しください。


3.調査、作業開始

 おおよその復旧可能なデータサイズと復旧費用をお知らせいたします。
 希望データが無いなどご要望に添えない場合など、この時点まで中止することは可能です。キャンセル費用もなく費用は掛かりません。


4.結果報告

  救出データのご返却は、来店もしくは郵送を選択ください。
  成果報酬のため復旧できない場合、費用は掛かりません。(郵送時のみ送料は別途)
  *データ復旧は必ず救出をお約束できるものではありません。

 

外付けHDDが故障の前兆


店頭に来店される方にご説明している内容となります。

「外付けHDDが故障するイメージを持ったことが無い。」そんな方がほとんどだと思います。たしかに昔は故障することは少なかったかもしれません。どんな製品でもコスト競争の圧力があると、安価に売られる製品ほど、品質が犠牲になってしまいます。

HDDのような中身が見えない製品ほど、昔は壊れなかったが、今は壊れやすい傾向があります。昔のイメージで製品を使い続けることは危険です。車のタイヤであれば、使い続けると目に見えて消耗が見えますが、HDDのような中身が見えない製品は劣化を感じることは難しいです。データは買い換えできませんので、消耗品と割り切って考えてください。



●「カチカチ」「カリカリ」「シャリシャリ」「カツッ」と音がする

以前と比べて異常な音がするなら、まずはHDDの劣化をチェックしてください。


●開くのが異常に遅い。開けないことがある。データの保存に時間がかかる

劣化したHDDの典型的な症状です。ちょっと時間がかかるだけで、しばらくは普通に使えます。「調子が悪かったけど、そのまま使っていたら、突然まったく使えなくなった。」と修理をご依頼いただくのは非常に多いです。

データ復旧見積り 来店予約で相談