【 HDDのデータにアクセスできなくなる原因 】

 

HDDのデータにアクセスできなくなる原因


●劣化による消耗

年数経過が原因と思われる故障が最も多いです。使用環境や個体差もありますが5年程度で何らかの不具合が発生するリスクが高まります。

故障したHDDの製造年式が10年前の製造品というのはよくあることです。「故障するとは思っていなかった。」のは仕方ありませんが、5年程度で買い替えを推奨しています。

寿命を調べるにはHDDが持っているSMART情報で確認することが有効です。これまでの稼働した時間が記録されています。買い替えの目安にはなります。ただし故障の予知には使用できません。


●落下による衝撃

外付けHDDを落としてコネクタが取れた、曲がっただけなら、ケースだけの交換と安価で修理可能です。落下による衝撃により、内部の読み取りヘッドにダメージを与えてしまうと難易度の高い故障になることも多いです。


●内部ソフトウェアの故障

何らかの原因でデータを制御しているソフトウェアが故障します。ファイルのコピーや機器を接続するタイミングで故障が発生することが多いです。


●個体の不具合

製品には個体差があります。使用頻度が低かったり、購入してすぐに壊れた場合は、運悪く壊れやすい物に当たってしまったケースと言えます。


●アップデート失敗や操作ミス

ケーブルの差し間違えや操作不具合でデータが見えなくなることがあります。




データ復旧に迷ったら

  ・データ復旧業者の選び方
  ・HDDの寿命・耐用年数
  ・データ復旧の料金相場
  ・HDDが故障する原因
  ・HDDから発生している異音の事例集
  ・故障する部品の割合
  ・フリーウェアを使って自分でできるデータ復旧ソフト

依頼方法